Categories
ロードバイク

わずか4つ!初心者のためのクロスバイクのメンテナンス

クロスバイクの故障の原因は放置! 街乗りに最適なクロスバイクですが、ママチャリのように雑に扱っているとすぐに汚れたり、スピードが出にくくなったり、故障したりなどなど。結局使わなくなってしまうというマイナスのスパイラフに陥ってしまいます。そうならないように簡単メンテナンス方法を紹介します!

これだけやっておけばOK!

フレームとホイール

まずは一番簡単なフレーム(本体)の手入れ方法です。

フレームは下側を中心に毎回拭く

フレームは汚れないように見えても実は結構汚れます。砂埃があったり砂利道を走ったりすると砂がオイルにこびりつきます。 「フレームにオイル?」と思うかもしれませんが、ネジやフレームとフロントフォーク(前輪とフレームをつなげる上下の棒)の接着個所などにはさび止めや摩擦防止目的にグリスというオイルがついています。 メンテナンスと言っても乗った後に布(使い古したTシャツ)やキッチンペーパーでフレームやホイール全体を乾拭きして汚れを落とすだけでOK。 1つポイントがあるとすれば、フレームは見えない部分がよく汚れるので、フレームの下側はきちんと拭きましょう。

雨や泥で濡れたら洗車

雨の中走ったり、泥や水たまりなどを通った時は洗車をしましょう。水をかけるか自転車用の洗剤で洗います。この時も専用のブラシがあると便利ですが、なければ雑巾でも問題ありません。洗車したら水気はしっかりふき取りましょう。なお、チェーンも濡れるのでチェーンも一緒に洗い、洗車後はチェーンに注油をしましょう。 ちなみにワコーズのフォーミングマルチクリーナーは泡のクリーナーでこれをかけて布でふき取れば汚れが落ちるので、水がいりません。しかも、チェーンの汚れもこれで取れるのでこれ1つでクリーナーが事足りるのでとても便利で、私もこれを愛用しています。

チェーン

次に一番酷使するチェーンのメンテナンス方法です。

毎日乗り終わったらキッチンペーパーや布切れで拭く

チェーンの1か所をキッチンペーパーや布切れで覆い、ペダルを回しましょう。するとチェーンが動いて、キッチンペーパーでチェーンについた汚れをふき取ります。 また、後輪のギアの下にあるプーリーの部分を同じように覆って拭きましょう。

注油は月1回でOK

チェーンにオイル(油)を注さないと、チェーンの動きが鈍くなるので定期的に注さないといけません。でも、注しすぎるとチェーンに汚れが付きやすくなるので注しすぎは逆効果。では、どのくらいがいいのでしょう? 走る頻度や距離、注すオイルの種類によって違いますが、だいたい月1回くらいで良いでしょう。オイルも数多くありますが、ワコーズやフィニッシュラインが好評です。

チェーンの洗い方

洗車する際、チェーンは濡れますので必ずチェーンも洗いましょう。チェーンの洗い方は、
  1. 専用のクリーナーで油を落とす。
  2. ブラシ(歯ブラシでもOK)でチェーンとギアをくまなくこすって汚れを落とす。
  3. 水で流して布などで水気をしっかりふき取る
と簡単です。必要な用具はクリーナーとブラシです。クリーナーは自転車ショップに行けば必ず売ってますが、ワコーズが有名ですね。 こんな便利なブラシもあるのでおすすめです。

タイヤ

一番直す機会が多いのがタイヤでしょう。タイヤはとにかく乗る前に空気圧をチェックすることが大事です。空気圧メーターがついた空気入れは絶対に持っておきましょう。 空気圧は体重によって違ってきますが、6気圧~7気圧くらいが一般的です。女性や小柄な男性なら6気圧程度、身体が大きい人は7気圧くらいを目安にすれば大丈夫です。タイヤやチューブ、ホイールなどによって違いますが、前日に7気圧に入れても翌日になったら6気圧くらいまで下がるものもありますので、乗る前には必ずチェックしましょう。 また、タイヤと中に入っているチューブは劣化するので、パンクをしなくても定期的に交換しましょう。目安は4000km程度ですが、走行距離がわからなければ半年に1回程度です。

ホイールの外し方

クロスバイクからホイールを外す方法はとても簡単なので説明は省略します。動画を参考にしてください。
前輪(フロントホイール)
後輪(リアホイール)

パンクの修理方法

もしもパンクをしたときは最寄りの自転車ショップに行きましょう。1回あたり1500円程度で対応してくれます。ただし、タイヤも切れてしまった場合は+タイヤ代が2~3000円くらいかかります。 とはいってもクロスバイクのパンク修理はとても簡単です。予備のチューブ、空気入れ、工具キット、タイヤレバー、パッチキットがあれば外出先でも自分で修理できます。

ブレーキ

ブレーキは最初に調整しておけば変化することはないのであまりチェックすることはありませんが、タイヤ(ホイール)の回転を止めるブレーキシューがどんどんすり減っていきますので、ブレーキシューがすり減って無くなっていないかだけチェックしましょう。 ブレーキシューはメーカーやタイプによって異なるので、初回だけメーカーやショップに確認して、次回以降自分で購入するのがおすすめです。

重要なのは日々のチェック

最初は、「面倒くさい!」とか「大変だなあぁ」と思うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。せっかく買ったお気に入りのクロスバイクを長く乗るためにも、毎回乗る前、乗った後にはメンテナンスとチェックを行って事故や劣化を防ぎましょう。]]>

Categories
パーツ

CAAD10から異音が…BB30のメンテナンス

ミシッミシッときしむ異音が聞こえてきました。 平坦な道を走っているときは異音がしないので、 「うーん、気のせいかな?」 と思って数日やり過ごしていたのですが、踏み込む時にやっぱり異音がするので、BB30特有の異音が発生したのかなぁと悟りました。 購入して1か月後くらいに異音がしたので購入したショップに持ち込んで対応してもらったのですが、それから約半年で異音が再発してしまいました。再びショップで対応してもらおうと思ったのですが、最近私が引っ越したのでショップまで持っていくのは不可能。ほかのショップで有料で対応してもらうしかないかなぁ、と思ってたのですが、今後のまた発生することを考えると、自分でメンテナンスした方が良いなぁと思って、ネットで調べてみました。

BB30の異音の原因

BB30の異音の原因は簡単なつけ方にした構造によるもので、誰にでも何度でも起こるようです。グリスアップをすれば改善されるのですが、グリスが切れるとまた異音が出てしまいます。つまり、BB30を使う以上、永遠に付き合わなければならないようです。

BB30のメンテナンス方法

それではBB30のメンテナンス方法を紹介します。

左クランクを外す

六角レンチを使って、クランクアームを取り外します。 左クランク クランクを外すとクランク軸と左クランクの軸側が汚れているのがわかります。ここが汚れているって事はBB自体も汚れて異音がするって事でしょうか。 左クランク 左クランク 左クランクを外すと、薄いスペーサーのようなものが3枚ほど落ちてきますが、これはベアリングカバーなので、これらもウエスやキッチンペーパーなどで汚れをふき取り、順番通りに保管しておきましょう。 ベアリングカバー

右クランクを外す

左クランクをはずしたら、クランク軸をハンマーを使って外します。この時、ヘッド部分がゴム製のハンマーを使うと部品を傷めずに外せます。ゴム製ハンマーは100均でも売ってるもので十分です。 BB30 ゴムハンマー 軽く叩いても外れませんので、思い切って叩きましょう!どうしても怖い人はタオルでクランクやBBあたりを覆うと良いでしょう。BB30 ゴムハンマー クランク軸と右クランクは外れると地面にそのまま落ちてしまうので、気をつけましょう。 クランク軸&右クランク

左右ベアリングを取り出す

クランク軸と右クランクを外すと、中が空洞なのがわかります。この端についている緑色の部品(ベアリング)を外します。 外さずにこの表面部分を綺麗にしてグリスを塗りなおせばOKかもしれませんが、私は気になるのでベアリングも外します。本来ならばPARKTOOL(パークツール) BBベアリングツールセット BBT-30.3を使うのですが、これだけのために買うのは高すぎます。 [amazonjs asin=”B005JASD1Y” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”PARKTOOL(パークツール) BBベアリングツールセット BBT-30.3″] なので、今回はFSA BB30 Bearing Removal Tool BB-30で代用しました。 ベアリングリムーバーツール [amazonjs asin=”B008HONW7Y” locale=”JP” title=”FSA BB30 Bearing Removal Tool (品番:230-5011) BB-30 ベアリング取外し工具”] これをBB内部に入れて、棒を使ってハンマーで何度も強く叩くとベアリングが外れます。ただ、ベアリングがガッチリきつくはまっているので、相当強く叩かないと外れないので頑張ってください!! ベアリング

BB内部の洗浄

BBの中を見ると結構汚れているのがわかります。 BB30 これをキッチンペーパーで汚れをふき取りってグリスを塗ります。基本的にはこれで終了です。 BB30 CAAD10

ベアリング内の洗浄

BBから取り外したベアリングの表面についているシール(下記画像の緑色)をピンセットやカッターで外すと中からボールが見えてきます。※このシールに傷がつかないように気をつけて外してください。 ベアリング 中にボールを固定するパーツが入っているので、これも取り外してキッチンペーパーでふき取ります。ふき取ったらグリスを満遍なく塗りつけます。 ベアリング内部

ベアリングの取り付け

ここからが最大の難関です。ベアリングはBBと平行にきちんと圧入しなければなりません。PARKTOOL(パークツール) BBベアリングツールセット BBT-30.3で圧入すればよいのですが、高額なのでホームセンターで部品を購入してきました。 BB圧入自作 これら全部で500円程度でしたので、とてもお買い得です。 ベアリングのサイドにグリスをしっかり塗ってから、ベアリングをBBに平行になるように手で軽く入れます。 BB圧入ベアリング 次に、自作した工具で圧入します。 BB圧入 自作 逆サイドからも同じように圧入していきます。両方一気にやるのが大変な方は片方を大きめのワッシャーを使う事で、固定すると良いでしょう。 BB30ベアリング圧入自作 BBと平行になるようにゆっくり締めていきましょう。これが結構難しく、何度もやり直しました。 BB圧入 自作 完了ベアリングをつけたらベアリングの表面にグリスをつけて汚れが入るのを防ぎます。

クランクの取り付け

最後にクランクを右、左の順で取り付けます。この時、クランク軸や締め付け部分にしっかりグリスを塗りましょう。 あと、ベアリングカバーの取り付けも忘れずに。 これでBB30のメンテナンスが完了です。お疲れ様でした。
※当ページでのBBおよびベアリングのメンテナンスはあくまでも自己流なので動作を保証するものではありません。実際に行う際は自己責任で行ってください。]]>