Categories
インプレ パーツ

スペシャライズドS-WORKS 6は前作以上のパフォーマンス

S-WORKSの新作 S-WORKS SHOES 6 S-WORKSのシューズの2016シーズンは新作が登場しました。そもそもこのシューズは前作自体がめちゃくちゃ良いので2足持っているくらいですが、「これ以上良くするとしたらヒールくらいかなぁ」と思っていました。

ヒールとソールを強化

スペシャライズドのホームページには
次世代のシューズS-Works 6の長所は、要約すれば「爆発的なスピード」と「極上の快適性」というシンプルな2つのフレーズで表せます。スピードを生むのは、すばらしいフィットと、足とペダルのしっかりした繋がりです。それによって高い出力効率とペダルへのパワー伝達が実現されるからです。新しいPadLockヒールは、アッパーに使用された革新的な軽量・強靭素材との組み合わせで、驚くほどぴったりなじむフィット感を提供します。こうして、ライダーが力を入れて漕いだ時に足からのエネルギーをより多くペダルに伝えるシューズが誕生しました。さらに2個のBoa®クロージャシステムの伝説的な性能と調節能力が加わったS-Works 6は、もはや単なるシューズではなく、バイクが最高の効率で働けるように手助けしてくれる相棒です。 Body Geometryソールとフットベッドは人間工学を生かした設計で、股関節と膝と足の位置関係を最適にすることでパワーを増大させ、効率性を上げ、怪我のリスクを減らすことが科学的に実証済み。 当社で最も剛性が高く最も軽いFACT Powerline™(特許出願中)カーボンプレートを使用し、最大限のパワー伝達を実現。硬度指数13.0。
と書かれているように、注目する最大のポイントはやっぱりヒール、それとソールのようです。フィット感に関しては、もともとこのシューズは2個のBoaで足の甲から裏を包み込むようにぴったりフィットさせるので、シューズの中で足が動くという事がほとんどありませんでした。新作もこのあたりはしっかりと踏襲しているようです。

ヒールの固定感で力が入りやすい

スペシャライズドの試乗会でVenge ViASやTarmacと一緒にこの新作シューズも履くことができたので、1時間ほど履いて走ってみました。 フィット感は前作と同様に足がずれる事がなく、全体的に均等に包み込んでくれる感じでマジックテープや紐で縛るシューズと比べて隙間がほとんどないです。前作から履いてるのでこのへんは大きな感動はありませんでしたが、初めて履く人はこれにビックリすると思います。 一番驚いたのがヒール部分です。外観からもわかるように、ヒール部分が堅い素材でできているので、かかとをしっかりヒール部分に固定させて履くとズレたりしません。私はかかとが他人よりも小さいので、普通のシューズを履くとかかとがぱかぱか浮いてしまいます。だから足首部分を思いっきり固定させないといけないのですが、きつく固定してしまうと1時間くらいライドしていると足首あたりに痛みがでたり、ベロ部分が足首にあたって擦れて靴擦れが起きてしまいます。ですが、新作はヒールがしっかり固定されるので足首をきつく締める必要が無いので大満足です! しかも、ヒールが固定されると足裏全体でペダルに力が加えられるようになり(プラシーボ効果かもしれませんが)、アンクリングが減ったように感じます。

費用対効果抜群なシューズ

前作を履いて走ったら100kmで3分以上変わる試算になったように、このシューズは他のシューズよりも印象だけでなく実際にパフォーマンスを上げられるシューズでした。 今回はタイム測定はできませんでしたが、フィット感や力のかけ具合は前作以上だったので、さらに良いパフォーマンスが出るに違いないでしょう。 1万円程度のシューズでも良いかもしれませんが、ホイールに10万円以上かけられる人であれば、シューズもS-WORKSを選んでみることをおすすめします。]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.