Categories
インプレ

素人のベストバイなS-WorksがTarmacになる理由

シクロワイアードにてS-Worksに関する記事があったので、3種類を試乗した素人の私も書いてみようと思います。専門家のインプレも大切ですが、正直素人からすると細かい違いはわからないし、そこまで気にする必要があるのか?と疑問に思っていました。 ですので、そういった細かい部分は抜きにして素人が感じたインプレになります。 specized-testthebest-tarmac01

3種類を試乗したインプレをおさらい

まずは過去のインプレ
  • Tarmac:軽くて前作と比べて堅さがなくなたがフニャフニャとかはではない。S-Worksに初めて乗る人は堅いと思うくらい。それでいて衝撃吸収はけっこうあり、一般道を走っていても手が疲れるような事はない。
  • Venge ViAS:エアロなのに軽い。実際の重量ほどの重さは感じない。堅さはTarmacよりもあるが、そのぶん跳ね返りもあり、漕いだ分以上の加速が感じられる
  • Roubaix:柔らかいがフニャフニャというわけではない。衝撃吸収力もTarmacより良い。Tarmacよりも長く、ハンドル位置も高いので上向きに乗るような体勢になるため、長距離乗っても疲れにくい。

それでもTarmacな理由

三者三様のメリットがありますが、ホビーライダーが最初に選ぶとしたらTarmacしかないでしょう。 Roubaixはロングライドや荒れた路面での走りが対象のロードバイクですが、ホビーライダーで週末2日間で400㎞を頻繁に走る人はそうそういないでしょう。毎週ブルベという人ならRoubaixの方が体力の消耗を少なく走れますが、200㎞/日×2日を月1回程度であればTarmacの方が走れます。 また、Venge ViASはTarmacよりも速く走れます。前モデルのS-Works Vengeと比べてもViASは軽く感じられながらも速く走れます。アラフォーの素人ライダーな私でも一般道で時速40㎞を余裕で維持できるほど速く快適に走れます。ですが、この高速を維持する必要性がどこまであるのか?都会であれば信号ですぐ停まってしまうし、歩行者と共同のサイクリングコースを高速で走っていたら事故に遭う可能性もあります。 Tarmacでもホイール次第で40㎞/hを出す事は十分可能ですし、ゼロ発進は軽いTarmacに分があります。普通のライドであれば信号待ちや交差点での一旦停止などもあるので、Venge ViASの活躍の場は思ったほど多くありません。 さらに、Venge ViASはメンテナンスが難しく、素人が行うのは事実上不可能です。そうなると毎回ショップのお世話にならないといけないので、購入するショップも吟味しないといけません。安いからといって遠くのショップで購入してしまうと後々大変なことになるでしょう。

Tarmac以外なら他メーカーに走るしかない?

消去法でTarmacに、というわけではなくTarmacは様々なサイトでインプレがあるように非の打ちどころがありません。市販のロードバイクでTarmac以上となるとピナレロ Dogma F8かLook 795 AEROLIGHT、TREK EMONDA SLR10あたりではないでしょうか?個人的にはBMC SLR01も並ぶくらい良いと思いますがメジャーじゃないので… これらいずれにしても2台目とか簡単に購入できる金額ではありませんし、大きな違いは無いので、ここまできたら好みで選んで良いかなと思います。 脱線したので話を戻して…、S-Worksの3台のうち、Tarmac以外の2台(Roubaix、Venge ViAS)を購入するのも悪くはありません。購入を検討している人の大半がすでに何らかのロードバイク、しかもエアロとかではなく一般的なロードバイクを所有していると予想されます。 そういった方でしたらTarmacだとすでに所有しているロードバイクと同系統になってしまうから面白みがない、と思われるかもしれません。その考えは一理あると思います。そういった方にはVenge ViASあたりが本来はおすすめですが、前述のとおりメンテ等が大変なので、そこまでの技術が無いと宝の持ち腐れになってしまいます。(失礼な言い方でごめんなさい) もし、エアロも欲しいということであれば、S-WorksではなくピナレロDogma F8をおすすめしま…、と言いたいところですが、Dogma F8を試乗した後にTarmacを試乗してもらうとわかりますが、どっちも大差はありません。 結局Tarmac一択になってしまいます。]]>

Categories
インプレ パーツ

スペシャライズドS-WORKS 6は前作以上のパフォーマンス

S-WORKSの新作 S-WORKS SHOES 6 S-WORKSのシューズの2016シーズンは新作が登場しました。そもそもこのシューズは前作自体がめちゃくちゃ良いので2足持っているくらいですが、「これ以上良くするとしたらヒールくらいかなぁ」と思っていました。

ヒールとソールを強化

スペシャライズドのホームページには
次世代のシューズS-Works 6の長所は、要約すれば「爆発的なスピード」と「極上の快適性」というシンプルな2つのフレーズで表せます。スピードを生むのは、すばらしいフィットと、足とペダルのしっかりした繋がりです。それによって高い出力効率とペダルへのパワー伝達が実現されるからです。新しいPadLockヒールは、アッパーに使用された革新的な軽量・強靭素材との組み合わせで、驚くほどぴったりなじむフィット感を提供します。こうして、ライダーが力を入れて漕いだ時に足からのエネルギーをより多くペダルに伝えるシューズが誕生しました。さらに2個のBoa®クロージャシステムの伝説的な性能と調節能力が加わったS-Works 6は、もはや単なるシューズではなく、バイクが最高の効率で働けるように手助けしてくれる相棒です。 Body Geometryソールとフットベッドは人間工学を生かした設計で、股関節と膝と足の位置関係を最適にすることでパワーを増大させ、効率性を上げ、怪我のリスクを減らすことが科学的に実証済み。 当社で最も剛性が高く最も軽いFACT Powerline™(特許出願中)カーボンプレートを使用し、最大限のパワー伝達を実現。硬度指数13.0。
と書かれているように、注目する最大のポイントはやっぱりヒール、それとソールのようです。フィット感に関しては、もともとこのシューズは2個のBoaで足の甲から裏を包み込むようにぴったりフィットさせるので、シューズの中で足が動くという事がほとんどありませんでした。新作もこのあたりはしっかりと踏襲しているようです。

ヒールの固定感で力が入りやすい

スペシャライズドの試乗会でVenge ViASやTarmacと一緒にこの新作シューズも履くことができたので、1時間ほど履いて走ってみました。 フィット感は前作と同様に足がずれる事がなく、全体的に均等に包み込んでくれる感じでマジックテープや紐で縛るシューズと比べて隙間がほとんどないです。前作から履いてるのでこのへんは大きな感動はありませんでしたが、初めて履く人はこれにビックリすると思います。 一番驚いたのがヒール部分です。外観からもわかるように、ヒール部分が堅い素材でできているので、かかとをしっかりヒール部分に固定させて履くとズレたりしません。私はかかとが他人よりも小さいので、普通のシューズを履くとかかとがぱかぱか浮いてしまいます。だから足首部分を思いっきり固定させないといけないのですが、きつく固定してしまうと1時間くらいライドしていると足首あたりに痛みがでたり、ベロ部分が足首にあたって擦れて靴擦れが起きてしまいます。ですが、新作はヒールがしっかり固定されるので足首をきつく締める必要が無いので大満足です! しかも、ヒールが固定されると足裏全体でペダルに力が加えられるようになり(プラシーボ効果かもしれませんが)、アンクリングが減ったように感じます。

費用対効果抜群なシューズ

前作を履いて走ったら100kmで3分以上変わる試算になったように、このシューズは他のシューズよりも印象だけでなく実際にパフォーマンスを上げられるシューズでした。 今回はタイム測定はできませんでしたが、フィット感や力のかけ具合は前作以上だったので、さらに良いパフォーマンスが出るに違いないでしょう。 1万円程度のシューズでも良いかもしれませんが、ホイールに10万円以上かけられる人であれば、シューズもS-WORKSを選んでみることをおすすめします。]]>

Categories
インプレ パーツ

スペシャライズドのヘルメットEVADEとPREVAILが快適すぎる!!

S-WORKS VENGE ViASやTarmacなどを試乗した際に、ヘルメットも試着しました。今使っている某メーカーのヘルメットと比べてビックリするくらい良かったです。

46秒短縮させるスプリント系ヘルメットEVADE

S-WORKS Evade ヘルメットまず最初に試着したのが、EVADE。 S-WORKS VENGE ViASでも話題になった自社内の風洞実験施設でテストを重ねた結果、先進的な空力学特性と超軽量の構造を導き出し、標準的なロードヘルメットと比べて40㎞走った場合のタイムを46秒短縮するという。 引用元:スペシャライズド・ジャパン 重量は約300gと少々重いと思ったが、実際に持ったりかぶると重さはまったく感じず、むしろ「これで300g?」と思ってしまった。 今回はわずか20分程度しか走らなかったので、顕著な違いはわからなかったものの、下りなどで高速時に前傾姿勢になっても、頭に風が当たって押される感じは全くなかったです。また、蒸れなどもなく通気性も特に気にならなかったです。 レースなどで1秒単位で争う人にはもちろんおすすめですが、デメリットは全くないのでレース以外がメインの人にもおすすめです。

快適&軽さで誰にでもおすすめできるPREVAIL

s-works-prevailもう1つはPREVAIL。見て分かるように穴がたくさんあるので通気性や軽さは文句なく、EVADEでも十分軽さを感じられたが、PREVAILはさらに軽く約200g。試着すると「こんなに軽くて大丈夫?」と心配したくなるほどの軽さ。しかし、手でガンガン叩いても問題ないので大丈夫なのでしょう。EVADEと比べてかぶり具合がやや浅い感じもしますがフィット感も申し分ないです。 走ってみると風が頭の中をすり抜けるような感じで通気性は抜群。スペシャライズドが「究極の軽量レーシングヘルメット」と自画自賛するのも納得できます。 引用元:スペシャライズド・ジャパン 約3万円とヘルメットにしては高い部類ですが、ヘルメットはほとんど買い替えないうえに、目立つアイテムなので、これらを1つ持っておくと性能だけでなく周りからも「おぉっ、スペシャ?!」と注目を集める事間違いありません!! 特に、S-WORKSに乗る人はシューズと合わせてヘルメットも一式S-WORKSでそろえてみてはいかがでしょうか? コンタドール]]>

Categories
インプレ ロードバイク

S-WORKS Roubiax SL4 DISC DI2に乗ってみた(インプレ)

S-WORKS RoubaixS-WORKS Roubaix

S-Works Roubaix SL4 Disc Di2は石畳から生まれたバイク。パリ~ルーベで何回も優勝し、悪路を走る他のプロのサイクリングレースでも一度ならず栄冠に輝いたことで知られるS-Works Roubaixは、エンデュランスレース用バイクの金字塔であることを繰り返し証明してきました。SPECIALIZED独自のS-Works SL4 FACT 11rカーボン製フレームとフォーク、伝説的な性能を誇るシマノDi2電子式ビルドキットと油圧式ディスクブレーキを備えたS-Works Roubaix SL4は、レースで実力を証明された究極のマシンです。 引用元:スペシャライズド・ジャパン
TarmacやVengeと比べてトップチューブが長いようで、ゆったりとした乗り方になります。そのおかげで乗り心地は良いのですが、TarmacVenge ViASも振動吸収性が良くなっているので、よほど荒れた路面でなければRoubiaxの恩恵を最大限に受けるのは難しいのでは・・・。 Roubiaxの目的がエンデューロやロングライド向けなので、タイムトライアルやヒルクライムといったものを求めていない人には最適ですが、そもそもそういう人がわざわざS-WORKSという高額バイクを買う必要があるか?という疑問が出てきますね。 という事で、S-WORKS Roubiaxは使い道に悩むバイクと感じました。 ]]>

Categories
インプレ パーツ

3分速くなる!?ロードバイク初心者でも4万円のシューズのSPECIALIZED S-Worksを薦める理由

シマノ(SHIMANO) SH-R088を買いました。 [amazonjs asin=”B00BF3SAEY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”SHIMANO(シマノ) SH-R088WE サイズ:41.0 シマノサイズ cm 換算(近似値 25.8cm) SH-R088WE ホワイト”] このシューズ自体が悪いわけではなく、長時間履いても痛くないし不満もありません。コストパフォーマンスは良いので初めての人にはおすすめできるシューズです。

靴を感じさせないS-Works

じゃぁ、「シマノのSH-R088で良いのでは?」と思うでしょう。私もそのつもりでしたが、先日、知人がパーツを購入するのにショップに付き合った際に時間があったのでSPECIALIZED S-Worksシューズを履いたのですが、「えっ!?」と衝撃が走りました。 s-worksシューズ

足を包み込むようなフィット感

まずは履いた時に足全体に接触するようなフィット感にビックリしました。SH-R088では足の甲の先(指の付け根の下あたり)に隙間ができてしまいます。SH-R088を履いた時はそれに違和感を感じなかったのですが、S-Worksを履いたらこの部分までしっかりフィットするので、靴を履いている感じがしません。 靴の形もやや細目ですが、それでも痛くならないのは皮の軟らかさと甲と真ん中部分についているBOAダイヤル。特にBOAダイヤルは足の内側よりも外側の方が後ろになっています。これによってフィット感を向上させています。 また、足の裏も土踏まずなどを包み込むような形になってます。さらにインソールにもこだわりがあって、土踏まずの形に応じて3段階(赤、青、緑)と異なるインソールを展開。 specialized BG foot BED

とにかく軽い

S-Worksのもうひとつの魅力が軽さです。クリート付で片足のみの重さがSH-R088と比べて両足で100gも軽いです。
シューズ名片足の重さ
SH-R088296g
S-Works244g
わずか100gかもしれませんがホイールで100g違うだけで大きく比較されるので、シューズも同じです。

スピードにも差が!!実際の効果

ここまでは他のサイトでもインプレとして書かれています。もっと詳しく書いてあるサイトもあるでしょう。 じゃぁ、軽いしフィット感が良いと何が良いのでしょうか? 細かい事はいろいろあると思いますが、大きくは「快適に乗りたい」のと「速く走りたい」の2つではないでしょうか?そこで、シューズによってどれくらい速さに影響があるかを検証してみました。 ※あくまでも私の場合なので参考程度に思ってください。 今回はパワーメーターなどを持っていないので、3本ローラー台で心拍数をある程度一定にした状態(130~140回/分)で10分間走をしました。 ロードバイクはCAAD10でギアはフロントはFSAの52(アウター)、リアはアルテグラの11-28Tの17T(内側から6枚目)と23T(内側から3枚目)の2種類で行いました。
リアのギア17(内側から6枚目)23(内側から3枚目)
S-works26.9km/h26.8km/h
SH-R08826.7km/h26.5km/h
+0.2km/h+0.3km/h
時速で200m~300m、1kmあたり2秒程度の差なので誤差の範囲かもしれませんが、新城幸也選手からS-WORKS ROAD シューズのインプレを頂きました!にもあるようにプロ選手も使っているシューズなので、10kmで20秒、100kmともなれば3分以上変わるので大きな違いです。 ちなみに、ツール・ド・フランス2015の第1ステージが14kmの個人タイムトライアルでしたが、1位のローハン・デニス(BMCレーシング)と5位のヨス・ファンエムデン(ロットNL・ユンボ)の差は15秒でした。 つまり、理論上ではシューズが違えば1位になれたかも?!(とは言い過ぎですね) ツール・ド・フランスでは駆け引きとかあるとはいえ、3500kmもの長距離を競い合いますが、1位と2位の差は数分です。 そう考えると私が3500kmを完走したらシューズで2時間近くの違いが出る計算になります。そう考えると、シューズもきちんと選ぶのが良いですよね。 今回は短時間の検証でしたが、先日200km走った時も疲れや違和感が最後までまったく無かったので、今度は長い時間で検証してみようと思います。 [amazonjs asin=”B00K2PZ2W4″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Specialized S-WORKS MTB ロードバイク SPD対応 超軽量カーボンソール ロードシューズ RBH-293(ホワイト/ブラック、43)”]]]>