Categories
アナリティクス

Google Tag Managerが入ってなくてもテストできる、Tag Manager Injector

Google Tag Managerは万能

Google Analyticsを使うときにはGoogle Tag Managerを使うのが当然のようになってきたので、Google Tag Manager上でコードを書いたり設定すれば、Webの管理者権限が無くてもコードを追加できますし、プレビュー状態でテストもできたりします。だから、もうGoogle Tag Managerは手放せませんよね。 ですが、そもそもGoogle Tag Managerがサイトに埋め込まれていなかった場合はどうしましょうか?Webの担当者に連絡して入れてもらうまでは待つしかありません。 ですが、このようにそもそもGTMが入っていないサイトでGTMをテストできるようにするのが「Tag Manager Injector」です。

Tag Manager Injectorのインストール方法

Tag Manager InjectorはGoogle Chromeの拡張機能なので、ChromeのWeb Storeから無料でダウンロードできます。 右側にある「Chromeに追加」ボタンをクリックすれば自動的にインストールが開始されます。

使い方は簡単

Tag Manager InjectorをChromeにインストールしたら、他の拡張機能と同じようにブラウザの右上にアイコンが表示されるのでクリックします。 すると、下の画像のようなウィンドウが表示されるので、
  • GTMのコンテナID
  • GTMを実行させたいドメイン名
  • データレイヤーに入れたい値(任意)
を入力して、右下にある「START」ボタンをクリックします。すると、一番下に「GTM containar “GTM-XXXX” now active」と表示されますので、これでこのGTMが指定したドメイン内で実行されます。 終了するときは、最初にクリックしたブラウザの右上のアイコンをクリックしてこのウィンドウを開いてから、「STOP」ボタンをクリックすると終了します。

こんな時に便利

GTMがすでに入っているサイトでは必要ありませんが、
  • Web管理者ではないサイトに新規にインストールしたい
  • すでにGTMは入っているけど、別のGTMでテストしたい
  • 他のサイトでどのように動くか見てみたい
といったときに便利です。 Google Tag Managerのプレビューモードだと自動的にデバッガーが表示されますが、このInjectorでは起動されません。その場合、Google Chromeの拡張機能の「dataslayer」を一緒に使うと便利です。]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.