Categories
格闘技

山中慎介がV9成功!世界9位がいよいよ海外タイトル戦へ!?

海外のボクシングマガジンRINGによればバンタム級全体でもランキング3位と相当な実力者です。だから、山中がここまで苦戦するのは仕方のない事だったのでしょう。

Pound for Pound

RINGでは全階級を統一したランキング「Pound for Pound」を発表しています。2015年9月22日時点でのランキングで山中はフロイド・メイウェザーとの対戦で世界中の注目を集めたマニー・パッキャオのすぐ下の第9位です。さらに上を見ると、クリチコ、リゴンドー、ゴロフキンと錚々たるファイターたち。この中に山中がいるということからも山中の凄さがわかります。 1位 ローマン・ゴンザレス 2位 アンドレ・ウォード 3位 セルゲイ・コバレフ 4位 ゲンナジー・ゴロフキン 5位 ギジェルモ・リゴンドー 6位 ウラジミール・クリチコ 7位 テレンス・クロフォード 8位 マニー・パッキャオ 9位 山中慎介 10位 ケル・ブルック

期待される海外統一戦

山中は現在WBCバンタム級王者ですが、WBA同級スーパー王者とIBO王者のファン・カルロス・パヤノとのバンタム級No.1を決める対戦も噂されてます。 これが実現して勝利すればさらに上がる可能性は十分にあります。 ただ、さらに上となるとヘビー級王者クリチコや昨年末に天笠尚を倒したリゴンドー、村田諒太と同じミドル級で無敗王者のゴロフキンなど誰もが1度は耳にしたことのある名前ばかり。世界No1への道は非常に険しいです。

世界No1はローマン・ゴンザレス

ちなみに1位は昨年八重樫東に勝利したローマン・ゴンザレス。昔で例えれば辰吉丈一郎がマイク・タイソンに挑んだ感じでしょうか?(階級は全く違いますが) そう考えると八重樫は試合には敗れてしまいましたが、挑戦したということだけでももっと評価されてもいいのかなと。]]>

Categories
格闘技

総合格闘技よりボクシングが“強い”理由

大金大金 格闘技の中で何が最強だと思いますか? モハメッド・アリ マイク・タイソン クリチコ兄弟 フロイド・メイウェザー  : ヒクソン・グレイシー アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ ケイン・ヴェラスケス ジョン・ジョーンズ アンデウソン・シウバ  : アントニオ猪木 ジャンボ鶴田 前田日明  :  : 男性ならだれもが1度は考えたことがあるのではないでしょうか? 個人的にはプロレス好きなので前田日明があと20年遅く生まれてきていれば。。。 なんて思ったりもしますが、今回の強さの基準はお金=ファイトマネーで考えてみます。 先日の日刊スポーツで、「サンピエールのファイトマネー4000万円」という記事がありました。具体的な金額も書かれていますし、他の試合で勝利した選手もファイトマネーが500万円と言われていましたので、この金額に大きな違いは無いと思われます。 その一方で、UFC CAREER FIGHTER EARNINGS(MMA Maestro)では、UFC選手の生涯獲得ファイトマネーのランキングが掲載されています。こちらでは、前述のジョルジュ・サンピエール(GSP)が4億4千万円で1位となっています。 懐かしいところでは21位にミルコ・クロコップが約1億9千万円でいますね。 もちろん収入はこれだけではないのですが、私は「えっ、これだけ?!」と思ってしまいました。 というのも、アメリカの華やかな格闘技とえばボクシング! 6階級制覇を成し遂げたマニー・パッキャオは1試合で20億円を稼ぐと言われていますし、ウェルター級王者フロイド・メイウェザーは1試合で40億円以上稼いでいます。 もちろん、彼らの強さは異常ですし、彼らのような選手はなかなか現れてこないでしょう。GSPも良い選手ですがメイウェザーとのファイトマネーが100倍も違うのには驚きました。 お金で比較すると、やっぱりボクシングが最強なのかなぁ、と思いました。 ]]>