Categories
格闘技

柔術家ヴェウドゥムが打撃王マークハントを膝で制して暫定王者へ【UFC180】

ファブリシオ・ヴェウドゥムファブリシオ・ヴェウドゥム

王座ケイン・ベラスケスの初防衛戦が変更

UFC Fight nightのメインイベントはヘビー級王者のケイン・ベラスケス対ランキング1位のファブリシオ・ヴェウドゥムの初防衛戦が予定されていた。 しかし、ベラスケスが怪我により延期となってしまった。そこに、9月のUFC JAPANでランカーのロイ・ネルソンに勝利してランキング4位となったマーク・ハントに声がかかったのだった。

4位の元K-1王者マーク・ハントとヴェウドゥムの暫定王者決定戦に

試合3週間前の連絡にもかかわらずハントはすぐにOKし、会場である標高2000mのメキシコ・シティに移動して現地の高地に慣れるためにトレーニングを開始した。(ちなみにファブリシオ・ヴェウドゥムは3ヶ月前から乗り込んでトレーニングを積んでいた) UFCでの試合間隔は3~4ヶ月が一般的だが、わずか2ヶ月のハントにオファーを出したのか? 理由は2つ考えられる。1つはハントに前回の試合のダメージがそれほど無かったからで、もう1つは現在のヘビー級のランキングである。2位のジュニオール・ドス・サントスはケイン・ベラスケスに敗れており、12月のUFC Fight Nightで5位のスティペ・ミオシッチとの対戦が組まれている。 そして、3位のトラヴィス・ブラウンはヴェウドゥムに敗れており、6位のジョシュ・バーネットは2013年12月のUFC168でブラウンに敗れており、上位陣として可能性があったのは9月にアントニオ・シウバに勝利したアンドレイ・アルロフスキーくらいだった。

クロコップの師匠、柔術王ヴェウドゥム

ファブリシオ・ヴェウドゥムは2012年にUFCに復帰してからは4連勝と勢いに乗り王座長先見を獲得したが、総合格闘技歴は長く、過去にはPRIDEにも参戦していた。 寝技のスペシャリストといわれて、アブダビコンバットやブラジリアン柔術世界選手権で優勝しており、その当時の最強とも言われたミルコ・クロコップから寝技の師匠としてチーム・クロコップに加入していた時期もあった。 それ以上にヴェウドゥムの名を世界中に知らしめたのがストライク・フォース参戦時にエメリヤーエンコ・ヒョードルに勝利したことだろう。 また、柔術で有名なアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラにもUFCで勝利しており、ヒョードルとノゲイラの両方に勝利した唯一の選手として一目置かれている。

1Rからハントの打撃が炸裂

ヴェウドゥムとハントの暫定王者決定戦は、開始早々からハントのパンチが炸裂。開始1分でハントの右ストレートがヴェウドゥムの左テンプルにヒットして、ヴェウドゥムが倒れる。しかし、ハントは追い詰めることはせずに、再びスタンドとなる。 以前、ヴェウドゥムはヒョードルに勝利したときは上から攻められたときに下から腕ひしぎ三角固めをかけて勝利しており、ハントはこれを警戒していたのかもしれない。 その後も、ハントはロングフックで距離を縮めてからはアッパーなどでヴェウドゥムを倒しにかかる。 一方のヴェウドゥムも倒されてからは下から三角締めなどを狙おうとするも、ハントもさせまいとマウントでプレッシャーをかけて試合を優位に進める。

柔術王が膝蹴りで打撃王からTKO

2ラウンド目もハントが優勢で、ヴェウドゥムは突破口が見えなかった。 しかし、ヴェウドゥムがパンチを放とうとしたタイミングでハントが頭を下げたところで、ヴェウドゥムは飛び膝蹴りを放つ。 顎にもろに食らったハントは倒れてしまい、そこを間髪入れずに攻め続けたヴェウドゥムがTKO勝利した。

今後のヘビー級戦線

王者のケイン・ベラスケスは3月までに怪我を治さないと王座剥奪といわれている。 12/14のUFC Fight nightでランキング2位のジュニオール・ドス・サントスと5位のスティーペ・ミオシッチが対戦するため、この勝者が次期タイトル挑戦者となるだろう。 そのほかでは、3位のトラヴィス・ブラウンは12/6のUFC181でブレンダン・シャウブと対戦するが、ランキング外のシャウブに勝利してもドス・サントスとミオシッチの勝者よりも価値は低いだろう。 そうなると、前述のアンドレイ・アルロフスキーあたりが候補者となるに違いない。]]>

Categories
格闘技

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

堀口恭司堀口恭司9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本でのUFC。この試合の目玉はメインイベントのマークハントvsロイ・ネルソンの超ヘビー級対決やUFCの将来の王者候補と呼び声の高いマイルズ・ジュリーvs五味隆典、靭帯損傷の手術から約2年ぶりの試合となった秋山成勲の復帰戦などでしょう。

日本人でUFCタイトル戦に2番目に近い堀口恭司が完勝

私としては中井りんや五味の試合も楽しみではありましたが、一番は何といっても堀口恭司でした。 現在UFCで2連勝中で総合格闘技でも13勝1敗と抜群の戦績を残しています。UFCのフライ級ランキングも14位でこの試合で勝利すれば、来年にはタイトルマッチも期待できる状況でした。 堀口の対戦相手はUFCは1戦1敗でランキング外のジョン・デロス・レジェス。試合展開は格上の堀口の一方的な展開で、1ラウンド開始早々にミドルキックでレジェスは悶絶させると、その後も主導権を握り、左フックをきっかけにダウンさせると、最後はパウンドからパンチの連打でレフリーストップで勝利しました。 この日の日本人選手が勝利した試合では一番スッキリした試合でした。

挑戦者がいないUFCフライ級

現在、UFCフライ級は停滞気味です。 王者のデメトリアス・ジョンソンは2年以上前から6連勝中で、その中には1位のジョン・ドッドソンをはじめ、2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコール、5位のジョン・モラガ、7位のアリ・バガウティノフが含まれています。 4位のジュシー・フォルミーガは2位のベナビデスに、6位のジョン・リネカーもアリ・バガウティノフにそれぞれ敗れています。 9/27のUFC178で8位のクリス・カリアソが王座挑戦します。しかし、カリアソは3連勝中ですが、対戦相手はランカーではない上に、前戦のルイス・スモルカ戦は2-1の判定勝ちと辛勝です。さらに3連勝前にはランカー相手に連敗している事から、今回のタイトルマッチも王者のデメトリアス・ジョンソンが有利でしょう。

あと1勝でUFCフライ級タイトルマッチか?

ランカーで王者と対戦がない選手では、12位のダスティン・オルティスが2位のジョセフ・ベナビデスと今年11月に対戦します。 オルティスがベナビデスに勝利すればオルティスが次期挑戦者となる可能性が高いでしょう。 一方の堀口はランキングが13位なのでいきなりタイトルマッチとなる事はまず無いでしょう。しかし、次戦は上位ランカーが濃厚です。そこで世間に強烈な印象を与える勝利をすれば、ランキングも10位以内に入るのは確実で、次の王座挑戦者となる可能性もあります。 もしかしたら来年にUFC王者となる可能性も出てきたので楽しみです。 ]]>