Categories
格闘技

堀口恭司がUFCフライ級デメトリアス・ジョンソンに挑戦!!

堀口恭司対デメトリアス・ジョンソン堀口恭司対デメトリアス・ジョンソン

日本人4人目となるUFCタイトルマッチ

UFCフライ級8位の堀口恭司がモントリオールで日本時間4/26に開催されるUFC186でフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンに挑む事が決まった。日本人のUFCタイトルマッチは、宇野薫、桜井“マッハ”速人、岡見勇信に続いて4人目となる。 以前、このブログでも2015年にタイトルマッチがあるのでは?と予想していたが、それが現実のものになった。 ジョンソンは2014年9月のUFC178でクリス・カリアソに2Rにキムラロックで勝利して以来、7ヶ月ぶりの試合となる。一方の堀口は今年1月のUFC182でルイス・ゴーディノに判定勝ちして以来、約4ヶ月ぶりとなる。 当初このUFC186ではデメトリアス・ジョンソンの試合は組まれておらず、ウェルター級2位のローリー・マクドナルドと6位のヘクター・ロンバートの対戦が組まれていた。カナダ出身のローリー・マクドナルドの凱旋試合で、しかもマクドナルドが勝利すれば次は以前1度敗れているロビー・ローラーへのタイトルマッチという絶好の流れだった。 しかし、ロンバートが前の試合のUFC182でのジョシュ・バークマン戦の薬物検査で陽性となったため、試合が流れたと言われている。 ※その後、ローリー・マクドナルドは7/11にロビー・ローラーに挑戦する事が発表された。 ちなみに、最近では絶対王者のジョン・ジョーンズや先日復帰したアンデウソン・シウバをはじめ、ジョン・フィッチ、ヘクター・ロンバートなど薬物検査で陽性反応が出ている選手が多いです。

軽量級敵無し?!ジョンソン

「デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】」でも書いたように、デメトリアス・ジョンソンはフライ級の上位ランカーにほぼ勝利しており、もはや敵無しだ。 現在7連勝中で、約3年負けていない。最後に負けたのは先日3年ぶりの復帰戦で水垣偉弥に勝利した現バンタム級2位で初代UFC世界バンタム級、元WEC世界バンタム級王者のドミニク・クルーズだが、このときはバンタム級だったので階級差は正直否めない。 戦績は24戦21勝2敗1分と圧倒的な強さを誇っているが、21勝のうち、判定が9試合と多いものの、一本勝ちが8試合、KO勝ちが4試合と寝て良し立って良しと隙がない。最も接戦だったのがUFC152でのフライ級の初代王者を決めるジョセフ・ベナビデス戦で2-1の判定で初代フライ級王者に就いたのだが、この時はジョセフ・ベナビデスに押される展開だった。しかし、終盤にスタミナ切れをおこしたベナビデスに対してジョンソンは5Rに反撃できた底なしのスタミナが彼の強さを物語っており、以後防衛を続けている。

UFC4連勝、王者も認める堀口恭司

堀口はUFCで4戦全勝で2TKOと勢いがある。前回のUFC182でのルイス・ゴーディノ戦では圧倒しながら判定までもつれたものの、停滞しているフライ級ランカー陣の中では注目株である。 堀口の存在をデメトリアス・ジョンソン自身も気にしており、次の対戦相手になるのでは?と予想していた。
“I’m going to stay focused and wait for the next challenge. I’m pretty sure it might be [Kyoji] Horiguchi – he’s on a little hot streak there. He just beat Louis Gaudinot who’s coming off a year layoff, so I’m focused on myself and I’m training for the UFC to give me a call so I can get back to work.” 僕は集中して次の挑戦者を待っている。それが堀口恭司になるとかなり思っている。彼は連勝中だしね。彼は1年間ぶりの試合となったルイス・ゴーディノに勝利したばかりだから僕は自分の事に集中しているし、UFCの次の試合のために練習しているよ。
引用:http://www.bloodyelbow.com/2015/2/8/7999067/demetrious-johnson-on-next-challenger-im-pretty-sure-it-might-be

堀口が勝つなら序盤勝負

ジョンソンはUFCで5R戦では8試合のうち6試合で最終ラウンドまでもつれているが、堀口は5Rの経験がない。ジョンソンのペースが終盤になっても落ちない事をふまえると、堀口が勝つには最終ラウンドまでもつれない事が大前提としてある。 だが、フライ級王座を5度防衛中のジョンソンも立って良し、寝て良しでしかも速い。序盤にそう簡単に勝てるわけではない。 ジョンソンは素早いタックルから相手を倒したり、押し込んだりしてパンチや膝蹴りを得意としているので、まずはタックルをしっかり切るか、それにあわせてカウンターを合わせることで突破口を見出せるかがポイントになるだろう。]]>

Categories
格闘技

堀口が格下相手に手堅く4連勝!KOできなかったのはもったいない【UFC182】

堀口恭司 UFC182堀口恭司 UFC182

上位を狙う堀口がランク外の格下と対戦

UFC182では、フライ級で現在3連勝中でランキング11位の堀口恭司が元ランカーで現在はランク外のルイス・ゴディーノと対戦した。 1つでも順位を上げたい堀口としては元ランカーとはいえ格下相手に完勝してアピールしたいところだ。

手堅く行き過ぎKO逃す

1Rはゴーディノがボディを狙う。対して堀口はランキングが上とはいえ、それ以上の力の差があるかのように堀口は冷静にゴーディノの動きをじっくり見て、焦らずリスクが無い時に的確にパンチを放ち、主導権を握る。 2Rに入っても試合の流れは変わらず、堀口は右ストレートなどのパンチを当ててペースをつかむ。そして、終盤にパンチ連打から左ハイキックで顔面ヒット。だが、ゴーディノもわずかなところでずらして決定打にはさせていない。それもあってか試合後に「(相手を)見すぎてしまった」と堀口が反省するように、かなり相手を見すぎてしまい主導権を握っても手堅くいったために無理に追撃せずに、2Rも終了してしまう。 2R終了後、セコンドについていた山本KID徳郁が「ポイントはお前がリードしているから負けることはない!」と堀口にアドバイスしたように、KOされなければ勝利はほぼ手中に収めていた。 3Rに入るとポイントで劣勢なゴーディノが前に出る。しかし、余裕のある堀口はカウンター気味に前につめてパンチを放つ。ゴーディノが詰めると下がり、ゴーディノが止めると一気に詰めて放つ。まさに横綱相撲といった感じでこのラウンドも制す。 判定になったものの3-0の圧勝で堀口はUFCで4連勝を飾った。

インパクトを残せずランキング8位止まり

「KOしたい」と試合前に語っていた堀口は完勝したものの、KOしてもっとアピールしたいところだった。 フライ級のランキングは3つ上げて8位になったものの、7位には6月のUFC174でデメトリアス・ジョンソンに敗れたアリ・バガウティノフ、9位には9月のUFC178でタイトル挑戦で敗れたクリス・カリアソがいることで、UFCとしては堀口はデメトリアス・ジョンソンへの挑戦はまだ早いと考えたのでは?と推測できる。 となると、堀口がタイトル挑戦するには次の試合で上位ランカーと対戦して勝利しないと難しいだろう。今月、UFC183で3位のイアン・マッコールと6位のジョン・リネカーが対戦するので、この勝者が次の挑戦者となる可能性が高い。その次に堀口となれば良いのだが。。。 ]]>

Categories
格闘技

堀口恭司が年明けに格下ルイス・ゴーディノと対戦【UFC182】

ルイス・ゴーディノルイス・ゴーディノ

堀口恭司の次戦の相手がまたも格下

堀口恭司選手の次の対戦相手が2015/1/3のUFC182でルイス・ゴーディノに決まりました。 「堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!」にて、2015年にタイトル挑戦もあるかも?と書きました。 実際、7位アリ・バガウティノフ、9位ザック・マコウスキー、10位ティム・エリオットあたりが試合間隔からしても十分ありえるかと思っていただけにちょっと残念です。 上位ランカーの最終試合日
選手最後の試合日
ティム・エリオット2014年4月
バガウティノフ2014年6月
ジョン・リネカー2014年7月
ザック・マコウスキー2014年8月
※ジョン・リネカーは11月にイアン・マッコールとの対戦が予定されていましたが、1月に延期となりました。 堀口選手がUFC182で勝利したら、今度こそ上位ランカーとの対戦になってくれる事を期待したいです。]]>

Categories
格闘技

デメトリアス・ジョンソンが5度目の防衛でUFCフライ級の今後展望は?【UFC178】

デメトリアス・ジョンソンデメトリアス・ジョンソン 先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナではUFC178が開催された。

フライ級王者デメトリアス・ジョンソンに対戦相手がいない

メインイベントではマイティ・マウスことフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンが同級8位のクリス・カリアーソと対戦した。 先日、「堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!」でも書いたが、通常は8位の選手が王座に挑戦する事は稀なのだが、フライ級はほとんどの上位陣がデメトリアス・ジョンソンに敗れており、魅力的な挑戦者がいなかったので、わざわざ8位のカリアーソが挑戦することになった事情がある。 わざわざ8位と書いたが、8位でも本来はとても強い。例えば先日のUFC JAPANで五味隆典に完勝したマイルズ・ジューリーがライト級8位であることからも8位の強さがわかるだろう。

完勝!もはや敵無しのデメトリアス・ジョンソン

しかし、王者のデメトリアス・ジョンソンが強すぎるのだ。ジョンソンは1ラウンドからテイクダウンを奪って金網に押し付けると、終盤には強烈なパンチからのヒザ蹴りでカリアーソをTKO寸前まで追い込む。 そして2ラウンドに入ると、ジョンソンはスタンドでカリアーソを追い込むとカリアーソが足を滑らせ倒れる。ジョンソンはガードポジションからあっさりサイドポジションに移行すると、カリアーソの右腕を脚で抑えながらパンチやヒジを打ち下ろして、最後はカリアーソの左腕をキムラロックで極めた後に顔をまたいで絞り上げて5度目の防衛を達成した。

挑戦者がいないフライ級王者ジョンソンの今後

王者デメトリアス・ジョンソンは7連勝中で、その相手は現在のフライ級の上位ランカーばかりだ。 連勝記録
  1. 2012年6月8日 イアン・マッコール(現フライ級3位)
  2. 2012年9月22日 ジョセフ・ベナビデス(現フライ級2位)
  3. 2013年1月26日 ジョン・ドッドソン(現フライ級1位)
  4. 2013年7月27日 ジョン・モラガ(現フライ級5位)
  5. 2013年12月14日 ジョセフ・ベナビデス(現フライ級2位)
  6. 2014年6月14日 アリ・バガウティノフ(現フライ級6位)
  7. 2014年9月27日 クリス・カリアーソ(現フライ級8位)
今後王座挑戦の可能性があるのは、現フライ級4位のジュシー・フォルミーガだが、12月にジョン・モラガとの対戦が控えており、これに勝利したらジョンソンとの対戦があるかもしれない。しかしジョンソンはモラガに5Rで一本勝ちしていることからも、フォルミーガはモラガに完勝しないと王座挑戦は暗礁に乗り上げる可能性もある。最軽量級のフライ級は他の階級から移る選手はほとんどいないため、対戦相手が限られてしまうので、恐らく近い将来でジョンソンを脅かす選手は出てこないだろう。 そうなるとジョンソンは王座を返上して階級を上げる可能性も出てくる。ジョンソンが最後に敗れたのは2012年5月のイアン・マッコール戦で、その前にはドミニク・クルーズに判定で敗れている。この時はバンタム級の階級で対戦しており、ドミニク・クルーズが今後バンタム級王者になったら、ジョンソンとしてはその時の雪辱を果たすために階級を上げるかもしれないし、ファンもそれを望むだろう。 ]]>

Categories
格闘技

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

堀口恭司堀口恭司9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本でのUFC。この試合の目玉はメインイベントのマークハントvsロイ・ネルソンの超ヘビー級対決やUFCの将来の王者候補と呼び声の高いマイルズ・ジュリーvs五味隆典、靭帯損傷の手術から約2年ぶりの試合となった秋山成勲の復帰戦などでしょう。

日本人でUFCタイトル戦に2番目に近い堀口恭司が完勝

私としては中井りんや五味の試合も楽しみではありましたが、一番は何といっても堀口恭司でした。 現在UFCで2連勝中で総合格闘技でも13勝1敗と抜群の戦績を残しています。UFCのフライ級ランキングも14位でこの試合で勝利すれば、来年にはタイトルマッチも期待できる状況でした。 堀口の対戦相手はUFCは1戦1敗でランキング外のジョン・デロス・レジェス。試合展開は格上の堀口の一方的な展開で、1ラウンド開始早々にミドルキックでレジェスは悶絶させると、その後も主導権を握り、左フックをきっかけにダウンさせると、最後はパウンドからパンチの連打でレフリーストップで勝利しました。 この日の日本人選手が勝利した試合では一番スッキリした試合でした。

挑戦者がいないUFCフライ級

現在、UFCフライ級は停滞気味です。 王者のデメトリアス・ジョンソンは2年以上前から6連勝中で、その中には1位のジョン・ドッドソンをはじめ、2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコール、5位のジョン・モラガ、7位のアリ・バガウティノフが含まれています。 4位のジュシー・フォルミーガは2位のベナビデスに、6位のジョン・リネカーもアリ・バガウティノフにそれぞれ敗れています。 9/27のUFC178で8位のクリス・カリアソが王座挑戦します。しかし、カリアソは3連勝中ですが、対戦相手はランカーではない上に、前戦のルイス・スモルカ戦は2-1の判定勝ちと辛勝です。さらに3連勝前にはランカー相手に連敗している事から、今回のタイトルマッチも王者のデメトリアス・ジョンソンが有利でしょう。

あと1勝でUFCフライ級タイトルマッチか?

ランカーで王者と対戦がない選手では、12位のダスティン・オルティスが2位のジョセフ・ベナビデスと今年11月に対戦します。 オルティスがベナビデスに勝利すればオルティスが次期挑戦者となる可能性が高いでしょう。 一方の堀口はランキングが13位なのでいきなりタイトルマッチとなる事はまず無いでしょう。しかし、次戦は上位ランカーが濃厚です。そこで世間に強烈な印象を与える勝利をすれば、ランキングも10位以内に入るのは確実で、次の王座挑戦者となる可能性もあります。 もしかしたら来年にUFC王者となる可能性も出てきたので楽しみです。 ]]>