Categories
サッカー

来期バルサ監督はルイスエンリケで内定?

来季は不透明なバルセロナ リーガ・エスパニョーラもアトレチコ・マドリードやレアル・マドリードがまさかの失速で、バルセロナは最終節の直接対決で勝利すれば逆転優勝という展開になってきました。 そんなバルセロナの来シーズンは、守護神バルデスや精神的支柱の大ベテランプジョルの退団でかなりぐらついています。さらにFIFAから今オフの移籍を禁止されそうになるなど、不安定な状況です。 そのような中で、今シーズンから就任したヘラルド・マルティーノ監督も今シーズンで退団が濃厚と言われており、来季の監督探しも並行して行われています。

バルセロナ&監督=ヨハン・クライフ

[amazonjs asin=”4576140558″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ヨハン・クライフ サッカー論”]

バルセロナ新監督候補、本命はルイス・エンリケ

地元メディアでは、すでに候補があげられています。とは言っても、煽りや憶測、希望もあったりして信憑性は高くない候補者もいますが。。。 現時点での大本命は現セルタ監督のルイス・エンリケといわれています。 そのほかには、今シーズン就任1年目ながらAビルバオを欧州チャンピオンズリーグ進出まで導いたバルベルデ監督、パスサッカーで今シーズンバルセロナ戦でバルセロナよりもボールポゼッションを上回ったパコ・ヘメス現ラージョ監督などが挙げられています。 その他にも、セビージャを欧州リーグ優勝に導いたウナイ・エメリ監督や現ドルトムントのユルゲン・クロップ監督も出ていましたが、このへんは希望でしょう。。。 個人的にはウィガンでFAカップ優勝に導いたロベルト・マルティネス現エバートン監督がいいなぁと。]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.