Categories
サッカー

Aビルバオの強さは【第35節】ビルバオvsセビージャ

bilbao-sevillabilbao-sevilla ビルバオ 3-1 セビージャ 5分 1-0 スサエタ 53分 2-0 ムニアイン 73分 3-0 アンデル・エレーラ 79分 3-1 ガメイロ 1997-1998シーズン以来17年ぶりのCL出場を狙う4位のビルバオが、ホームのサン・マメスで5位セビージャを3-1で倒して、CL出場権の4位に大きく近づいた。

得点力の秘訣は飛び込みと精度

得点数5位で4位のセビージャとは1点差。要因はCFのアドゥリスがシーズンが進むにつれてフィットして、持ち味の高さが引き出されたからだ。 両サイドにはムニアイン、デマルコス、バレンシアガらのクロスの精度も高い。 そして、アドゥリスの後方からアンドレ・エレーラやミケル・リコらがアドゥリスが相手DFを引き連れて空いたスペースへ走りこむ事で、こぼれ球やマイナスのクロスに対応する。 この日も、2点目、3点目ともに右クロスに対して走りこんだものだった。

堅守の要因はボランチ

失点数も4位と堅守が光る。前線からの守備もあるが、ダブルボランチのミケル・リコの運動量とイトゥラスペの底での守備力が要因だ。 イトゥラスペは若手として注目が集まっているが、エレーラやムニアインと比べると注目度は低く、もっと注目されても良いのではと思うくらいチームの軸になっている。 [amazonjs asin=”4331518272″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”サッカー布陣図鑑 オールカラー! 観戦力を鍛える41のフォーメーション”]]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.