Categories
WordPress

WordPressでHTTP 500エラーの対処法

WordPressでひっそりと別のサイトを作成(今は放置状態)しているのですが、ある日、突然Google Search Consoleから 「カバレッジ」の問題が新たに 検出されました 、メールが届きました。

特に大きな変更をしたわけではないのですが、気になったので、あれこれ調べて試しても効果がなかったので、サーバーの運営会社(さくらインターネット)に問い合わせました。

HTTP500エラーが発生する主な原因

  • .htaccessの「記述」「書式」「文字コード・改行コード」に問題がある
  • PHPに関する設定をphp.iniにせず、.htaccessに PHP_Flag や PHP_Value など記述している
  • CGI・PHPのパーミッション等、設定に誤りがある(705 または 755 に設定していない)
  • CGI・PHPプログラムが正しく動作していない

php.iniでエラー内容を表示

さくらインターネットからは一般的な回答だったのですが、1つ興味深い設定を教えてくれたので、紹介します。

php.iniに display_errors=on と記述して保存することで、エラー内容が表示されます。

さくらインターネットの場合の設定方法

  • サーバコントロールパネルへログイン
  • 「PHP設定の編集」をクリック
  • display_errors=on と記述し、「保存する」をクリック

これで、今までHTTP500エラーが表示されていたサイトをリロードすると、エラーが発生している場所が表示されました。

原因はプラグイン

あまり使っていなかったプラグインが原因でしたので、FTPソフトを使って手動でディレクトリごと削除しました。

そして、再びサイトをリロードすると、今度はきちんと表示されました。

1週間くらい悩んでましたが、サーバー会社のサポートのおかげで助かりました。

HTTP500エラーの原因は多々ありますが、エラー箇所すら見つけられずに手探りの状態だったので、エラーの表示はとても役に立ちます。

ですが、万が一エラーが表示されて他の人に見られるとハッキングのヒントにもなりかねないので気をつけましょう。

]]>
Categories
WordPress

さくらインターネットでWordPressを独自ドメイン直下に設定する方法

さくらインターネットでドメインの設定 ※さくらインターネットの契約がまだの方はこちらから申し込みできます。

サーバコントロールパネルでデータベースを新規作成

WordPressのデータを格納するために必要なデータベースを新たに作成します。 「アプリケーションの設定」の「データベースの設定」をクリックします。 さくらインターネット データベース設定 「データベースの新規作成」をクリックします。 さくらインターネット データベース新規作成 「データベース名」は好きな文字列を、「データベース文字コード」は「UTF-8」を選択して「データベースを作成する」をクリックします。 ※データベース名は後ほど使うので、メモしておいてください wordpress_14012006

サーバコントロールパネルでWordPressを追加

https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/へアクセスします。 さくらインターネット ログイン 左側メニューの下の方にある「クイックインストール」をクリックします。 さくらインターネットクイックインストール 「ブログ」をクリックします。 さくらインターネット Cブログ 「WordPress」をクリックします。 さくらインターネット クイックインストール WordPress 下のほうの「注意事項」にて以下のように設定します。 ・確認:チェックを入れます ・インストール先:インストールしたいドメイン名を選択 / 任意のディレクトリ名 ※「任意のディレクトリ名」は後ほど使うのでメモしてください。 ・データベース:先ほど作ったデータベースを選択 ・データベースパスワード:さくらインターネット契約時に作ったデータベースのパスワード ・テーブルの接頭語:入力されている値をそのまま 「インストール」をクリックします。 wordpress_14012007

ドメインの設定を変更

さくらインターネットのドメイン設定でパスの設定を変更します。 ドメイン設定をクリックします。 domain_011905 WordPressをインストールしたドメインの「変更」をクリックします。 wordpress_14012008 先ほど「任意のディレクトリ名」で入力したディレクトリ名を入力して、「送信」をクリックします。 wordpress_14012009

WordPressの初期設定

WordPressをインストールしたドメインへブラウザでアクセスします。(例:http://www.hoge.com/ ) すると、http://www.hoge.com/wp-admin/install.php へリダイレクトされて、WordPressの設定画面が表示されます。 必定事項を入力して、「WordPress」をインストールをクリックします。 サイトのタイトルは後で変更できるので暫定でも構いません。 ※表示されない場合は、任意のディレクトリ名が間違っている可能性がありますので、新規作成したデータベースを削除し、インストールしたディレクトリもFTPなどを使って削除してください。 WordPressインストール 最後にログイン画面が出てくるので、先ほど入力したアカウントとパスワードを入力してログインできれば成功です。 ]]>

Categories
WordPress

WordTwitとTweed old postの共存がNG?【WordPress】

アクセス権がありませんアクセス権がありません 先日、WordPressのPluginであるWordTwitの設定方法について記載しましたが、別のWordPressにもWordTwitを適用しようとしたら、 「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」 とエラーメッセージが出てしまいました。 WordPressだけでなくTwitter側も設定を確認しましたが、原因が見つからず。。。 結局、従来入れていた「Tweed old post」を無効化にしたところ無事設定が完了しました。 本当にこれが原因なのか?、どうしてこれがダメなのか?はまったくわかりませんが、とりあえず動いているので共存させないでいます。 だれかご存知でしたら教えていただけるとありがたいです!]]>

Categories
WordPress

WordTwitで投稿を自動ツイート(WordPress&Twitter連携)

WordPressで投稿したら自動でTwitterでツイートしたいと思っているあなたにオススメなのが、WordTwitです。 おススメしたい理由は、

投稿からツイートまでの間隔が短い

設定が簡単

の2つ。どちらも重要なポイントなので、さくっとインストール&設定してしまいましょう。

WordTwit導入手順

WordTwitプラグインの追加

  • WordPressの管理画面で「プラグイン」→「新規追加」→「WordTwit」と入力して検索
    WordTwitプラグインインストール1
  • 「WordTwit Twitter Plugin」の「いますぐインストール」をクリック
    WordTwitインストール2
  • 「プラグインを有効化」をクリック WordTwitプラグイン有効化

WordTwitの日本語化

WordTwitの日本語化を行います。
  • 左メニューの下の方にある「WordTwit」→「WordTwit Setting」をクリック
  • 右画面の「Options」をクリック
  • 「General」の下に「Auto-detect」という選択項目があるので、「日本語」を選択します。 wordtwit日本語化
  • 下の方の「Save Changes」ボタンをクリックして保存します。

Twitterでアプリケーションを作成

次はTwitter側での設定になります。
  • WordTwitでつぶやきたいアカウントでTwitterにログインします。
  • https://dev.twitter.com/appsにアクセスし、つぶやきたいTwitterアカウントでログイン
  • 「Create a new application」をクリックwordtwit05
  • 各箇所を入力していきます。
    • Name:アプリケーション名(英字)
      なんでも良いです。「WordTwit + ブログ名」など)
    • 「Description:アプリケーションの説明
      アプリケーション名と同じで大丈夫です。
    • Website:今回WordTwitを使うホームページのURL
      例:http://pep4.net/
    • Callback URL:今回WordTwitを使うホームページのURL
      Twitterアプリケーション登録画面
    • 下の方にある規約を読み、「Yes, I agree」にチェックを入れます。
    • 「CAPTCHA」の箇所に表記されている英数字を入れて「Create your Twitter application」ボタンをクリックします。
      wordtwit07
    • ページ遷移した後、「setting」タブをクリックし、下の方にある「Application type」で「Read and Write」に変更し、「Allow this application to be used to Sign in with Twitter」にチェックを入れたら、「Update this Twitter application’s settings」ボタンをクリックします。
      wordtwit Twitterアプリケーション設定
    • 「Detail」タブをクリックして、「OAuth settings」の下にある「Consumer key」と「Consumer secret」の値をそれぞれコピーします。※後ほど使います。
      Twitter アプリケーション設定

    WordTwitの変更

    • WordPressの管理画面から「WordTwit」→「WordTwit設定」をクリックします。
    • 右画面の「オプション」をクリックします。
    • 「Twitter OAuth Credentials」の下にある「コンシューマー・キー」と「コンシューマー・シークレット」の欄に先ほどTwitterアプリケーションの設定でコピーしたConsumer keyとConsumer secretの値を入力します
      WordTwit設定 Twitter OAuth
    • 下の「変更を保存」ボタンをクリックします。
    これでTwitterアプリケーションとWordPressの連携は完了です。

    WordTwitでアカウントを追加

    最後に、どのTwitterアカウントでツイートさせるかの設定をWordPress上で行います。
    • WordPressの管理画面で、「WordTwit」→「アカウント」をクリックします。
    • 上の方にある「アカウントを追加」ボタンをクリックします。
      WordTwit Twitter連携
    • 上の方にある「アカウントを追加」ボタンをクリックします。
    • 「「アプリケーション名」があなたのアカウントを利用することを許可しますか?」と認証画面が表示されますので、右上のTwitterのアカウントを確認して、「連携アプリを認証」ボタンをクリックします。
      WordTwit Twitterアプリ認証
    • 認証が成功するとWordPressのWordTwitのアカウント画面でTwitterのアカウントが表示されます。
      WordTwit Twitterアカウント認証
    これで設定は完了です。あとはWordPressで書いてみて、Twitterにアップされるか確認してみましょう!!]]>