Categories
サッカー

アトレチコが堅守&セットプレーでセビージャを圧倒【第6節】アトレチコマドリード4-0セビージャ

アトレチコ・マドリードvsセビージャアトレチコ・マドリードvsセビージャ

中盤の守備力勝負で膠着状態

勝ち点11で並び、この試合の結果次第では首位にもなれるアトレチコとセビージャ。好調の原因は両チームとも守備力で、5節終了時点の失点数はセビージャは3、アトレチコも4と非常に少ない。 また、ともに得点力もあり5試合中3試合で2点以上あげている。その攻撃力を警戒してかアトレチコはガビ、チアゴ、サウール、セビージャはムビア、カリソ、クリチョビアクとお互い3ボランチで中盤を固めて試合に臨んだ。 そのため序盤はお互い中盤での激しい守備による潰し合いで、シュートまでたどり着けない。19分にアトレチコはコケがPA左からミドルシュートを決めて先制したが、この時が両チームほぼ初めてのゴールチャンスだった。 アトレチコの厳しい守備は今年も顕在で、先制後も攻守の切り替えは速く、セビージャボールになってもすぐにチェックにかかる。3ボランチにしたセビージャはこれまで攻撃の中心として活躍してきたデニス・スアレスやバネガらが不在なうえに、アトレチコの徹底した守備で自由にボールを回せずに苦戦する。

今年も顕在、アトレチコのセットプレー

セビージャが攻めあぐねているとアトレチコは得意のセットプレーで突き放す。右サイドからのFKではガビからゴール前ではなくゴール右に送り、それをアルダが落としたところに回りこんだミランダがダイレクトでファーサイドへ送ると、フリーで走りこんだサウールが合わせて追加点を奪う。 amadrid-sevilla02

攻めるセビージャをあしらうアトレチコ

前半で0-2とされたセビージャはハーフタイムでビトロ、コロに代えてデニス・スアレス、バネガを投入し攻撃に転じようとするも、アトレチコもガビに代えてラウール・ガルシアを入れ、空中戦要員を増やす。 アトレチコはCBが強いので引き出さなければ得点は望めないのだが、CBを引き出すにはサイドを崩すか、中盤を崩すしかない。サイドを崩せてもアトレチコはラウール・ガルシアらボランチ陣がカバーに入るのでゴール前で決定機を作るのは難しい。 そうなると中盤を崩すしか方法はないのでセビージャはバネガを起点に攻撃をしかけるも、チームメイトとの連携もまだ悪く孤立してしまい3ボランチに潰されチャンスを作れない。 逆にアトレチコはセットプレーからさらに追加点を決めると、終了間際にはカウンターからPKを奪って4-0と完勝する。

セットプレーに隠れた攻撃陣の得点力不足

アトレチコはこれで開幕から6試合無敗と上位をキープしているため好調のように見える。 しかし、守備面では問題ないが、攻撃面ではカウンターなどで懸念点がある。なかでも、今シーズン加入したFWマンジュキッチやグリーズマンが昨年大活躍したジエゴ・コスタやダビド・ビジャの代わりとして期待されているが、なかなか成果をあげられていない。 マンジュキッチがカウンタータイプではないので、その場合にどれだけ得点力をあげられるかが今後の課題でしょう。 ]]>

Categories
サッカー

中央を固められたマラガを崩せずバルセロナの連勝がストップ【第5節】マラガ0-0バルセロナ

マラガ 0-0 バルセロナマラガ 0-0 バルセロナ

左から攻め続けるも崩せなかったバルセロナ

リーガエスパニョーラ第5節、マラガ対バルセロナの一戦は、スコアレスドローに終わった。 試合はバルセロナがポゼッションして試合の主導権を握るも、マラガは守備時にはドゥダを前線に1人残して残り9人が自陣まで引いて中央を固めた4-5-1でしっかり守り抜くという展開が続いた。 バルセロナは右SBに今シーズン加入したドウグラスが初先発と言うこともあって、左からの展開が非常に多く、ネイマールが中に絞り、外のスペースをジョルディ・アルバがオーバーラップしてクロスをあげるシーンが何度も見られた。

バルセロナ対策の「外を捨てる」は昨シーズンから変わらず

貝のように中央を固めて守ったマラガだったが、中でも顕著だったのが、中盤の3人の動きだった。 マラガ0-0バルセロナ バルセロナの攻撃ではメッシの中央突破から崩すことが多いので、イグナシオ・カマーチョを中心にダルデル、ファンピの3人がかりでメッシにフリーでボールを持たせなかった。このため、中央から崩される事がなく、バルセロナはスペースのあるサイドから崩しにかかった。 特に左サイドのジョルディ・アルバが攻め上がる場面が多く見られたが、マラガは右SBが外に開き、ネイマールにはCBがマークをつける。この時に右FWのペドロが中央に絞ってくるのでマラガはもう1人のCBが対応する。 ペドロに遅れてメッシが上がり、このときにメッシへのマークが甘くなることが通常は多いが、マラガはカマーチョらMFがしっかりマークにつくことでメッシを自由にさせなかった。 前半43分にメッシの中央突破からネイマール、ジョルディ・アルバとつなぎ、左からのクロスにネイマール、ペドロ、メッシがつめる決定的な場面があったが、メッシがわずかにボールに届かなかった。 この試合の決定的な場面はこれくらいだった。 マラガ0-0バルセロナ 一方の、マラガはカウンターから何度かチャンスを作ったものの、決定機は前半にGKのキックからアムラバトが抜け出して強引に放ったシュートと、後半にPA左からのFKでルイス・アルベルトが直接ニアを狙ったシュートの2本だった。

メッシが悪いのではなく中盤の崩しがないバルセロナ

今シーズンの開幕からの連勝が4でストップしたバルセロナ。引いて中央を固めた相手を崩せないのは昨シーズンから変わっていない。 メッシの運動量が少なかったり、彼にボールが集まらないといった事を理由にあげる人もいる。それ自体は間違っていない。 しかし、今日のマラガをはじめ多くのチームがメッシを警戒しているので、そう簡単にはメッシも自由にはできない。 グアルディオラ時代はアンリやエトー、ペドロらFWをサイドいっぱいに広げてパスをつなぎ続けることで時間をかけて相手の陣形を崩してきた。 その後、相手のプレッシングや前線にFWを残してカウンターで逆襲といったバルセロナ対策を講じてきたことで、バルセロナもビラノバやマルティーノ時代には時間をかけない縦へ急ぐ攻撃が増えてきた。 これによって相手のカウンターにやられる回数は減ったものの、突破力のあるFW任せになってしまった事で、遅攻での攻撃パターンがメッシに依存することが増えた。 FWにボールをつなげることも大事だが、イニエスタやラキティッチらの中盤の選手が仕掛けてメッシやネイマールらのマークをひきつけなければ敵の守備を崩せない。 特にイニエスタは得意なラ・クロケッタ(ダブルダッチ)で崩すシーンが今シーズンは非常に少ない。 イニエスタやラキティッチ、今シーズンセルタから復帰したラフィーニャなどが崩さないとこの日のマラガのように中央を固められると苦戦する試合がでてくるでしょう。 ]]>

Categories
サッカー

ルイス・エンリケ=(グアルディオラ+マルティーノ)÷2【第3節】バルセロナ2-0ビルバオ

barcelona_bilbao_14091500barcelona_bilbao_14091500 リーガ第3節、バルセロナがホームに宿敵Aビルバオを迎えた試合は、バルセロナが一方的に攻めながらもビルバオも守備陣が耐えて無得点のままこう着状態が続いたが、後半、サンドロの激しいプレスからボールを奪い、ネイマールのゴールでバルセロナが先制すると、ネイマールがさらに1点追加してバルセロナが2-0で勝利した。

グアルディオラ<Lエンリケ<マルティーノ

今シーズンからLエンリケ監督が就任したバルセロナは、システムこそ昨シーズンと同じメッシが偽9番の4-3-3だが、昨シーズンのマルティーノのように縦へロングパスは少ない。 ボールポゼッションは高いが、グアルディオラ時代のこれでもかというほど細かいパスをつなぐわけでもない。 多くの選手がボールに絡みながら、FWだけでなくMFやSBが開いているスペースに走りこんで相手を崩していくようにシンプルだが積極的なプレーが目立つ。

中盤のラキティッチがチームを変える

ビルバオもCLに出場するほどの強豪だが、この日のバルセロナのボールポゼッションは59%とたいしたことはないが、ゴールチャンスはバルセロナの9回に対してビルバオはわずか2回と完全に圧倒した。 この理由は新加入のラキティッチにあった。 4-5-1のビルバオは左SHのムニアインがバルセロナの右SBのモントーヤに、左SBのバレンシアガやCBのラポルトがFWのペドロをマークする。 barcelona_bilbao_14091501 ラキティッチのマークは中盤のミケルリコやイトゥラスペがつくが、ラキティッチはあえてサイドに目一杯広がると、ミケルリコらがそのままついていくと偽9番のメッシがフリーになってしまうため、つくことができない。 ラキティッチがフリーになれば左SBのバレンシアガが慌てて対応することになる。その結果、前線にスペースができるので、ペドロやモントーヤが上がって右サイドを簡単に崩してしまった。

切り替えの速さの復活とラキティッチによる守備範囲の広がり

バルセロナは93-94シーズン以来となる3試合無失点と好調だが、この要因は、グアルディオラ時代のボールを奪われたら相手陣内でもすぐにプレスをかける積極的な守備が復活したからだろう。 これはペドロ、ムニル、ネイマールらのFWがよりゴールに近い場所でプレーするようになった結果、ボールを奪われてもすぐに守備に入れるようになったので、メッシの負担を軽減させている。 barcelona_bilbao_14091502 先制点の場面でも相手のCBに途中出場のFWサンドロがプレスをかけた結果、相手のパスミスを誘い、ゴールを奪っている。 もう1つは中盤のラキティッチの守備範囲だ。 昨シーズンまではシャビ、イニエスタ、セスクも運動量は豊富でも守備的ではなかったため、後方に抜けたボールはブスケッツがすべて担当しなければならなかった。それが今シーズンはラキティッチがボランチまで下がって守備に入るため、ボールの取る範囲が広くなった。これによってブスケッツも従来は中盤中央のみを守っていたのが、ラキティッチとダブルボランチのように守備範囲が広がった。 豊富な運動量が必要なため、怪我なく続けられる事が重要なポイントとなるが、今シーズンは代表の大きな大会がない事や、各ポジションに控えがいることなどから、優勝が十分期待できる。

ビルバオはベニャの復活がカギ

一方、この日のビルバオはまったくさえなかった。攻撃はサイドからクロスをあげてアドゥリスの1トップ頼みで、ムニアインのドリブルは警戒され、昨シーズンに攻撃の核として期待されて加入したベニャが今シーズンはトップ下を任されるも、周囲との連携が悪く、ムニアインやミケルリコのスペースを潰してしまい、逆効果だった。 デ・マルコスやイバイが活躍し、昨シーズンの2部得点王のビゲラがフィットすれば、昨シーズンにベニャを見切ってミケルリコを起用したように、新システムにする可能性もあるでしょう。 名将エルネスト・バルベルデ監督がベニャと心中するのか?それとも新たなシステムを採用するのか?今後のビルバオはそういう意味では楽しみです。 ]]>