Categories
ライド&トレーニング

多摩川サイクリングコースを満喫してからの横田基地へポタリング

メジャーな多摩川サイクリングコース 多摩川サイクリングコースといえば、東京都内でじっくり走れるコースとして有名ですね。特に世田谷や東京西部在住の人にとっては無くてはならないコースです。調布~羽田で往復50kmくらいなので、ちょっとした休日ライドにはもってこいです。 でも、府中より西側ってあまり知られていないんですよね。ということで今回は多摩川サイクリングコースを通って、横田基地まで走ってみました。

多摩川サイクリングコースの西部は道が狭い

※地図上の線は実際のコースと若干異なります。 今回は多摩川原橋をスタートして、府中方面へ向かって走りました。Y’sロード府中多摩川店あたりまでは道路幅も自転車が行き交う事ができるほど広いので、余裕を持って走れます。 しかし、立川あたりからは行き交うのもスレスレなほど道幅が狭かったり、急カーブなどもあるので、時速20kmくらいで走らないと厳しいでしょう。また、街灯もないので夜の走行は危険です。

ランチはやっぱりハンバーガー

福生といえば横田基地。アメリカナイズされた場所で、まるでアメリカに来たようなお店もたくさんあります。ということで、今回はzuccottoへ行ってきました。 zuccoto福生店 ハンバーガーセットは、 ・かぶりつくのが難しいほど大きなハンバーガー ・マクドナルドのMサイズくらいのポテト ・スープ ・ドリンク で1000円程度ととてもお得で、ハンバーガーだけでなく、パスタやピザなどもあって店内も広いので集団でライドした時にはおすすめのお店です。 zuccoto ハンバーガー さらに、帰りにはBLUE SEAL ICE CREAMでアイスを食べて帰ってきました。20種類以上から選べるのでとても迷いますよ。 blue seal ice cream ということで、多摩川サイクリングコースの西側も日中であればなかなかおすすめのコースです。]]>

Categories
インプレ ライド&トレーニング

ELITE ARION AL13(アルミ3本ローラー)でトレーニングしてみた【サイクリング】

ロードバイクトレーニング用の3本ローラー台をレンタルした事を書きましたが、実際に到着したので早速トレーニングしてみました。 ELITE ARION AL13

ELITE Al13に変更した理由

[amazonjs asin=”B00H72H962″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”MINOURA(ミノウラ) R800 LiveRoll 三本ローラー”] 当初は、MINOURAのR800 LiveRoll 3本ローラー台をレンタルしようとしましたが、とあるサイトにて3本ローラー台でも負荷装置がある方が良いというのを読んだので、ELITE ARION AL13をレンタルすることにしました。 [amazonjs asin=”B00AZSP2OG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”エリート ARION AL13(アリオンAL13) 3本ローラー台”]

騒音は問題なし

実際に使ってみて、騒音は洗濯機より小さい程度で、深夜でなければ影響や苦情はないと思います。 振動もガタガタ揺れたり、子どもが飛び跳ねるような大きな振動はありませんが、ズーンと重低音のような響きがありました。 ホームセンターで8個セットで1000円くらいで売っているポリエチレンのジョイント式のマットを敷いて試しましたが、あまり変化はありませんでした。 [amazonjs asin=”B0024QH3BM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”CBジャパン ジョイントマットシリーズ カラーマット 8枚組 チョコレート”] ですが、きちんとしたトレーニングマットのレビューを見てもそれほど効果が無さそうですので、ジョイント式のマットで十分かと思います。 [amazonjs asin=”B00DZJRZRY” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”MINOURA(ミノウラ) トレーニングマット 3 ブラック”] [amazonjs asin=”B0007TT7I0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ALINCO(アルインコ) エクササイズ フロアマット 厚さ 9mm EXP150″] 2F以上の階だったり、床が薄いマンションなどでは階下から苦情が来るかもしれませんが、3本ローラーのほかの商品と比べると騒音も振動もかなり少ないと思います。 MINOURA R700やR800、MOZ ROLLERなど低価格な3本ローラーの方が有名ですが、騒音や振動の事を考えると、ELITE ARION AL13がおすすめです。]]>

Categories
ライド&トレーニング

1000キロカロリー消費!!吉祥寺~新宿~池袋~成増コースがおすすめ

消費カロリー1000kcalを目指して!! 私の自転車の目的の1つがダイエットなのですが、カロリー計算の簡単な方法でMETS法というのがあります。運動別にエネルギー消費量をMETS数という係数にしたもので、時速16kmの自転車のMETS数は5、時速20kmの自転車のMETS数は8となります。 これを以下の計算式に当てはめます。 体重(㎏)×METS数×運動時間(時間)=消費エネルギー(kcal) 例えば体重60キロの人が時速20キロの自転車で2時間走れば 60(kg)×8(METS)×2(時間)= 960kcal を消費することになります。

脂肪1kg落とすには7000kcal必要

一方、脂肪を1g減らすには9kcal程度必要と言われており、そのうちの20%が水分なので、実質は7kcal程度必要になります。このことから1kg減量しようと思ったら、7000kcal必要になります。 そのため、毎日時速20kmで2時間走ると1週間で1kg落ちる計算になります。

時速20kmを出すには道選びが重要

と言うことで、時速20kmを安定して出せるルートを見つけなければなりません。もちろんGoogleMapなどのナビで探すのですが、ナビの使い方のポイントを紹介します。

ナビは徒歩にしない

ナビで徒歩にしてしまうと細い道や裏道が選ばれるので、一旦停止が多かったり、人と接触事故を起こす可能性もあります。さらには、横断歩道や階段も選ばれるケースもあるので要注意です。

ナビで車ルートを選ぶときの注意点

ナビで車にすると上記の問題は解消できるので、車でルート探しをしましょう。ですが、車で選ぶと急な上り坂や下り坂などが容赦なく選ばれます。1本隣の道を選んだり、ちょっとだけ遠回りをすれば坂を使わなくて済む道もあります。 また、環七道路や環八道路などは線路を越えるのに陸橋やトンネルなどを使うケースもあります。ここを自転車は通行禁止な場合が多いので、回り道をしなければなりません。 特にJR中央線や西武新宿線ではよくあるので気をつけましょう!

前半は平坦、中盤に急激なアップダウン

今回選んだルートはとりあえず40kmを満たすために作って実際に走ってみました。本当は途中の写真も撮るべきでしたが、夜に走ったので全然いい写真が撮れませんでした。

吉祥寺~新宿

吉祥寺を出発して新宿へは井の頭通りをひたすら南東に向かって走ります。環八道路との交差点をそのまま進み、6.5kmほど走ると右手には京王バスのバスターミナル、左手には最近人気のピザ屋MASSIMOTTAVIOや有名な大勝軒などが見えます。 ここをさらにまっすぐ走り、吉祥寺から7.5kmほどで国道20号線との交差点「松原」に着きます。井の頭通りとはここでお別れで、これを左に曲がり、国道20号線を走ります。首都高4号線の下なのもあって、車線が多いので走りやすいのですが、路上駐車も多いので、あまりより過ぎない方がいいでしょう。 ひたすらまっすぐ走ると左側には初台のオペラシティを通り過ぎ、さらには新宿駅にさしかかると若干の上り坂に入ります。これもそのまま進んで新宿駅のホームの上を通過し、坂を下るとすぐに「新宿四丁目」の交差点に入ります。ここを左に曲がりますが、もう1つ先の交差点を左折すれば「Y’sロード 新宿店」に着くので、寄りたい時はこっちのルートもおすすめです。

新宿~池袋

新宿四丁目から池袋までは明治通りをひたすら直進です。緩やかな下り坂が続きますが、学習院大学近くだけわずかですが急な上り坂があります。

池袋~成増

池袋駅ではJRの線路を越えなければならないのですが、自転車と人が通れる陸橋があるので、それを使いましょう。その後、国道254号線をひたすら北西に向かって走ります。 道も比較的舗装されているのと、急な上り下りが無いのでとても走りやすいです。

成増~吉祥寺

成増駅は国道254号線には接していないので国道254線をそのまま進むと、急な下り坂と上り坂があります。おそらく今回のルートでここが一番の難所です。この後は、「和光陸橋」で左折して笹目通りに入ります。その直後にもう1度上り坂があるのでここが正念場です。がんばりましょう!! 「谷原」の交差点を斜め右に入り石神井方面へ向かうパターンでも良いですし、曲がらずにそのまま進んで環八道路と合流しても良いでしょう。ただし、井荻駅の陸橋は自転車は通行禁止なので、直前の信号を右折して小道に入ると人と自転車しか通れない踏切があります。 そんな感じで走ったら40km強になりました。 ]]>

Categories
ライド&トレーニング

大阪市内横断 なにわ自転車道

運動不足解消に最適なサイクリングコース アラフォーからのロードバイク  初心者以上マニア未満のマル秘自転車講座 (ソフトバンク新書)大阪市内を横断するサイクリングコース「なにわ自転車道」を走ってきました。 本来のルートは大阪市内の赤川仮橋がスタートなのですが、わかりにくいので、城北公園付近あたりを出発する方が良いと思います。 その後、淀川沿いを走り続けますが、この間は川沿い(といってもテニスコートや球技場などがありますが)を走れるコースと堤防の上を走れる2つのコースがありますが、どちらでも進めるので好きな方を選んでください。 約6㎞走り続けると左手に神崎川が見えてきます。神崎川と淀川の合流地点(王子マテリア大阪工場が目印)を左折して神崎川沿いに入ると、そこからは川沿いにサイクリングやランニングに適したフラットな道路が御幣島駅付近の「神崎大橋南詰」の交差点まで約14㎞程度続きます。 最後、神崎大橋南詰~出来島駅付近までは車道沿いに作られたサイクリングロードを通りますが、車道沿いなので高低があるので注意しましょう。
(補足) なにわ自転車道のサイクリングコースをGoogleMpapで描いたのですが、サイクリングコースを指定できなかったので、なにわ自転車道のそばを通る一般道でルートを描きました。

サイクリング初心者になにわ自転車道をおすすめする6つのポイント

ロードバイク初心者やちょっと運動したいと言う方にはとてもおすすめなサイクリングコースです。

市内なので行きやすい

スタートも市内で、ゴールの出来島駅から市内までも数kmなので思い立ったらすぐに行けるのが魅力です。

車が通らないので気軽に走れる

淀川沿いも神崎川沿いも車が通れない道路なので、快適に走れます。

平坦なので疲れにくい

山道や田舎道ではどうしても上り坂がありますが、ちょっとした運動をしたい程度であればできれば避けたいですよね。 なにわ自転車道は坂と言う坂はほとんどありません!!

20㎞なのでちょっとした運動

城北公園~出来島駅まで約20㎞なので1時間もあれば走れてしまいます。往復すれば40㎞ですが、出来島駅~城北公園まで直接行けば30㎞弱なので、軽い運動にはちょうど良いでしょう。

川沿いなので気持ちいい

ほとんど川沿いなので、昼間でも暑すぎる事はありません。ただ、直射日光はガンガン浴びるので気をつけてください。

何かあってもサイクルショップが近所にある

初心者にとって心配なのはパンクやトラブルですよね。山道や田舎道ではサイクルショップがなかなか無いので何かあった時が心配ですが、なにわ自転車道近辺にはサイクルショップが至る所にあるので、心配無用です!! ※サイクルショップをGoogle Map内に登録しています。

温泉施設が近所にある

運動した後は温泉に入ってゆっくりしたいですよね。この近辺には10か所以上の温泉やスーパー銭湯などがあるので、温泉巡りもおすすめです!! ※温泉施設をGoogle Map内に登録していますので参考になれば幸いです。]]>