Categories
お酒

ウイスキー初心者に「マッカラン」を薦める3つの理由

「初心者だからわかるおすすめする初めてのウイスキー」で「フェイマスグラウス」と「山崎」を紹介しました。 それらに続いて、今回おすすめしたいウイスキーを紹介したいのが絶対に外せない、というよりも最初に紹介すべきといっても過言ではない「マッカラン」です。

避けては通れないマッカランだから初心者におすすめ

数多くのウイスキーがありますが、絶対に外してはいけないと思ったのが「マッカラン」です。某媒体で世界で3本指に入るほど売れているウイスキーと称された事があるくらい有名なので、きっと出会う事がすぐにあるでしょう。だから、「どうせ後々飲むなら最初に飲んでしまおう」というのが1つ目の理由です。他のあまり良くないウイスキーで何度も失敗するならば、マッカランを飲んでおくことでウイスキーをより好きになってもらいたいです。 ちなみに、マッカランは18世紀から製造を始め、1824年にはスコットランド北部のハイランド地方で2番目の政府登録蒸留所となった名門蒸留所です。今はシングルモルトのロールスロイスとまで賞えられているシングルモルトの最高峰のお酒です。

マッカランの飲み方はストレート、ロック、水割りもOK

山崎はストレート、フェイマスグラウスは水割りがおすすめと紹介しましたが、マッカランはストレートでもロックでも、水割りでも美味しいです。これだけ外れがないウイスキーはそんなにありません。「ロックは苦手」、「水割りはウイスキーじゃない」と思う方もいるかもしれませんが、そのような人たちが集まって飲むときにはマッカランはおすすめです。 私も家飲みするときは、今日は「ストレートで飲みたいなぁ」と思ったら山崎、「水割りの気分だなぁ」と思ったらフェイマスグラウスと分けていましたが、マッカランが加わってからは、マッカランを選んでから「今日はロック(ストレート、水割り)で飲もう」とウイスキーの選択から入るようになりました。

お店で迷ったらマッカランから攻める

マッカランは代表的な有名なので、バーはもちろん居酒屋のマスターでも知っている人が多いです。初めて行くお店などで好みを伝える時に便利です。 「マッカランが好きなんですけど、似たのでおすすめありますか?」 これでたいてい通じます。もちろん、山崎でもできますが、レパートリーは複数あっても良いですよね。ちなみに、フェイマスグラウスだとちょっと厳しいかもしれませんが…。

マッカランは実は高すぎない価格

マッカランは1本(700ml)あたり3000~4000円程度で購入できます。4000円と思うと高いと思ってしまうかもしれません。ですが、シングルで飲む場合、1杯あたり30ml程度ですので、1杯約170円です。水割りだとしても缶ビール1本分よりも安い計算になります。しかも、ウイスキーはガブガブ飲むのではなくじっくり味わう飲み物ですので、そういった点でもビールよりも味わえるわけです。 そう考えると実はウイスキーは高くないのです。

マッカランをおすすめする人たち

マッカランをすすめる3つの理由

マッカランをすすめる3つの理由をもう1度おさらいします。
  • 有名だから先に飲んでおくべき
  • ストレート、ロック、水割りすべて美味しい
  • 高すぎない
マッカランでなくて他のウイスキーを選ぶ理由はありません! 悩む前にマッカランを飲んでみましょう!! ]]>

Categories
お酒

ウイスキー入門に最適な「バランタイン」は12年から

おかげさまで、「マッカラン」や「ウイスキー 初心者」と検索して私のサイトにたくさんの方が来ています。ありがとうございます!! ウイスキーはビールのように1本の価格は決して安くはありませんし、同じ銘柄でも醸造年数やブレンドされたものによっても味わいが全く違うので、何を選んでよいのやら?と迷ってしまいますよね。私もいつも迷っていますが…。 そこで今回紹介するのは、初心者向けといえばスコッチ・ウイスキーの「バランタイン」です。

ウイスキー初心者ならハズレのない「バランタイン」

バランタインは、ジョージ・バランタインが1869年にブレンダーとなってブレンデッド・ウイスキーの製造を開始したのがきっかけで、1895年にはヴィクトリア女王より王室御用達のお墨付きをもらうほどに成長しました。 その後、会社の経営権は何度か譲渡され、現在はペルノ・リカール傘下のジョージ・バランタイン&サンで製造・販売されています。日本ではサントリーが輸入・販売を行っています。サントリーが行っているくらいなのでここからも味の良さが想像できます。

バランタインはまずは12年から

バランタインとひとことで言っても、日本で流通しているものだけで6種類あります。
  • バランタイン30年
  • バランタイン21年
  • バランタイン17年
  • バランタイン・マスターズ
  • バランタイン12年
  • バランタイン・ファイネスト
最も安いファイネストは1000円程度で手が出やすいですが、30年ものになると2万円以上となかなか手が出しにくくなります。 [amazonjs asin=”B005RTVGZW” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”バランタイン 30年 700ml 40度 並行輸入品”] [amazonjs asin=”B0029Z900K” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”バランタイン ファイネスト40゜ 700ml”] その中でもおすすめしたいのが「バランタイン12年」です。 一番安いファイネストもトレートで飲んでも口当たりが良くて評判も高いですが、12年はバランタインの持つアルコールの刺激はほとんど無く、ピート香も控えめで、バニラやナッツの甘みが広がるので、ウイスキー独特の臭さや香りに慣れていない方には非常に飲みやすいウイスキーです。それでいて価格も2000円程度なので、最高のコストパフォーマンスと言えるでしょう。 [amazonjs asin=”B005Q8HCQ6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”バランタイン 12年 ブルー (角瓶) 700ml 正規品”] バランタイン12年が気に入って、さらにバランタインを味わいたい、12年では物足りないという方は17年をおすすめします。40種類以上のスコットランド各地の厳選されたモルト原酒とグレーン原酒を17年かけてブレンドした17年は、味も複雑な深みを増してバランタインらしさを十分に味わえます。 [amazonjs asin=”B001TZCT4A” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ブレンデッド スコッチ ウイスキー バランタイン 17年 700ml”]

飲み方はストレート、ロックがおすすめ

バランタインは水割り、ソーダ割りも美味しいですが、癖が無く、アルコール臭もほとんどないので、初心者でもロックやストレートで楽しめます。できれば香りを包み込む大きめのグラスで飲むと、バニラやナッツの香ばさを十分堪能できるでしょう。 [amazonjs asin=”B000KJTFSE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”リーデル (RIEDEL) ヴィノム スピリッツ 80ml 2個セット 6416/17″]

バランタインをおすすめする人たち

バランタインをすすめる3つの理由

  • 万人受けする香りとうまさ
  • 安いものから高いものまで豊富なバリエーションとそれぞれ異なる味わい
  • サントリーが販売しているので手に入りやすい
[amazonjs asin=”B0029ZCMJ6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”サントリー ブレンデッドスコッチウイスキー バランタイン 12年 700ml”]]]>

Categories
お酒

元祖シングルモルトと言えるグレンリベット

グレンリベット 「スムースな流れの谷」という意味を持つグレンリベットの蒸留所はスコットランドのハイランド地方東部にあるスペイサイドに1824年に設立されました。この地方はウイスキーの製造に適した土地で、ベンリアックなどスコットランド全土の約半数の蒸留所がこのスペイサイドにあります。 この地域は岩の多い山頂や切り立った山合いで、ほかの地域から訪れにくい場所でした。そのため密造含めて多くの蒸留所ができたのですが、その中でもベンリアックの評判が高かったのでグレンリベットの模倣品がたくさん出回っていました。そのため、自分たちが本物であるという事を表すために「ザ・グレンリベット」と「The」がついています。

飽きが来ないウイスキー

世界で一番売れていると言われているグレンリベットですが、その理由は「飽きが来ない」点にあります。香りもまろやかで、味も癖が無く刺激も強くないので、いつまでも飲んでいられるのが特徴です。強いて挙げればほんのり甘く、後味もきつくありません。 そのため、水割りで飲んでもすっきり飲めてしまいます。 [amazonjs asin=”B001TP4S62″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ザ・グレンリベット12年 700ml”]

グレンリベットが好きな人たち

[amazonjs asin=”B003WIEKNA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ザ・グレンリベット15年フレンチオーク簡易カートン入り”]]]>

Categories
お酒

飲みやすさと手ごろな価格が魅力のグレンフィディック

glenfiddich

世界で一番飲まれているシングルモルトウイスキー

グレンフィディックは世界で最も売れているモルトの1つです。 スコットランド・ゲール語で「鹿の谷」を意味するグレンフィディックは、1886年にスコットランド、フィディック川の渓谷にあるダフタウンに蒸留所が設立されました。当時はブレンデッドが主流で複数の蒸留所の原酒を使うことが一般的でしたが、グレンフィディックでは蒸留所内にある複数の原酒を混ぜ合わせて大樽で再熟成させ、高品質のモルトウイスキーを作っていました。つまり、シングルモルトウイスキーを作っていました。 ちなみに、グレンフィディックのシングルモルトウイスキーはが作られたのは蒸留所が設立された翌年の1887年でした。

万人受けする適度な風味と味わい

シングルモルトはブレンドしたブレンデッドよりも癖が出やすいですが、グレンフィディックは抑え目で初心者であっても飲みやすいものになっています。 香りはナシや青リンゴをイメージさせる新鮮なフルーティさがあり、ピートの香りは控えめです。味わいも香りと同じくフルーティさがり、味もはちみつやナッツのような甘みも加わります。このあたりが世界で一番飲まれているシングルモルトウイスキーである理由なのかもしれません。

お店で好みを伝えやすい

売れているウイスキーだけありたいていのお店に置いてあります。なので、マッカランのようにお店で何を飲もうか悩んだ時に伝えやすいです。それに、癖が無いので頼まれる方も選びやすいですよね。 あと、 「癖が無いウイスキーを」 と注文するよりも、 「グレンフィディックのようなシングルモルトを」 って注文する方がかっこよくありませんか?笑 [amazonjs asin=”B001TP4S62″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ザ・グレンリベット12年 700ml”] [amazonjs asin=”B008JCUXNK” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”シングルモルトスコッチウイスキー グレンフィディック18年 スモールバッチリザーブ 700ml”]

高すぎない価格

グレンフィディックは年代物は高くなりますが、12年物なら2500円程度で買えるのでとってもお得です。 [amazonjs asin=”B0051LTQQM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グレンフィディック12年 700ml シングルモルト ウイスキー”]

グレンフィディックをおすすめする人たち

グレンフィディックをすすめる3つの理由

  • 世界一飲まれている
  • 飲みやすさ
  • 手ごろな価格
[amazonjs asin=”B001TZB0EK” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml”]]]>

Categories
お酒

カリラはボウモア以上ラフロイグ未満なアイラモルト!

カリラ

ボウモアの次に

ボウモアやラフロイグを以前紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? ボウモアは良かったけどラフロイグは独特過ぎた、という方におすすめなのが、カリラです。 ゲール語で「アイラ海峡」を意味するカリラ(Caol Ila)は、言葉のとおりアイラ海峡に面したアイラ島の北東部に蒸溜所があります。アイラ海峡はアイラ島とジュラ島を分けており、スコットランドの西海岸で最も美しい場所のひとつです。 ナムバン湖の真水を仕込み水としてふんだんに使えることから、この場所にアイラ蒸溜所は1864年に建てられました。しかし、閉鎖と再稼働を繰り返し、1970年代前半に現在の施設が完成しました。カリラ独自の品質を保つため、オリジナルの設計図に忠実に建物と6つのスチルを再現し、伝統的なモルトウイスキーの製法は今も維持されています。 独自路線を進め、ジョニーウォーカーなど多くのブレンドに使われる原酒で、現在では生産量もアイラ島では最大のシングルモルトですが、シングルモルトを発売したのは2001年からと意外に遅く、実は知る人ぞ知る蒸溜所でした。

スモーキーで辛口なアイラモルト入門編

カリラの香りはアイラモルト独特の正露丸やヨードの香りがしてスモーキーさが印象的です。 ストレートで飲むと香りから想像するほどの強烈さは無いので、拍子抜けした感が無いわけではありませんが、黒こしょうのようなスパイシーさや辛口感があります。独特のピートの焦げ臭さの強さはラフロイグに近いですが、飲んだ後の口の中に残る華やかな香りはラフロイグには無いものです。 そしてウイスキーによくある甘ったるさはないので、辛口の日本酒が好きな人には合うでしょう。水割りで飲むとスモーキーさが抑えられ、その分スパイシーな味わいが前面に出てくるので、アイラモルトを初めてという人はまずは水割りの方が良いかもしれません。 [amazonjs asin=”B001HU7THE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”カリラ 12年 箱入り 700ml”]

ちょっと贅沢したいときに

カリラは700mlで5000円前後します。同じアイラモルトのボウモアやラフロイグが4000円前後なので、少々高めですが、シングル1杯あたり170円程度ですので、そう考えると思ったほど高くありませんよね? しかも、ビールなら2本、3本とついつい飲み過ぎてしまいますが、アイラモルトは独特の風味があるので、ゆっくり味わって飲みたくなるお酒です。 だから、意外に量は進みません。 [amazonjs asin=”B001GLG8SA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”シングルモルト ウイスキー ラフロイグ クオーターカスク 700ml”] [amazonjs asin=”B00JWOHACG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”シングルモルトウイスキー ボウモア スモールバッチ 700ml”]

カリラをおすすめする人たち

カリラをすすめる3つの理由

  • ラフロイグやボウモアには無い独特の香り
  • 日本酒に似た辛口&スパイシーさ
  • アイラモルトにしては癖が薄い
カリラはボウモアラフロイグと同じアイラモルトですが、それらにはないユニークさが特徴です。アイラモルトは飲んだことがあるけど、カリラはまだ…、という方はぜひ1度飲んでみてはいかがでしょうか? [amazonjs asin=”B018TID5E2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”カリラ 10年 2004 カスクストレングス (ゴードン&マクファイル) 60.1度 700ml 並行輸入品 ▲”] [amazonjs asin=”B00W3J8KPI” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”カリラ 19年 1995(シグナトリー) 46% 700ml 並行輸入品”]]]>

Categories
お酒

シェリー樽の独特なフルーティさが魅力のグレンドロナック

グレンドロナック 年末年始と言えばお酒が多くなる季節ですよね?かくいう私もそうでした。 ふつうはこの時期だと日本酒が多くなりますが、今回の年末年始はNHKでマッサンが再放送されたのでウイスキーを飲んだ方も多いみたいです。 私もこのサイトの「マッサンのハイランドケルトは??人気のスコッチウイスキー、ハイランドパーク」のアクセス数が急増したので何があったのかと年明け早々驚いてました。 「ウイスキー初心者に「マッカラン」を薦める3つの理由」が相変わらず好評なので、今回はマッカランの次におすすめしたいウイスキー「グレンドロナック」を紹介します。

日本酒に近いフルーティさが特徴

グレンドロナック蒸溜所は1826年に東ハイランド地方ハントリーの郊外で創業しました。マッカランが1824年でハイランド地方で2番目に古いので、グレンドロナックも老舗であることがわかります。ちなみに、グレンドロナックとはゲール語で「黒イチゴの谷」を意味します。 グレンドロナックは1996年までは自前でフロアモルティングを行い、すこしピートの効いたモルトを生産しており、石炭の直火焚きを最後まで行っていた蒸溜所として有名です。しかし、シングルモルトとして流通はあまりしておらず、バランタインやティーチャーズなどのブレンドに主に使用されていました。[amazonjs asin=”B00RHD5ZYO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グレンドロナック 19年 1994 ペドロヒメネス・シェリー・パンチョン (PX) 53.1度 700ml”]

オーナー変更による路線変更

それが、2008年にベンリアック・ディスティラリー社にオーナーが変わると本来の良さを知ってもらうためにシングルモルトのラインナップを強化してシェリー樽100%をリリースし、最近は注目が集まっています。 シェリー酒の樽によって熟成したウイスキーはナッツやドライフルーツのような重厚な香りを生み出しています。シェリー樽の熟成によるウイスキーは日本人に好評で、スコッチのシングルモルトのうち日本で最も人気のあるマッカランもシェリー樽熟成です。[amazonjs asin=”B002TW9WQ0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グレンドロナック 15年 700ml”]

飲み方、味わい

シェリー樽で熟成したウイスキーはシェリー酒特有の甘みやフルーティさが出るので、このグレンドロナックも同様に甘みがあるのが特徴です。マッカランに近い味わいがあるので、マッカランが好きな人は気に入るでしょう。 ただ、マッカランよりもウイスキーさは薄く、日本酒に近い風味と後味が印象に残る味わいがあります。日本酒が好きな人にはおすすめしたいですね。[amazonjs asin=”B002TW5U5C” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グレンドロナック 12年 700ml”]

グレンドロナックをおすすめする人たち

[amazonjs asin=”B002V98VRM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グレンドロナック 18年 700ml”]

グレンドロナックをすすめる3つの理由

グレンドロナックをすすめる3つの理由をおさらいします。
  • 日本人が好むシェリー樽による風味と味わい
  • 日本酒に近い飲みやすさ
  • マッカランの次として最適
ただ、グレンドロナックは市場には多く出てないので、アマゾンなどで購入することをおすすめします。 [amazonjs asin=”B00DRAA5TG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”グレンドロナック 21年 パーラメント 700ml 48度 並行輸入品”]]]>

Categories
お酒

First of whiskey novice to recommend "Yamazaki" & "Famous Grouse"

yamazaki whiskyyamazaki whisky

I say before the conclusion! For the first time of whiskey Yamazaki and Famous Grouse!

I think that it is “whiskey novice” or whether’ve been searching “whiskey recommend” and the like. (Because had you come to choose from among the many when it comes to have been asked to come from the search engine site is happy) I by no means whiskey master.Rather, it is a whiskey novice. The following is a recently of my experiences.
sake adult man drink probably whiskey! With that said, I was looking for a whiskey in the “Yamaya” in the neighborhood to try to drink whiskey at home. But, since all Wakarai thing of whiskey, I was intently examined the whiskey that recommended for beginners on the iPhone that had the time being. … After all, we were kept standing for one hour near the whiskey corner.
Back story, what is good from a certain number whiskey? We will introduce a choice of whiskey and whiskey can recommend beginner to because I’m.

The whiskey I recommend for beginners

Straight, Yamazaki if lock

[amazonjs asin=”B00384EZHE” locale=”JP” title=”サントリー シングルモルト・ウイスキー 山崎 12年 NEW 700ml”]

Whiskey and water, soda if Famous Grouse

[amazonjs asin=”B00C3EZM54″ locale=”JP” title=”フェイマスグラウス 40度 700ml並行輸入品”] Why, this 2 whiskeys ?! Some other also good whiskey! And I think that the person who I think. Of course, there are a lot of good whiskey. However, the reason why I promote the two,
  • Because it tastes as a reference
  • Relatively certain because in any store
  • Since the goods wish is infinite, to choose it from found their preferences
So, there is no problem other than this. However, it does not come off Once you have this 2 Tsunishi If you worry! I feel that. ※ Because such from my experience of the whiskey novice This is the last one of the cases.

Categories
お酒

おすすめウイスキー「ベンリアック」はフルーティで飲みやすい!

ベンリアック 華やかでフルーティな味わいが特徴のベンリアック。その味わいからウイスキー初心者にも人気ですが、マッカランボウモアラフロイグといった他の人気ウイスキーとは少々違い特徴的です。

ウイスキーのメッカで始まるも消滅の危機

ベンリアックを説明をする前に紹介しなければならないのが「スペイサイド」地方でしょう。スペイサイド地方はマッカランなどで有名なハイランド地方の東に位置し、スペイ川、デヴェロン川、ロッシー川の流域を指します。このスペイサイド地方には約50もの蒸留所が存在し、スコットランドの約半数を占める、世界一のモルト・ウイスキーの生産地です。 ベンリアックはそのスペイサイドのエルギンの南に1898年に創業しましたが、20世紀に入ってから60年近くウイスキーの生産がストップしていました。しかし、その間は姉妹蒸留所である、隣のロングモーンのために麦芽づくりだけは行われていました。このロングモーン蒸留所も1999年にフロアモルティングを止め、その後2002年にはウイスキー生産も再びストップしてしまいました。 そして、当時のオーナーが蒸留所の売却を発表し、2年後の2004年に南アフリカのイントラ・トレーディング社が買収したことで、再開されたという紆余曲折を経て今に至っています。 また、元々はブレンド用の原酒として高い評価を得ていましたが、シングルモルトとしてオフィシャルボトルが発売されたのは1994年と非常に後発です。後発とあってかバラエティに富んだシングルモルトを発売しています。

甘みと華やかさが特徴の飲み味

ほど良く度数落ちして、香ばしい麦芽の香りは残っているので、飲みやすいのが特徴です。使用している樽のせいか、華やかで甘いりんごや果物の香りと柑橘系とナッツの甘みが口の中に広がります。そのあとに若干のミントなどの爽やかさも出てきます。各種小粒な味わいが保たれて、全体としてバランスの取れたウイスキーです。

ハイボールでフルーティーさを演出

ハイボール ベンリアックは比較的飲みやすいのでストレートやロックでもいいのですが、奥深さやウイスキー独特の味わいを感じたいなら他のウイスキーのほうが実感できるので、ベンリアックはフルーティさを広がせるためにもハイボールを一番おすすめしたいです。 [amazonjs asin=”B004S06YSU” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ベンリアック 12年 シェリーウッド 700ml”] [amazonjs asin=”B007MHIFXS” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ベンリアック 12年 シェリーウッド 700ml 並行輸入品”] ]]>

Categories
お酒

マッサンのハイランドケルトは??人気のスコッチウイスキー、ハイランドパーク

ハイランドパークハイランドパーク

マッサンで話題になったハイランドケルトはハイランドパーク??

NHKの朝ドラ「マッサン」で主人公のマッサンがご機嫌で歌う「ハイランドケルト」の歌が印象的ですね。マッサンが理想とする「ハイランドケルト」というウイスキーは実は存在しません。 ですが、ハイランドケルトの由来と思われるスコッチ・ウイスキーが「ハイランドパーク」です。 注:ウィスキー評論家土屋守氏によると、「この頃はブレンデッドウィスキーが飲まれていた時代なので、ハイランドケルトもシングルモルトではないのでは?」ということです。ただ、ドラマに登場するハイランドケルトのボトルには「SINGLE MALT」の文字がありますので、この辺は曖昧なようです。

スコットランド最北端で作られるスコッチ、ハイランドパーク

ハイランドパークが作られているハイランドパーク蒸留所は、スコットランド最北端のオークニー諸島の中心に位置する北緯58度59分のメインランド島にあり、世界最北の蒸留所です。 創業は1798年で200年以上の古い歴史があり、オークニー諸島の遺産の一部となっており、1999年にはユネスコの世界遺産に登録されています。

ハイランドパークは独自の製法で個性を出す

ハイランドパークの原料となる仕込み水は蒸留所の下の地下からくみ上げられ、麦芽をコンクリートの床に広げて発芽を促す工程も一部行われてます。その際に使用するピートですが、樹木の育たないオークニーではスコットランドのほかの地域とは異なったピートが採れる事もあり、ハイランドパークでは比較的浅いところから切り出した若いピートヘッドで、ヘザーの根っこが多い。さらにピートも混ぜて枝も一緒に炊き込む。これがヘザー風味の強いハイランド・パークの独特の個性を出しています。

ハイランドパークはまずは12年から

ウイスキー作りでは樽によって味や香りが大きく変わると言われます。ハイランドパークはスパニッシュオークとアメリカンオークを使っていますが年代によって使われる樽が異なり、一番有名なハイランドパーク12年は両方を、18年はヨーロッパのオークを主に使っています。 樽には紹興酒に似た香りのシェリーを使って香りづけしており、香り、色、味は熟成によるものだけでなく樽による違いというのも楽しみ方のひとつです。 12年ものは3000円くらいから購入できるというのもありますが、シェリーは結構香りが独特なので、まずは樽で両方のオークを使っている12年から始めるのが無難です。 [amazonjs asin=”B001HUA3FY” locale=”JP” title=”ハイランドパーク 12年 700ml”]

ハイランドパークの飲み方

ハイランドパークは「全モルトウイスキーの中でもっともオールラウンダーで秀逸な食後酒」と称される事からもどの飲み方でも楽しめます。 ただ、ラフロイグボウモアと比べて飲みやすいので、特徴を味わいたいのであればやはりロックかストレートをおすすめします。 ただ、スコッチウイスキー初心者の方はハイボールなどで感触を確かめてから、ロックなどが良いです。 ちなみに、ブレンデッドスコッチのフェイマスグラウスの原酒モルトとしても有名ですので、フェイマスグラウスを飲んでみるのもおすすめです。 [amazonjs asin=”B001GLID8S” locale=”JP” title=”ハイランドパーク 12年  40度700ml”] [amazonjs asin=”B0055QJF3W” locale=”JP” title=”フェイマスグラウス 40度 700ml 並行輸入品”]]]>

Categories
お酒

癖のある「ラフロイグ」はハイボールがおすすめ

癖のあるスコッチウイスキー「ラフロイグ」 ボウモアでスコッチウイスキーの独特さを味わうと、逆にこのスコッチウイスキーの癖のある風味がたまらなくなってくるのがスコッチウイスキーの魅惑です。 スコッチウイスキーの中でも「シングルモルトのロールスロイス」として飲みやすさで有名なマッカランをきっかけに、アイラモルト(※)では親しみやすい「ボウモア」に手を出して、これにはまってしまうと次にお勧めしたいのが、「ラフロイグ」です。 ※スコットランド西岸のインナー・ヘヴリディーズ諸島の南端に位置する日本の淡路島くらいの大きさのアイラ島にはボウモアやラフロイグなど8つの蒸溜所があり、ここで生産されているウイスキーは「アイラモルト」と呼ばれています。 マッカランボウモアとよく比較されるラフロイグは、典型的なアイラモルトの香り、味を持つ中でも特に強烈といわれる個性を持っています。磯の香り、人によっては正露丸に思える香りも混ざっており、個性豊かなスコッチウイスキーの中でも一度で覚える強烈なピートの香りで苦手な人も多いですが、逆にコアなウイスキーファンをひきつけています。

土壌と蒸留所がラフロイグの癖のある風味を醸造

ラフロイグが独特な個性を生み出している理由は土地です。1815年に創業したラフロイグ蒸溜所はボウモアと同じアイラ島のアードベッグ、ラガヴーリンと共に南部に位置しています。 1994年には英王室のチャールズ皇太子によってモルトの蒸溜所としては初となる、英国王室御用達の称号を授けられました。ラフロイグのラベルに誇らしげに描かれているプリンス・オブ・ウェールズの紋章がその証ですが、あえて「ロイヤル」の名を冠していません。 アイラ島は降水量が多く、雨水は厚いピート層を浸透してラフロイグ蒸溜所へと流れます。そのため、ピートの溶け込んだ水がラフロイグの味わいの元となており、他の蒸溜所とは異なる癖のある独特な風味を作り出しています。 また、ラフロイグ蒸溜所は専用のピートバンクを所有しており、そこから切り出したピートのみを使用しているため、同じアイラ島のスコッチウイスキーとは違うラフロイグ独特な味わいを作り出すことができます。

ボウモアよりさらにアイラモルトを味わいたい人におすすめ

ラフロイドはマッカランのように誰にでも飲みやすいと言うわけではありません。以前紹介したボウモアよりもラフロイグは味も風味も独特で、磯の香りや燻製の香り、また正露丸などの「薬品」を思わせる独特の香りが特徴です。昔、アメリカで禁酒法が施行された時代、ラフロイグ蒸留所は「この液体は酒ではなく薬の臭いだ」と主張して、合法的にウイスキーを販売したというエピソードもあるくらいです。 味もモルト特有のナッツのような味わいとスパイシーさが感じられ、ボウモアよりも勢いがある感じなので、好き嫌いがはっきり分かれてしまいます。苦手な人は香りが鼻につくだけで嫌がります。だから、 「ボウモアが好きだからもっと個性のあるのを飲んでみたい」という人だけ におすすめしたいウイスキーです。

飲み方はロック、ストレートがおすすめ。慣れるまではハイボールもOK!!

独特な個性を持つラフロイグを引き出す飲み方はやはりロックかストレートです。強烈な癖があるので初めての人は苦戦するかもしれませんが、ラフロイグは何杯も飲むものではなく、少量でラフロイグの癖を楽しむのが粋な飲み方ではないでしょうか。 どうしても飲みたいけど癖を緩和させたい、と言う人にはハイボールがおすすめです。「シングルモルトをソーダで割るなんて邪道だ!」と思うかもしれませんが、他のハイボールとは違ってスモーキーさがソーダに溶け込むので、一味違ったハイボールを楽しめます。 また、最近流行りつつあるのがコーラ割りです。 ブランドアンバサダーとして世界中を飛び回っているロバートヒックス氏がおすすめする新しいラフロイグの楽しみ方で、ライムをしぼり入れるのがポイントです。 ]]>