Categories
サッカー

チグハグな試合を締めるジョナス【第5節】バレンシアvsセビージャ

バレンシア 3-1 セビージャ 32 1-0 ジョナス 52 1-1 ガメイロ 73 2-1 ジョナス 82 3-1 ビクトル・ルイス

【概要】連動しきれないチグハグな展開

CL、ELに参戦しているにもかかわらずリーグ戦ではバレンシアは1勝4敗で16位、セビージャも2分2敗で19位とまさかの下位に低迷するチーム同士の対戦となった。 バレンシアは守備陣に不安を抱え失点が多く、セビージャはほぼ総入れ替えとなり噛み合わない攻撃陣が低迷の原因だが、この試合も両チームともこれらの課題が露呈する。 それでもバレンシアは問題の守備を攻撃力でカバーしようと両SBが上がって厚みのある攻撃を試みる。だが、クロスをあげてもゴール前のポスティガは競り勝てず、クロスを上げられないと次の展開が無いので、ゴールチャンスを作れない。 また、カウンターで前線のポスティガにボールが渡っても、ドリブル突破ができないポスティガはシュートしかなくチャンスをフイにしてしまう。 それでもこの日のバレンシアを救ったのはトップ下のジョナスだった。SHのフェデからのパスをゴール正面で合わせて先制すると、同点に追いつかれた後半には右サイドでジョアン・ペレイラからのパスを受けて切り替えてDFをかわすと、左足でファーサイドにシュートを決めて突き放した。 一方のセビージャは、前半はCFガメイロへパスを送るも精度が悪く、またフォローも少ないため、チャンスを作れなかったが、後半に入ると徐々に巻き返し、CKからガメイロのゴールで同点に追いつく。その後も流れはセビージャペースだったが、得点したガメイロを下げて中盤の選手を入れて、トップ下のマリンを1トップに据えたかと思えば、その後今度はMFを下げてCFを投入するなど不明瞭な選手交代とポジションチェンジを行ったためその間にバレンシアに再びリードされてしまった。 公式戦5試合ぶりの勝利を収めたバレンシアは、9位に浮上。一方、リーガで未勝利セビージャは最下位に沈んだ。

【勝負の分かれ目】相手の問題点の攻略

両チームとも状態は悪かったが、セビージャはガメイロやマリンら高さが無くスピード勝負の選手に対してロングボールが多く、質の良いパスを渡せなかったため、バレンシアの問題点であるCBに対して勝負をほとんど仕掛けられなかった。 一方バレンシアは両SH、SBが積極的に上がり仕掛けたりクロスを上げた。いずれも単発で厚みのある攻撃ではなく、崩したわけでもなかったが、流れの中からジョナスの個人技で2点決められた。

【セビージャの改善策】選手の特性を生かす組み合わせ

ネグレドやヘスス・ナバス(現マンチェスターC)のエースを失ったため、従来の戦い方はできない。新戦力にあった戦い方が必要になるが、1トップ候補のガメイロとバッカではネグレドとはスタイルがまったく異なり、お互いも異なる。また、テクニシャンマリンに似る選手もナバスとは異なる。そうなると、現有戦力で新戦術を考えなければならない。 腰痛は医者の言葉を信じるな! ]]>

Categories
サッカー

準備する力【第8節】アトレチコ・マドリードvsセルタ

アトレチコ・マドリード 2-1 セルタ 43 1 – 0 ジエゴ・コスタ 62 2 – 0 ジエゴ・コスタ 71 2 – 1 ノリート

【概要】これまでの結果がそのまま出た試合

7連勝中のホームのアトレチコが序盤から主導権を握る。ボールの位置に応じてハイプレスと引いた守備を使い分け、攻撃も速攻が使えれば前線のジエゴ・コスタめがけてロングボール、遅攻では中盤でショートパスをつないでサイドからえぐってチャンスを作った。 先制点は左サイドを抜けたフィリペ・ルイスからの折り返しをファーサイドでフリーのジエゴ・コスタが押し込むと、後半の追加点も自陣中央でボールを奪ったガビからのロングボール1本で抜けたジエゴ・コスタが相手DFに当たり勝ち、左足でGKの股下を抜いた。 一方のセルタはアトレチコのハイプレスに苦しみなかなか攻撃を組み立てられず、どうしてもカウンターやサイドでの縦パスが多いが、CFが孤立してキープできずにチャンスを作れない。 後半になってノリートを投入するなどして前がかりになったことで勢いづいたのは良かった。唯一の得点もパスが相手に当たって方向が変わったところにいち早く反応したノリートがループシュートを決めたので崩したわけではない。 しかし、きっかけとなったパスはバイタルエリアでのプレーであり、前半はそこまで持ち込むことすらできなかった。

【勝負の分かれ目】戦略の明確化と実践力の差

シメオネ体制で3シーズン目となるアトレチコは成熟度が非常に高い。 今日の試合も得点決めたのはどちらもエースのジエゴ・コスタだが、得点パターンは遅攻と速攻の両方で、さらにアシストも異なる選手であることからも、チーム全体で戦略が浸透していることが伺える。 そして、守備でもハイプレスでも引いてもどちらでも守れて失点したとき以外は相手にほとんどチャンスを与えなかった事からも、戦略がチーム内に浸透している事がわかる。 一方のセルタは、ルイス・エンリケ体制1年目なのでまだ結果が出てないのは仕方がないだろう。しかし、今日の試合でも強固な守備力を誇るアトレチコを脅かす戦術パターンをひとつも出せず、相手の術中に完全に嵌っていたため、終始手詰まり状態だった。

【セルタの改善策】得点パターンの確立

今シーズンまだ1勝しかしておらず、しかも勝利したベティス戦でも劣勢だった事を考えると現状は相当厳しい。 8試合の戦績(1勝3分4敗、8得点12失点)を見ると開幕直後は4試合で1勝2分1敗、7得点と決して悪くない数字だが、その後の4試合は0勝1分3敗1得点と散々な結果となっている。 安定して得点できないのは2部得点王で今シーズンから加入したシャルレスを生かしきれていない事が原因である。この試合でもシャルレスはアトレチコの両CBのゴディンとミランダに完全に抑えられていたが、それ以上に良い状況を周りが作れていないために、ボールがほとんどシャルレスに渡っていなかった。 アトレチコは速攻ならコケやスアレス、遅効ならガビやアルダ、サイドを突破するファンフランやフィリペルイスの両SBからパスが供給され、そのタイミングも常に狙っている。このように複数のパターンを確立しなければ、今後も厳しい戦いは続くだろう。 もしくは、シャルレスだけに頼らずにノリートなどの第2の得点源を作ることで、対戦相手に的を絞らせないのも戦略の1つだ。 この試合は、準備がしっかりできているアトレチコと、チームとして方針が定まっていないもしくは定まっていても選手が実践できないセルタでは、結果は試合前から決まっていたと言えるでしょう。 準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント ]]>

Categories
サッカー

迷えるレアル・マドリードのゴリ押し【第8節】レバンテvsレアル・マドリード

レバンテ 2-3 レアル・マドリード 57 1 – 0 ババ・ディアワラ 61 1 – 1 セルヒオ・ラモス 86 2 – 1 ナビル・エル・ザール 90 2 – 2 アルバロ・モラタ 94 2 – 3 クリスティアーノ・ロナウド レバンテの本拠地を苦手としているレアル・マドリードは、この試合も2ラインで強固な守備を敷き、高速カウンターをしかけるレバンテに苦しんだが、最後は強引なプレーで押しまくり何とか逆転勝利をつかんだ。 全くかみ合わず「華麗」のかの字もないほどひどい試合展開をしなければならないのは3つのポイントがある。

甘いカウンター対策とセルヒオ・ラモスの衰退

堅守速攻が売りのレバンテ。この日も高い身体能力のFWババ、サイド突破が得意なイヴァンシツ、テクニシャンのルベンの3枚によるカウンターで先制点を決めた。 この日のレバンテのカウンターは冴えていたが、レアル・マドリードの守備にも問題がある。レバンテのカウンターは前述の3人によるものがほとんどで、特にイヴァンシツはサイドからが多い。それに対してレアル・マドリードはSBが上がりすぎたり、DHによるサイドのケアがおろそかだった。 さらにレバンテの1トップババとトップ下のルベンが上がってきたときのマークが曖昧で、スピードがあるババに対してセルヒオ・ラモスは走り負けする場面もあった。 また、レバンテの2点目でもPA内でのファールを意識していたとはいえ、ナビル・エル・ザールのシュートをブロックできなかったのも大きなミスである。 セルヒオ・ラモスが衰退しているとなると、復帰したばかりのヴァランにかかる期待が大きい。

連動を求めるベンゼマと求めないクリスティアーノ・ロナウド

レアル・マドリードが煮え切らない原因の1つが噛み合わない攻撃陣だ。中でもFWベンゼマが得点できていないのが誰もが気にする点だろう。 チャンスで決められないベンゼマ自身にも問題はあるが、周囲との連係が大きな原因である。ベンゼマはサイズが大きいが前線で張り続けて得点するタイプではなく、スペースやボールの近くへ動いて崩しながら得点するタイプだ。 ところが今シーズンは両サイドのクリスティアーノ・ロナウドやディ・マリアはサイドに張り付き、彼らとの連携はMFイスコやDHのモドリッチが行う。そして彼らの組み立てがうまく機能していないので、ベンゼマがボールを触れるのはわずかだ。 もっとベンゼマを絡めた連携が出てこないとレアル・マドリードの攻撃は良くならない。

報われないイスコと後出しジャンケンなモドリッチ

今シーズン、鳴り物入りで移籍したイスコもベンゼマ同様に才能を発揮しきれていない。ドリブルとパスと空いたスペースへのフリーランで相手DFを崩すのが得意だが、いかんせん、他の選手がパスをもらいにスペースへ動かないので、攻撃が機能しない。 一方、似たタイプのモドリッチが活躍できているのは、彼の前に供給先のイスコがいるからであり、バイタルエリアのスペースに誰も走りこまないので、そこに彼が走りこんでいるからである。 イスコとモドリッチの関係が深まり、そこに両SHやFWが絡めば良い方向に進むだろう。 迷いながら、強くなる (単行本) ]]>

Categories
サッカー

メッシ欠場による課題は9番ではない?【第8節】バルセロナvsバジャドリー

バルセロナ 4-1 バジャドリー 10 0-1 ハビ・ゲレラ 14 1-1 アレクシス・サンチェス 52 2-1 シャビ 64 3-1 アレクシス・サンチェス 70 4-1 ネイマール 7連勝中のバルセロナと1勝3分3敗のバジャドリーに完勝した。 メッシ欠場のバルセロナはネイマールを中央に、左FWにテージョ、右にアレクシス・サンチェスを置く新布陣にチャレンジ。 ネイマール9番はひとまず成功。右FWもアレクシス・サンチェスが積極的に仕掛けて2得点でペドロとのポジション争いが激化する。 問題は左FW。テージョ精度の問題。ここが万全になればネイマール9番は使える。 守備はCKから長身FWハビ・ゲレラのヘディングシュートで先制され、セットプレーの弱点は相変わらず。マスチェラーノ、プジョールの怪我でバルトラを使わざるを得ない状況だが、これをポジティブに考えて彼が成長できればバルセロナの弱点を解消できるはず。

ネイマールCFの新布陣は次第点

メッシの負傷欠場でこの試合で初めてネイマールがCFに入り、左FWにはテージョが起用された。 これまではCFにセスクが起用されることがあった。セスクは中盤での組み立てに参加でき、前線にも飛び出せるので機能していたが、ネイマールはボールをキープできて個人でも仕掛けられるので、この試合でも序盤こそ得点できなかったが途中から中央でテンポの良いパス回しとドリブル突破でバジャドリー守備を混乱させた。 ネイマールはセスクよりもメッシとタイプが似ているので、ネイマールをCFに起用したほうがチームとして機能するだろう。

テージョの成長がバルサ三冠の鍵

ネイマールをCFに起用すべきもう1つの理由として、中盤のローテーションにある。バルセロナの攻撃的MFはイニエスタ、シャビ、セスクの3人を中心にして2つのポジションを回している。 若手のジョナタン・ドス・サントスやセルジ・ロベルトがいるものの積極的に起用するのはなかなか難しい。そこでセスクを前線で起用するとなるとシャビやイニエスタに負担がかかってしまうため、セスクはできるだけ中盤で起用してローテーションで回せるようにしたいところだ。 そうなると出場機会に恵まれているテージョがこの期間で結果を出せれば、ネイマール、メッシのどちらかが欠場してもテージョを心配なく左FWで起用できる。 右FWはこの日も2得点のアレクシス・サンチェスが好調なので、ペドロとの併用で心配無い。

バルトラの成長とピケの復調

バルセロナが三冠獲得に向けてもうひとつの不安材料がCBだ。現在、プジョールは長期離脱中、マスチェラーノも負傷欠場なため、若手のバルトラが起用されている。 才能は誰もが認めるところで先発出場したここ2試合でも1失点と次第点だが、まだGKバルデスに助けられている場面も多い。 また、ピケも以前に比べると不安定になってきているため、その面も含めてバルトラが成長すればマスチェラーノとピケ、そしてプジョールの4選手で回せるようになる。そうなるとピケもうかうかできなくなり以前のプレーを取り戻せるはずだ。 この夏のチアゴ・シウバやマルキーニョスをはじめ数シーズンCBを補強できなかったバルセロナにとって最後の砦ともいえるバルトラが、今年のバルセロナの優勝の鍵を握るだろう。 ]]>

Categories
サッカー

メッシ欠場による課題は9番ではない?【第8節】バルセロナvsバジャドリー

バルセロナ 4-1 バジャドリー 10 0-1 ハビ・ゲレラ 14 1-1 アレクシス・サンチェス 52 2-1 シャビ 64 3-1 アレクシス・サンチェス 70 4-1 ネイマール 7連勝中のバルセロナと1勝3分3敗のバジャドリーに完勝した。 メッシ欠場のバルセロナはネイマールを中央に、左FWにテージョ、右にアレクシス・サンチェスを置く新布陣にチャレンジ。 ネイマール9番はひとまず成功。右FWもアレクシス・サンチェスが積極的に仕掛けて2得点でペドロとのポジション争いが激化する。 問題は左FW。テージョ精度の問題。ここが万全になればネイマール9番は使える。 守備はCKから長身FWハビ・ゲレラのヘディングシュートで先制され、セットプレーの弱点は相変わらず。マスチェラーノ、プジョールの怪我でバルトラを使わざるを得ない状況だが、これをポジティブに考えて彼が成長できればバルセロナの弱点を解消できるはず。

ネイマールCFの新布陣は次第点

メッシの負傷欠場でこの試合で初めてネイマールがCFに入り、左FWにはテージョが起用された。 これまではCFにセスクが起用されることがあった。セスクは中盤での組み立てに参加でき、前線にも飛び出せるので機能していたが、ネイマールはボールをキープできて個人でも仕掛けられるので、この試合でも序盤こそ得点できなかったが途中から中央でテンポの良いパス回しとドリブル突破でバジャドリー守備を混乱させた。 ネイマールはセスクよりもメッシとタイプが似ているので、ネイマールをCFに起用したほうがチームとして機能するだろう。

テージョの成長がバルサ三冠の鍵

ネイマールをCFに起用すべきもう1つの理由として、中盤のローテーションにある。バルセロナの攻撃的MFはイニエスタ、シャビ、セスクの3人を中心にして2つのポジションを回している。 若手のジョナタン・ドス・サントスやセルジ・ロベルトがいるものの積極的に起用するのはなかなか難しい。そこでセスクを前線で起用するとなるとシャビやイニエスタに負担がかかってしまうため、セスクはできるだけ中盤で起用してローテーションで回せるようにしたいところだ。 そうなると出場機会に恵まれているテージョがこの期間で結果を出せれば、ネイマール、メッシのどちらかが欠場してもテージョを心配なく左FWで起用できる。 右FWはこの日も2得点のアレクシス・サンチェスが好調なので、ペドロとの併用で心配無い。

バルトラの成長とピケの復調

バルセロナが三冠獲得に向けてもうひとつの不安材料がCBだ。現在、プジョールは長期離脱中、マスチェラーノも負傷欠場なため、若手のバルトラが起用されている。 才能は誰もが認めるところで先発出場したここ2試合でも1失点と次第点だが、まだGKバルデスに助けられている場面も多い。 また、ピケも以前に比べると不安定になってきているため、その面も含めてバルトラが成長すればマスチェラーノとピケ、そしてプジョールの4選手で回せるようになる。そうなるとピケもうかうかできなくなり以前のプレーを取り戻せるはずだ。 この夏のチアゴ・シウバやマルキーニョスをはじめ数シーズンCBを補強できなかったバルセロナにとって最後の砦ともいえるバルトラが、今年のバルセロナの優勝の鍵を握るだろう。 ]]>

Categories
サッカー

なぜAマドリードはダービーを制することができたのか?【第7節】レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリード

Categories
サッカー

なぜAマドリードはダービーを制することができたのか?【第7節】レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリード

Categories
サッカー

なぜAマドリードはダービーを制することができたのか?【第7節】レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリード

Categories
サッカー

なぜアトレチコはファルカオを放出できたのか?【第5節】バジャドリードvsアトレチコ・マドリード

前線でポストプレーからドリブル突破まで1人でこなせるポストファルカオ Aマドリードはこのオフシーズンにファルカオをモナコへ移籍させた。この絶対的なエースを放出するには相当な勇気が必要だったが、それができたのはジエゴ・コスタがいるから、今日の試合はそれを証明した試合だった。 攻撃の組み立て時には二アサイドでポストプレーをしっかりこなして、低いラインのMFが上がる時間を作り、また前線へ前を向けばドリブル突破でゴール前まで持ち込む。奪われてカウンターを食らうというケースも少ないので、味方も上がりやすい。前節終了時の得点ランキングもメッシに次ぐ2位と結果も残している。 大物として加入したビジャがまったく影を潜めるほどこのポストファルカオが今シーズンのAマドリードを牽引している。

コケ、アルダ、ガビ、ラウール・ガルシアら中盤の展開力

前半両チームとも無得点で、枠内シュートも0本だった。しかし、後半になって大きな差が出たのはビジャに代わってアルダが入ってからだった。展開力と中盤からの飛び出しが武器のアルダが入り4-4-2から4-5-1へシステムを変えると、これまでジエゴ・コスタへのポストプレーか片方のサイドでの突破が多かったのが、アルダを経由して逆サイドへ展開したり、サイド攻撃にアルダが加わって数的優位を作り、押し込む回数が多くなった。その結果、終盤にバジャドリードが2点を追う展開になったにもかかわらず、後半のボールポゼッションはAマドリードの方が高かった事からも、アルダ加入による攻撃力の強化がわかる。

ゴディンとミランダを中心に最後まで切らさない集中力

シメオネ監督が就任して一番変わったといわれるのが選手のメンタリティだが、この試合でも前線のジエゴ・コスタも積極的に相手を追い、CBのゴディン、ミランダも中盤から相手FWのハビ・ゲラらを全力で削りに行き、バジャドリードに決定機を1本も与えなかった。下位であるバジャドリードであれば多少なりとも集中力が緩む時間帯もあるだろうが、90分間行えるのが今のAマドリードの強みだ。 なかでも、今シーズン初出場となった右SBのマンキージョもチャンスとあれば積極的に上がるも、守備もしっかり戻るのを最後まで緩めなかった。控えの選手も役割をこなしきらなければならない事を熟知しているのだから、チーム全体の意識が統一されているのだろう。 ]]>

Categories
サッカー

なぜアトレチコはファルカオを放出できたのか?【第5節】バジャドリードvsアトレチコ・マドリード

前線でポストプレーからドリブル突破まで1人でこなせるポストファルカオ Aマドリードはこのオフシーズンにファルカオをモナコへ移籍させた。この絶対的なエースを放出するには相当な勇気が必要だったが、それができたのはジエゴ・コスタがいるから、今日の試合はそれを証明した試合だった。 攻撃の組み立て時には二アサイドでポストプレーをしっかりこなして、低いラインのMFが上がる時間を作り、また前線へ前を向けばドリブル突破でゴール前まで持ち込む。奪われてカウンターを食らうというケースも少ないので、味方も上がりやすい。前節終了時の得点ランキングもメッシに次ぐ2位と結果も残している。 大物として加入したビジャがまったく影を潜めるほどこのポストファルカオが今シーズンのAマドリードを牽引している。

コケ、アルダ、ガビ、ラウール・ガルシアら中盤の展開力

前半両チームとも無得点で、枠内シュートも0本だった。しかし、後半になって大きな差が出たのはビジャに代わってアルダが入ってからだった。展開力と中盤からの飛び出しが武器のアルダが入り4-4-2から4-5-1へシステムを変えると、これまでジエゴ・コスタへのポストプレーか片方のサイドでの突破が多かったのが、アルダを経由して逆サイドへ展開したり、サイド攻撃にアルダが加わって数的優位を作り、押し込む回数が多くなった。その結果、終盤にバジャドリードが2点を追う展開になったにもかかわらず、後半のボールポゼッションはAマドリードの方が高かった事からも、アルダ加入による攻撃力の強化がわかる。

ゴディンとミランダを中心に最後まで切らさない集中力

シメオネ監督が就任して一番変わったといわれるのが選手のメンタリティだが、この試合でも前線のジエゴ・コスタも積極的に相手を追い、CBのゴディン、ミランダも中盤から相手FWのハビ・ゲラらを全力で削りに行き、バジャドリードに決定機を1本も与えなかった。下位であるバジャドリードであれば多少なりとも集中力が緩む時間帯もあるだろうが、90分間行えるのが今のAマドリードの強みだ。 なかでも、今シーズン初出場となった右SBのマンキージョもチャンスとあれば積極的に上がるも、守備もしっかり戻るのを最後まで緩めなかった。控えの選手も役割をこなしきらなければならない事を熟知しているのだから、チーム全体の意識が統一されているのだろう。 ]]>