Categories
格闘技

UFC FIGHT NIGHTでドミニク・クルーズの王座復活なるか?!

TJ Dillashaw Dominick CruzTJ Dillashaw Dominick Cruz

ディラショーの移籍の影響は?

ドミニク・クルーズは2011年10月にバンタム級タイトルマッチでデメトリアス・ジョンソンに勝利した後、怪我により3年間試合から遠ざかっていたが、復帰戦では飛ぶ鳥落とす勢いだった水垣偉弥に1R完勝し、ランキング1位にまで一気に上がった。 それ以来1年4か月ぶりの試合になるが、前回も1Rだけだったとはいえ試合のブランクを感じさせなかったのでブランクは問題ないと予想される。 一方の王者TJディラショーは、昨年7月にヘナン・バラオンを倒して以来、7か月ぶりの試合となる。この間、ユライア・フェイバーらと別れを告げてチーム・アルファメールを去り、エレバーション・ファイトチームへ移籍した。 移籍についてはこちらでも書きましたが、ディラショーの調整やクルーズ対策が気になるところだ。 特にクルーズ対策としては、クルーズの唯一の敗戦はユライア・フェイバーの一本勝ちによるもので、その後クルーズはフェイバーにリベンジを果たしているがその時は判定だった。それだけにディラショーの移籍がこの試合にどう影響するかが最大のみどころでしょう。

今後の展開に影響するライト級対決

メインイベントのタイトルマッチに隠れているが、メインカードに組まれている元ライト級王者アンソニー・ペティスvs4位エディ・アルバレスの対戦も注目だ。 この試合が次期ライト級王座挑戦権になるだろう。しかし、3/5のUFC197ではライト級王座のハファエル・ドス・アンジョスvsフェザー級王者コナー・マクレガーの対戦が発表された。 長い苦労を経てペティスに完勝して王者になったドス・アンジョスと暴言と激しい戦い方に加え、パウンド・フォー・パウンドだったジョゼ・アルドを秒殺したマクレガーという豪華な対戦の勝者に挑めるわけだから、これだけ美味しい機会はそうそうありません。 一方のアルバレスもDREAMやDynamiteで活躍したので日本では有名だが、その後はBellatorを主戦場として青木真也にも勝利した。それでもUFCまでの道のりは長く、契約できたのは2014年でそれまで計28試合をこなした苦労人である。 UFCでは初戦でドナルド・セラーニに判定負けを喫したものの2015年6月には当時ライト級4位のギルバート・メレンデスに判定勝ちを収めている。 ここで1位のペティスから周囲が納得する勝利を収めることができれば次のライト級挑戦権を得られる可能性は十分ある。 しかし、ライト級ランキング2位で無敗、しかもドス・アンジョスに勝利しているハビブ・ヌルマゴメドフがいる。とはいえヌルマゴメドフは2015年10月のTUF 22 Finaleでランキング5位のトニー・ファーガソンと対戦予定だったが負傷欠場しており、復帰のめどはまだたっていない。格下との対戦だったことを考えると、ヌルマゴメドフが復帰していきなりタイトルマッチになることは予想しがたいので、ペティス対アルバレスの勝者が次の挑戦者になるのではないだろうか? そういった点でも今週末のUFC FIGHT NIGHTは見どころが多い大会となりそうだ。]]>

Categories
格闘技

水垣偉弥がドミニク・クルーズに完敗で王座挑戦へ二歩後退!【UFC178】

ドミニク・クルーズvs水垣偉弥ドミニク・クルーズvs水垣偉弥 先週、日本でUFC JAPANが開催されたばかりだが、アメリカのMGMグランドガーデン・アリーナではUFC178が開催され、日本人で王座に最も近いバンタム級5位の水垣偉弥が3年ぶりの復帰となる元王者のドミニク・クルーズと対戦した。

水垣偉弥がクルーズに何もできずに完敗

開始早々からクルーズが上半身を左右にくねらせながらパンチを放って距離をつめる。奇妙な動きからのパンチを水垣は警戒していたがなかなか慣れずに苦戦する。 そのパンチを警戒しすぎたためか、クルーズがオーバーフック気味のパンチの後のタックルをまともに受けてしまい、テイクダウンを奪われてしまう。クルーズは水垣の腕を押さえながら金網際でパンチを頭に集めて水垣を一気にTKO。水垣は何もできずに1R、わずか1分で試合が終わってしまった。

混迷を極めるバンタム級。タイトル戦線から2歩後退。

この試合で勝利したドミニク・クルーズはバンタム級の2位まで一気に上がり、パウンドフォーパウンドでも15位にランクインした。クルーズは本物だと世間にアピールできた。本来ならば次にでも王座挑戦もあるかもしれないが、王者のTJディラショーはヘナン・バラオンの再戦が延期になったので、すぐにタイトル戦ということはないだろう。同級3位のユライア・フェイバーや4位のハファエル・アスンソンあたりと対戦して勝利したら王座に挑戦する可能性が高いと考えられる。 一方の水垣偉弥はランキングを1つ下げて6位に後退した。上位にはバラオン、クルーズ、フェイバー、アスンソンらがディラショーとの対戦が必ず組まれるだろうから、ディラショーが王座を防衛し続けると2年近く王座挑戦のチャンスが無い。しかも、その間に水垣は別の選手との対戦が組まれて負けは許されない。 今回の敗戦で水垣の王座挑戦は1歩どころか2歩以上後退したと言えよう。それでも、チャンスは残されているから復活してほしいところだ。 ]]>

Categories
格闘技

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

ドミニク・クルーズドミニク・クルーズ

UFC178に水垣偉弥が登場!!

先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況で、マーク・ハントのアッパーや秋山成勲の復活、五味隆典の1R負けなど、終わってもまだ熱が冷めてない状態ですが、今週末のUFC178では、日本人で最もUFCタイトルに近い水垣偉弥が登場し、ドミニク・クルーズと対戦します。 現在、バンタム級5位の水垣偉弥がこの試合で勝利すれば、次は王座挑戦が濃厚でしょう。

水垣がUFC JAPANに出なかった理由

本来であれば水垣はUFC JAPANに登場していれば注目選手となっていたでしょう。今回のUFC JAPANのマッチメイクからすれば、本来であればメインイベントクラスですが、UFCをあまり知らない人たちの注目度を集めるためにはマーク・ハントというキャラクターは必要でしたので、五味隆典や中井りんクラスにはなっていたでしょう。 しかし、水垣自身が以前のインタビューで「UFC JAPANの出場とタイトルマッチのどちらかを選ぶならタイトルマッチを選ぶ」といった事をコメントしていました。 この事からも、UFC JAPANの誘いはあったと思いますがそれを蹴り、UFC側も将来のバンタム級のタイトルマッチを想定して強豪のドミニク・クルーズ戦をマッチメイクしたのだと予想できます。 バンタム級はヘナン・バラオンが宿敵ユライア・フェイバーを返り討ちにしたので、長期政権を築くかと思いきや、ユライアの後輩のTJディラショーにまさかの敗戦。 ヘナン・バラオンがディラショーに再戦する予定も、バラオンの欠場により、ディラショーはジョー・ソトと対戦し、防衛しています。 以前にこのブログで「水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?」で書いた時と状況は変わっていますが、水垣のポジションは変わっていませんので、王座挑戦は十分に可能性はあります。

元UFC&WEC王者ドミニク・クルーズ

水垣が勝利すれば王座挑戦の可能性が高まりますが、今回対戦するドミニク・クルーズは只者ではありません。 初代UFC世界バンタム級王者で元WEC世界バンタム級王者であるドミニク・クルーズは、これまで総合格闘技の戦績は19勝1敗と圧倒的な強さを誇っており、唯一の1敗も7年前のWEC時代のユライア・フェイバー戦であり、そのユライア・フェイバーにも2011年のUFC132のバンタム級タイトルマッチで勝利しています。 その他にも、現UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンや同級2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコールにも勝利しています。 ドミニク・クルーズは負けていないので本来ならば王者ですが、2014年2月のUFC169でバンタム級暫定王者ヘナン・バラオンと王座統一戦を、鼠蹊部の負傷で欠場したためバンタム級王座を剥奪されています。 最後の試合が2011年12月で今回は約3年ぶりの試合となるので、勝負勘がどこまで戻っているかは定かではありませんが強敵なのは間違いなく、水垣に勝利すればドミニク・クルーズが次期タイトル挑戦者となる可能性も高いでしょう。

長期戦になれば水垣有利?

ドミニク・クルーズは打撃もタックルもできるオールラウンダーですが、19勝のうち判定が12、TKOが6、一本が1と判定が非常に多いです。 一方の水垣も20勝のうち判定が14と判定が多く、UFCでの9試合も8試合が判定です。今度の対戦も順当に進めば判定までもつれるでしょう。 復帰戦となるドミニク・クルーズが3ラウンドを戦えるスタミナがあるかが疑問です。もし、スタミナに不安があれば水垣が有利になるのでは? 先週のUFC JAPANでのマーク・ハントのアッパーKOがまだ頭に焼きついていますが、今週末のUFC178が楽しみです。]]>

Categories
格闘技

ヘナン・バラオンまさかの陥落、TJディラショーが先輩の雪辱を晴らす

バンタム級王者バラオンの軌跡 絶対王者とも呼ばれパウンド・フォー・パウンドでも上位にランクされている王者ヘナン・バラオンは、プロデビュー戦で負けるものの、その後は連戦連勝。2011年5月に初めてUFCに登場してからも3連勝で、バンタム級暫定王座決定戦ではユライア・フェイバーに判定勝ちして暫定王者に輝く。その後2度防衛した後に、正規王者であったドミニク・クルーズが負傷欠場したことで正規王者となり、ユアイア・フェイバーとの再戦では1ラウンドでTKO勝利したことで正規王者として初防衛を果たした。 ここまで連勝を32まで伸ばしてきた。

フェイバーのチームメイトのTJディラショー

一方の挑戦者のTJディラショーはレスリング出身で、ユライア・フェイバーと同じチーム・アルファメールに所属し、チームメイトです。それもあってか、ユライア・フェイバーがバラオンに敗れた後、次は「TJディラショーが挑戦する!」とアピールしたそうです。 観客が興味を引くストーリーが大好きなディナ・ホワイトCEOですから、これに乗らないわけがありません。ということでタイトルマッチが決まりました。

UFC TUFで勝ち上がったTJディラショー

TJディラショーはTUFシーズン14で勝ち上がってきた選手ですが、決勝戦ではジョン・ダドソンに敗れています。 ちなみにジョン・ダドソンはUFCで2連勝してフライ級タイトルマッチでデメトリアス・ジョンソンに挑戦していますが、5ラウンド判定で0-3で敗れています。しかし、その後は2連勝し、フライ級ランキングも1位をキープしているので、もうそろそろタイトルマッチが組まれてもおかしくないでしょう。 ディラショーはTUFで優勝できなかったからというわけではありませんが、強烈な人間性があるわけでもなく、これといって他を圧倒する武器も無かった事もあって、世間の評価は決して高くありませんでした。

ディラショーの勝因は1ラウンドのパンチ

今最も勢いに乗っているバラオンに対して、なんだか分からないディラショーの対戦ということで、試合前の予想は「バラオンが何ラウンドでディラショーを倒せるか?」という点に関心が集まっていたと思います。 ところが試合が始まるとその予想が一転します。 開始早々はバラオンが攻め立てますが、ディラショーが反撃した右オーバーハンド気味のパンチがバラオンにヒットすると、バラオンはふらつき攻勢は逆転。 2ラウンド以降もバラオンは反撃するもいつもの余裕さや力は無く、逆にディラショーがテンポの良いパンチやキックでバラオンのスタミナを奪っていきます。 そして5ラウンド、判定でも確実に優勢なディラショーは攻め続けてパンチ、ハイキックでバラオンを倒すと、最後はパウンドで仕留めてレフリーストップで勝利しました。

勝因の裏には元K-1ファイター

ディラショーが優勢に試合を運べたのは1ラウンドの右パンチだったでしょう。 しかし、ディラショーはこれまでパウンドでの勝利はあったものの、パンチでKOしたことは無かったことからもわかるように、パンチが強いという印象はありませんでした。 ところが、この試合では面白いようにパンチがあたりバラオンをふらつかせました。ここまで成長したのには、元K-1ファイターで武田幸三にも勝利したドゥエイン・ラドウィックの存在があります。 打撃に定評のあるラドウィックがチーム・アルファメールのコーチをしてきたことでディラショーの打撃力は大きく成長しました。 しかし、そのラドウィックもこのチーム・アルファメールを去る事が決定しています。ディラショーやユライア・フェイバーらの打撃力の今後変化に注目です。

今後のバンタム級戦線、水垣偉弥にチャンスはあるのか?

この結果で、ランキングはこのように変わりました。 今後のタイトルマッチの可能性については、以前水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?で書いたとおり、3位のラファエル・アスンソンが一番可能性が高いと思われます。 王者 TJディラショー 1位 ヘナン・バラオン・・・対戦済 2位 ユライア・フェイバー・・・チームメイト 3位 ラファエル・アスンソン 4位 マイケル・マクドナルド・・・ユライアに敗戦 5位 エディ・ワインランド・・・5月にジョニー・エドゥアルドに敗戦 6位 水垣偉弥 しかし、水垣選手ももう1試合勝利すれば、次はタイトルマッチになるのでは?と思われます。 ここ最近、他の階級も王者が交代していることもあり混沌としつつあります。その流れに乗って水垣選手にはぜひ王者になってもらいたいところです。 ]]>

Categories
格闘技

水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?【UFC173】

水垣偉弥vsフランシスコ・リベラ水垣偉弥vsフランシスコ・リベラ

水垣偉弥がフランシスコ・リベラに完勝

先日行われたUFC173では、日本人でもっとタイトルマッチに近い選手、バンタム級6位の水垣偉弥が10位のフランシスコ・リベラと対戦した。 試合後のインタビューで水垣は「相手の強いパンチに不安があった」との事だったが、パンチ力があるリベラ相手に果敢に打ち合い、1Rでは右パンチでダウンを奪い主導権を握る。その後、一時は首を極められそうになったシーンもあったが、パンチやパウンドで試合を有利に進めた。 TKO勝利はなりませんでしたが、判定30-27が2人、29-28の3-0で文句なしの完勝。

次はいよいよタイトルマッチ?

これで水垣は5連勝だが、5連勝と言うのはとても重要な意味を持っている。 というのも、今ところこの階級で5連勝以上しているのは王者ヘナン・バラオンが7連勝、3位のラファエル・アスンソンが6連勝の2人だけ。 しかも、同じ日に行われたタイトルマッチで、TJディラショーが番狂わせでヘナン・バラオンに勝利して新王者となったため、現時点で水垣よりも連勝記録を伸ばしているのはアスンソンだけになる。 こうなると6位の水垣のタイトル挑戦がとても気になるところだ。狙い目は9月の日本開催での王座挑戦は現実的なのか?検証してみます。

開催時期とスケジュールはベストタイミング

水垣が日本開催でタイトルマッチができるポジティブな要素は3つある。 1つ目は開催時期。日本開催は9月上旬で、今回のタイトルマッチで勝利したTJ・ディラショーの試合間隔が4か月となるのでタイミングとしてはベストだ。 2つ目のポジティブな要素は戦績。水垣のUFC戦績は7勝2敗で現在5連勝中。しかも、この連勝にはエリック・ペレスやフランシスコ・リベラといったランカーも倒しているので、実績としては十分だろう。 ○ ルーベン・デュラン 5分3R終了 判定2-1 2011年3月3日 × ブライアン・ボウルズ 5分3R終了 判定0-3 2011年7月2日 ○ コール・エスコベド 2R 4:30 TKO(パウンド) 2011年9月24日 × クリス・カリアソ 5分3R終了 判定0-3 2012年2月26日 ○ ジェフ・ホウグランド 5分3R終了 判定3-0 2012年11月10日 ○ ブライアン・キャラウェイ 5分3R終了 判定2-1 2013年3月3日 ○ エリック・ペレス 5分3R終了 判定2-1 2013年8月28日 ○ ナム・ファン 5分3R終了 判定3-0 2013年12月6日 ○ フランシスコ・リベラ 5分3R終了 判定3-0 2014年5月24日 3つ目は日本開催での注目の試合がない事だ。前回の日本開催のメインマッチは日本でおなじみのヴァンダレイ・シウバの激しい打撃戦だった。ファンの興味をひきつけるマッチメイクで有名なダナ・ホワイト代表のことだから、今回も日本にゆかりのある選手を起用するのは間違いない。ところが、日本人だけでなく外国人でも今のところタイトルマッチができそうなファイターは見当らない。 そうなると水垣のタイトルマッチを目玉にするのは自然の流れでは?

目の上の瘤、ラファエル・アスンソン

しかし、問題がないわけではない。難題はラファエル・アスンソンだ。現在ランキング3位のアスンソンは水垣よりも1つ多い6連勝中である。 現在のバンタム級のランキングは以下のようになっている。 王者 TJディラショー 1位 ヘナン・バラオン 2位 ユライア・フェイバー 3位 ラファエル・アスンソン ここで重要なのが関係性だ。今回、王座に就いたディラショーはフェイバーと同門で、前回のタイトルマッチでフェイバーはバラオンに敗れた際に、「次はディラショーが挑戦する」という流れになった経緯がある。また、同門では勝負しないという風潮がUFCではあるので、ディラショー対フェイバー戦は無いだろう。 となると、バラオンのリマッチが考えられるが、今回はバラオンが完敗したため復帰までに多少時間が必要だ。 そうなると、3位のアスンソンにチャンスは巡ってくるのが順当なところ。しかも、アスンソンは過去にTJ・ディラショーに勝利している。ただし、判定が割れているので本当に強いのはどっち?的な面白い要素も含まれる。このようなことからアスンソンがタイトル挑戦するのが有力だろう。 ただし、アスンソンのタイトルマッチにも不安要素はある。それは、試合間隔だ。過去の試合スケジュールからすれば、次回は6月頃に行われると予想される。そして、その次にとなると10月頃になるので、今度はTJ・ディラショーの試合間隔がかなり空いてしまい、タイミングが合わない。 WOWOWの放送でゲストで出演していた川尻達也が「『試合後に俺が次に挑戦する!』って言って欲しかったですね」と言っていたが、確かにそれくらいのことをしていれば周囲にインパクトを与える事ができて、アスンソンよりも先に来たのかもしれません。]]>