Categories
インプレ

素人のベストバイなS-WorksがTarmacになる理由

シクロワイアードにてS-Worksに関する記事があったので、3種類を試乗した素人の私も書いてみようと思います。専門家のインプレも大切ですが、正直素人からすると細かい違いはわからないし、そこまで気にする必要があるのか?と疑問に思っていました。 ですので、そういった細かい部分は抜きにして素人が感じたインプレになります。 specized-testthebest-tarmac01

3種類を試乗したインプレをおさらい

まずは過去のインプレ
  • Tarmac:軽くて前作と比べて堅さがなくなたがフニャフニャとかはではない。S-Worksに初めて乗る人は堅いと思うくらい。それでいて衝撃吸収はけっこうあり、一般道を走っていても手が疲れるような事はない。
  • Venge ViAS:エアロなのに軽い。実際の重量ほどの重さは感じない。堅さはTarmacよりもあるが、そのぶん跳ね返りもあり、漕いだ分以上の加速が感じられる
  • Roubaix:柔らかいがフニャフニャというわけではない。衝撃吸収力もTarmacより良い。Tarmacよりも長く、ハンドル位置も高いので上向きに乗るような体勢になるため、長距離乗っても疲れにくい。

それでもTarmacな理由

三者三様のメリットがありますが、ホビーライダーが最初に選ぶとしたらTarmacしかないでしょう。 Roubaixはロングライドや荒れた路面での走りが対象のロードバイクですが、ホビーライダーで週末2日間で400㎞を頻繁に走る人はそうそういないでしょう。毎週ブルベという人ならRoubaixの方が体力の消耗を少なく走れますが、200㎞/日×2日を月1回程度であればTarmacの方が走れます。 また、Venge ViASはTarmacよりも速く走れます。前モデルのS-Works Vengeと比べてもViASは軽く感じられながらも速く走れます。アラフォーの素人ライダーな私でも一般道で時速40㎞を余裕で維持できるほど速く快適に走れます。ですが、この高速を維持する必要性がどこまであるのか?都会であれば信号ですぐ停まってしまうし、歩行者と共同のサイクリングコースを高速で走っていたら事故に遭う可能性もあります。 Tarmacでもホイール次第で40㎞/hを出す事は十分可能ですし、ゼロ発進は軽いTarmacに分があります。普通のライドであれば信号待ちや交差点での一旦停止などもあるので、Venge ViASの活躍の場は思ったほど多くありません。 さらに、Venge ViASはメンテナンスが難しく、素人が行うのは事実上不可能です。そうなると毎回ショップのお世話にならないといけないので、購入するショップも吟味しないといけません。安いからといって遠くのショップで購入してしまうと後々大変なことになるでしょう。

Tarmac以外なら他メーカーに走るしかない?

消去法でTarmacに、というわけではなくTarmacは様々なサイトでインプレがあるように非の打ちどころがありません。市販のロードバイクでTarmac以上となるとピナレロ Dogma F8かLook 795 AEROLIGHT、TREK EMONDA SLR10あたりではないでしょうか?個人的にはBMC SLR01も並ぶくらい良いと思いますがメジャーじゃないので… これらいずれにしても2台目とか簡単に購入できる金額ではありませんし、大きな違いは無いので、ここまできたら好みで選んで良いかなと思います。 脱線したので話を戻して…、S-Worksの3台のうち、Tarmac以外の2台(Roubaix、Venge ViAS)を購入するのも悪くはありません。購入を検討している人の大半がすでに何らかのロードバイク、しかもエアロとかではなく一般的なロードバイクを所有していると予想されます。 そういった方でしたらTarmacだとすでに所有しているロードバイクと同系統になってしまうから面白みがない、と思われるかもしれません。その考えは一理あると思います。そういった方にはVenge ViASあたりが本来はおすすめですが、前述のとおりメンテ等が大変なので、そこまでの技術が無いと宝の持ち腐れになってしまいます。(失礼な言い方でごめんなさい) もし、エアロも欲しいということであれば、S-WorksではなくピナレロDogma F8をおすすめしま…、と言いたいところですが、Dogma F8を試乗した後にTarmacを試乗してもらうとわかりますが、どっちも大差はありません。 結局Tarmac一択になってしまいます。]]>

Categories
インプレ ロードバイク

S-WORKS Venge ViASに乗って2015Vengeと比較してみた(インプレ)

S-WORKS Venge ViASS-WORKS Venge ViAS前回のS-WORKS Tarmacのインプレに続いてVenge ViAS(ヴァイアスと発音するらしい)のインプレです。私は2015モデルのVengeを乗っているので、今回は旧Vengeや新Tarmacと比較してみたいと思います。

見た目とは裏腹にエアロにしては軽い

見た目からしてずっしりと重そうなVenge ViASですが、実際持ってみるとスカッと心構えしていたこちらが肩透かしにあうくらい軽いです。さすがにTarmacと比べると明らかに重く、2015年モデルのVengeよりも重かったですが、カーボンフレームだけあってアルミフレームのCAAD10(約8kg)よりは軽かったです。ヒルクライム目的ではないバイクなので、このくらいなら全く問題ない重さでしょう。

圧倒的な速さと加速力がずば抜けてるVenge ViAS

エアロバイクのVenge ViASなのでやはり最大の魅力は速さです。ゼロ発進ではTarmacの方が反応が良いですが、Venge ViASも2~3回クランクを回せばすでにトップスピードに乗り、回すたびに勢いがドンドン追加されるような感じでグイグイ加速していきます。それも重いギアを踏むわけでもなく、軽めのギアでも十分加速してくれます。 加速力は前Vengeよりもかなりすぐれていて、ギア2枚分くらいは楽に回して加速してくれる感じです。 加速の勢いが止まらないので、30㎞/hまで一気に達してくれてそのスピードが継続してくれます。これはホイールの性能も大きく影響しているからですが、スピードに乗った勢いが高速域でも留まることなく40㎞/hまでも加速が簡単にできます。 それ以上は試していませんが、前Vengeでも50㎞/hにも達する事ができたので、Venge ViASも平地での加速はさらにその上を行くはずです。この加速力とトップスピードはTarmacには無い唯一無比の魅力です。 S-WORKS Venge ViAS

かなり高い振動吸収性

エアロなので、振動吸収はあまり期待をしていなかったのですが、良い意味で予想を裏切ってくれます。Tarmacは以前ほど硬くなくなかったとはいえ、SL3やSL4を知らない私からすれば十分硬い、でも振動をそれなりに吸収してくれるという印象でした。 ところがVenge ViASはそういった振動をハンドルとフレームで吸収してくれて、腕やお尻への過度な振動が全然来ないのです。もちろん全くないわけではありませんが、それで手がつかれるというような大きな振動は全然ないのです。これならRoubiaxはいらないのでは?と思うほどでした。

上りはやっぱり苦戦

妥協しなければならない上りですが、やはり苦手でした。坂を上るとBBあたりが後ろに引っ張られるような感じがしてペダリングが辛くなってきます。これは前Vengeでも同様ですが、3~5%程度の緩斜面であれば勢いで上れてしまうので、前Vengeよりも上りやすいかと思います。

速さを求めるならVenge ViASが最高

ヒルクライムやアップダウンの激しいコースを目指す人はTarmacを選ぶと思いますが、ピーター・サガンもほとんどのレースでVenge ViASを使っていたように、斜度10%程度で距離も数㎞程度というのであればVenge ViASは選択肢としてありかと思います。 とはいえ、Venge ViASは130万円もするのでヒルクライム用と平地用とでバイクを分けてもおつりがくるかもしれませんね。。。]]>

Categories
インプレ ロードバイク

ピナレロ・ドグマF8のインプレ

ピナレロ ドグマF8ピナレロ ドグマF8 サイクルモードインターナショナル2015に行ってきました。目的は何といってもフレームだけで648,000円もするPINARELLOのDOGMA F8の試乗です。 最上級のロードバイクだからでしょうか?試乗には長蛇の列。50人以上並んでましたね。 でも、大人気を予想してか?PINARELLOはロードバイクをかなり多く用意してました。他のメーカーは各サイズ1台しか用意してなかったので、2時間近く待ったところも。。。

驚くべき軽さ

dogma_f8_02 本題のDOGMA F8ですが、オールラウンドという事なので、SpecializedのS-WORKS Tarmacと比較したいと思います。まずは軽さ。一か所に重さが偏っておらず、全体的に軽いです!重量は計っていませんが、Tarmacと同じくらいですね。

軽快な走りだし

軽いからゼロ発進もとても良いです。この辺もTarmacと甲乙つけがたいです。トップスピードに乗るまでもあっという間でこの辺もTarmacとほとんど変わりません。ただ、Tarmacと同様にS-WORKSのVengeと比べると加速力や高速維持は劣るので、加速や速度を求めるならちょっと違うかなと。

ヒルクライムも抜群

軽いのでいう事ないです。後ろに引っ張られるような重さもなく、クイクイ上がっていく感じです。

しなりがないので回すタイプ

Tarmacと大きな違いを感じたのはしなりです。Tarmacよりもしなりがなく踏んでも反動があまり感じられませんでした。そのため、とにかくペダリングを速く回す人に向いていると思います。 ちょっとしか乗っていませんし、上りもほとんどなかったので、まともなことは書けませんが、ちょっと乗った感想です。 Tarmacと比べて甲乙つけがたいというのが感想です。価格差はありますが、ここまでくるとデザインやブランドで選んでも良いんじゃないでしょうか?と思います。 pinarello SKY]]>

Categories
インプレ

S-WORKS Tarmac 2016に乗ってVengeと比較してみた(インプレ)

スペシャライズドTEST the BESTスペシャライズドTEST the BESTネットサーフィンをしていると関東でSpecializedの試乗会が翌日にあるのを発見!ただ、S-WORKS Venge ViASの試乗は完全予約制ですでに完売。。。 それでもS-WORKS Tarmacには乗ってみたかったので試乗会に行ってきました。 スペシャライズド ラウンジ試乗会当日、たくさん人がいたら試乗もなかなか回ってこないのでは?と危惧したので開店直後にスペシャライズド・ラウンジに到着。ラウンジにはすでにお客が10名程度いて、試乗の準備や出店していた商品を見てました。 バイクはS-WORKS Venge ViASやTarmac、Roubiaxだけでなく、SHIV TTなどもあり、S-WORKS新作のシューズやヘルメットもあったので、これらもレンタルしました。

軽さと反応の良さが魅力的なTarmac

S-WORKS Tarmac まず最初に乗れたTarmacからインプレ。ちなみに私は2015モデルのVengeを乗っているので、それとの比較になります。

圧倒的な軽さ

何といっても最初に感じたのが車体の軽さです。私のVengeも7.2kgと軽かったのですがTarmacはそれ以上の軽さで、特定の個所に重さを感じる事無く、全体的に均一にバランスが取れている感じです。S-WORKS Tarmacわかりにくいですが片手しかも順手で楽々持てるほどの軽さです。

ゼロ発進の反応の良さ

Roval Rapide CLX 40異常な軽さが走りにも影響してます!今回はRoval Rapide CLX 40を履いてたのですが、リムハイトが高いわりにはゼロ発進がとてもしやすいです。2015モデルVengeよりも反応が良く、20㎞/hくらいまで加速するには明らかにTarmacの方が短時間で到達できます。

重さを感じることなくキビキビ上がれる

Tarmacの良さを一番実感できたのが上りです。ヒルクライムはできませんでしたが、斜度5%強の数百mの軽い上り坂もすいすい上れます。VengeではBBあたりに重さを感じて下に引っ張られるような感じがありましたが、Tarmacはそんな感じはまったくありません。ダンシングも軽くしましたが、硬いバネのようにたわまないけれども力がペダルに加わってる感じがします。

硬さと振動吸収力の弱さ

優れたロードバイクであるのは確かですが、Vengeより硬いのが気になりました。その硬さから振動吸収性はVengeよりも劣り、路面の悪い道や高速時での振動が腕にきます。と言ってもGIANT TCR0やCAAD10に比べれば全然比較にならないほど良いです。

高速維持の難しさ

リムハイトが高いRoval Rapide CLX 40を履いたのに失速するのがとても速いのが気になりました。VengeやBORA ONE50ではそのような事がなく楽に高速を維持できて40㎞/h巡行も容易でしたので、この失速の原因がホイールなのかフレームなのかが気になるところです。specized-testthebest-tarmac01

TarmacとVengeの違い

Tarmacはオールラウンダー向けとあって何でもそつなくといった感じです。なので、峠も攻めたい!という人には一番適していると思います。あとはホイールを何にするか?といったところですが、ヒルクライム専門とするならMavic R-SYSあたりが良いのではないでしょうか?とはいえ高いので、軽さが魅力のメカニコやLWC、中華カーボンなども良いでしょう。 逆に、ヒルクライムを重視しない人ならTarmacよりもVengeをお勧めします。]]>