Categories
格闘技

UFC FIGHT NIGHTでドミニク・クルーズの王座復活なるか?!

TJ Dillashaw Dominick CruzTJ Dillashaw Dominick Cruz

ディラショーの移籍の影響は?

ドミニク・クルーズは2011年10月にバンタム級タイトルマッチでデメトリアス・ジョンソンに勝利した後、怪我により3年間試合から遠ざかっていたが、復帰戦では飛ぶ鳥落とす勢いだった水垣偉弥に1R完勝し、ランキング1位にまで一気に上がった。 それ以来1年4か月ぶりの試合になるが、前回も1Rだけだったとはいえ試合のブランクを感じさせなかったのでブランクは問題ないと予想される。 一方の王者TJディラショーは、昨年7月にヘナン・バラオンを倒して以来、7か月ぶりの試合となる。この間、ユライア・フェイバーらと別れを告げてチーム・アルファメールを去り、エレバーション・ファイトチームへ移籍した。 移籍についてはこちらでも書きましたが、ディラショーの調整やクルーズ対策が気になるところだ。 特にクルーズ対策としては、クルーズの唯一の敗戦はユライア・フェイバーの一本勝ちによるもので、その後クルーズはフェイバーにリベンジを果たしているがその時は判定だった。それだけにディラショーの移籍がこの試合にどう影響するかが最大のみどころでしょう。

今後の展開に影響するライト級対決

メインイベントのタイトルマッチに隠れているが、メインカードに組まれている元ライト級王者アンソニー・ペティスvs4位エディ・アルバレスの対戦も注目だ。 この試合が次期ライト級王座挑戦権になるだろう。しかし、3/5のUFC197ではライト級王座のハファエル・ドス・アンジョスvsフェザー級王者コナー・マクレガーの対戦が発表された。 長い苦労を経てペティスに完勝して王者になったドス・アンジョスと暴言と激しい戦い方に加え、パウンド・フォー・パウンドだったジョゼ・アルドを秒殺したマクレガーという豪華な対戦の勝者に挑めるわけだから、これだけ美味しい機会はそうそうありません。 一方のアルバレスもDREAMやDynamiteで活躍したので日本では有名だが、その後はBellatorを主戦場として青木真也にも勝利した。それでもUFCまでの道のりは長く、契約できたのは2014年でそれまで計28試合をこなした苦労人である。 UFCでは初戦でドナルド・セラーニに判定負けを喫したものの2015年6月には当時ライト級4位のギルバート・メレンデスに判定勝ちを収めている。 ここで1位のペティスから周囲が納得する勝利を収めることができれば次のライト級挑戦権を得られる可能性は十分ある。 しかし、ライト級ランキング2位で無敗、しかもドス・アンジョスに勝利しているハビブ・ヌルマゴメドフがいる。とはいえヌルマゴメドフは2015年10月のTUF 22 Finaleでランキング5位のトニー・ファーガソンと対戦予定だったが負傷欠場しており、復帰のめどはまだたっていない。格下との対戦だったことを考えると、ヌルマゴメドフが復帰していきなりタイトルマッチになることは予想しがたいので、ペティス対アルバレスの勝者が次の挑戦者になるのではないだろうか? そういった点でも今週末のUFC FIGHT NIGHTは見どころが多い大会となりそうだ。]]>

Categories
格闘技

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

ドミニク・クルーズドミニク・クルーズ

UFC178に水垣偉弥が登場!!

先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況で、マーク・ハントのアッパーや秋山成勲の復活、五味隆典の1R負けなど、終わってもまだ熱が冷めてない状態ですが、今週末のUFC178では、日本人で最もUFCタイトルに近い水垣偉弥が登場し、ドミニク・クルーズと対戦します。 現在、バンタム級5位の水垣偉弥がこの試合で勝利すれば、次は王座挑戦が濃厚でしょう。

水垣がUFC JAPANに出なかった理由

本来であれば水垣はUFC JAPANに登場していれば注目選手となっていたでしょう。今回のUFC JAPANのマッチメイクからすれば、本来であればメインイベントクラスですが、UFCをあまり知らない人たちの注目度を集めるためにはマーク・ハントというキャラクターは必要でしたので、五味隆典や中井りんクラスにはなっていたでしょう。 しかし、水垣自身が以前のインタビューで「UFC JAPANの出場とタイトルマッチのどちらかを選ぶならタイトルマッチを選ぶ」といった事をコメントしていました。 この事からも、UFC JAPANの誘いはあったと思いますがそれを蹴り、UFC側も将来のバンタム級のタイトルマッチを想定して強豪のドミニク・クルーズ戦をマッチメイクしたのだと予想できます。 バンタム級はヘナン・バラオンが宿敵ユライア・フェイバーを返り討ちにしたので、長期政権を築くかと思いきや、ユライアの後輩のTJディラショーにまさかの敗戦。 ヘナン・バラオンがディラショーに再戦する予定も、バラオンの欠場により、ディラショーはジョー・ソトと対戦し、防衛しています。 以前にこのブログで「水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?」で書いた時と状況は変わっていますが、水垣のポジションは変わっていませんので、王座挑戦は十分に可能性はあります。

元UFC&WEC王者ドミニク・クルーズ

水垣が勝利すれば王座挑戦の可能性が高まりますが、今回対戦するドミニク・クルーズは只者ではありません。 初代UFC世界バンタム級王者で元WEC世界バンタム級王者であるドミニク・クルーズは、これまで総合格闘技の戦績は19勝1敗と圧倒的な強さを誇っており、唯一の1敗も7年前のWEC時代のユライア・フェイバー戦であり、そのユライア・フェイバーにも2011年のUFC132のバンタム級タイトルマッチで勝利しています。 その他にも、現UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンや同級2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコールにも勝利しています。 ドミニク・クルーズは負けていないので本来ならば王者ですが、2014年2月のUFC169でバンタム級暫定王者ヘナン・バラオンと王座統一戦を、鼠蹊部の負傷で欠場したためバンタム級王座を剥奪されています。 最後の試合が2011年12月で今回は約3年ぶりの試合となるので、勝負勘がどこまで戻っているかは定かではありませんが強敵なのは間違いなく、水垣に勝利すればドミニク・クルーズが次期タイトル挑戦者となる可能性も高いでしょう。

長期戦になれば水垣有利?

ドミニク・クルーズは打撃もタックルもできるオールラウンダーですが、19勝のうち判定が12、TKOが6、一本が1と判定が非常に多いです。 一方の水垣も20勝のうち判定が14と判定が多く、UFCでの9試合も8試合が判定です。今度の対戦も順当に進めば判定までもつれるでしょう。 復帰戦となるドミニク・クルーズが3ラウンドを戦えるスタミナがあるかが疑問です。もし、スタミナに不安があれば水垣が有利になるのでは? 先週のUFC JAPANでのマーク・ハントのアッパーKOがまだ頭に焼きついていますが、今週末のUFC178が楽しみです。]]>