Categories
パーツ

ステムの交換方法とよくある3つのトラブル解決法

ハンドル位置を変えるステム ロードバイクに乗るときに自分の適正サイズを測ってから購入すると思いますが、乗っていて 「なんだかハンドルが近い(遠い)なぁ」とか「ハンドル位置を下げたい(上げたい)なぁ」と思ったことはありませんか? そんな時に使うのがステムです。

ステムとは

フロントフォークの上端とハンドルバーの真ん中をつないでいるパイプ状の部品の事で、ハンドルの動きをフロントフォークを通して前輪に伝える役割があります。ステムの形状がフレームとハンドルバーの位置関係を決定し、素材はアルミ合金またはクロームモリブデン鋼が主流であるほか、ロードバイクにおいてはCFRP(カーボン繊維)を使用したものもあります。
(引用元:Wikipedia) 「ノーマルステム」と「アヘッドステム」がありますが、ロードバイクに使われるのは「アヘッドステム」なので、ここでは「ステム」といったら「アヘッドステム」のを指します。

ステムの付け方

今回はCAAD10についていた80mmのステムから知人からもらったBontragerの110mmのステムに付け替えます。 ステム ステム 124g→166gと42gも増えてしまいましたが、110mmが合えばもっと軽いステムを買う予定です。

ステムキャップを外す

まずは、ステムの上についているステムキャップを六角レンチで緩めて外します。この時の締め付けの強さを覚えておくと最後に締め直す時の目安がわかります。ステムキャップ ヘッドキャップ ステムの下に「プレッシャープラグ」という固定器具があるので、間違ってそっちを緩めないように気をつけてください。 ※レンチの太さが違ってプレッシャープラグの方が細いレンチを使います。 プレッシャープラグ

ステムからハンドルを外す

次にステムからハンドルを外します。ステムには4本のネジで取り付けるケースが多いですが、普通に外してください。この時、ハンドルの角度とハンドルとステムが付いていた位置を覚えておきましょう。新たに取り付けるときに必要です。 ステムハンドル外し ステムとハンドル取り外し

スペーサーとステムを取り外す

ステムキャップを外したら、続けてスペーサーとステムを取り外して、新しいステムを入れます。 ステム取り外し その際、ステムの向きを間違えないようにしましょう。 ステム ステムは先が下がる(下向き)に付けます。角度が7度くらいしか無いのでわかりづらいですが、下向きに付けるとステムとハンドルがほぼ水平になります。逆に付けるとかなり上向きになるので、間違えたときの方がわかりやすいでしょう。 ステム向き

ステムにハンドルを付ける

ステムを取り付けたら、ハンドルをステムに取り付けます。ステムのハンドル側についているネジを外して、ハンドルを取り付けます。
  1. ステムとハンドルの位置をまず確認します。
  2. 取り付け位置が決まったら軽く締めます。
  3. 角度を決めたらステムのネジをしっかり締めてハンドルを固定させます。

ステムキャップを付ける

最初に外したステムキャップを取り付けます。取り外した時に使った六角レンチで締めるだけです。締め付けの強さを忘れてしまった場合は、とりあえず力を入れずに回して回らなくなる程度から1/4回転程度回せば良いと思います。 ステムキャップ

ステムキャップが締まらない

よくあるトラブルの1つに、ステムキャップが締まらずスカスカ回ってしまう事があります。これは、コラム(ステムの内側の筒)の内側にあるプレッシャープラグが外れている可能性があります。 プレッシャープラグ 取り外すとこんな感じです。 プレッシャープラグ さらに緩めて分解するとこんな感じです。 プレッシャープラグ ステムキャップを外す際に誤ってプレッシャープラグを外さないのが良いのですが、ステムの取り付け部分の高さ(ステムハイト)が変更前と変更後で異なる場合、スペーサーを変えたりしなければならず、それでも合わない場合はプレッシャープラグの位置を変えなければならないケースがあります。

きしむ音がする

ステムを付け替えたところでさてライド!と思って坂道でダンシングしたりすると、フォークやハンドルあたりからきしむ音が聞こえてくることがあります。 これは、ステムやプレッシャープラグ、ハンドルの締め付けが弱い時に起きる事が多いです。

フロントフォークがガタつく

2つ目にフロントフォークやハンドルがガタつく事があります。これも締め付けが原因ですが、場所ではなく締め付けの順序がポイントです。
  1. フォークやステムに隙間ができないようにしっかりはめます。
  2. コラムスペーサーを入れ替えてステムの高さを合わせます。コラムよりもステムやスペーサーの方が1~3mm上に飛び出していないと締め付けが効かないので注意しましょう。
  3. ステムの向きを合わせてステムのネジを軽く締めます。ここで重要なのはステムの位置を固定出来る程度にだけネジを軽く締めることです。
  4. トップキャップについているネジをフォークとフレームの間のすき間がなく、がたつかなくなる程度に締めます。このとき手順2でステムのネジを強く締めてしまっていると、トップキャップのネジをしめてもがたつきはなおりません。
  5. ステムのネジをしっかり締める。
これでガタつきがなくなります。 この3つのポイントさえ注意すればステムの取り付けは簡単です!!]]>

Categories
ロードバイク

ポジションの悩みをバイオレーサー5000で解消!!

  • 腕がきついからサドル~ハンドルまでの距離が短いのでは?
  • 現在がほぼ水平で前傾しにくいからハンドル位置を下げるべきか?サドルを上げるべきか?
  • ペダリングを変えたことでサドルの高さと位置は正しいのか?
  • と悩み始めました。 知り合いに相談しても、「乗りながら自分で少しずつ調整していくと、『これだっ』というポジションが見つかるよ」といわれるだけで果たして何から調整して何が良いのかがわかりません。 お店で相談するにしても、店員の考え方がそれぞれ違うので回答は十人十色。だから相談する前に、信頼できる店員を見つけなければなりません。 自分に適したポジションを知るにはスペシャライズドのBODY GEOMETRY FITが有名で、中身もしっかりしているようですが、20,000円~とそれなりの値段なので、ちょっと手を出しにくいです。

    手軽に調べられるY’sロードのバイオレーサー

    「20,000円は出せないけど、手軽に調べたい」と思って調べていたらY’sロードでバイオレーサー5000という測定サービスを発見。5,000円で、
    • 身体(身長、肩幅、両腕、股下)、ペダルとシューズの高さを測定
    • 45万件のデータベースを元に実車の変更案を数値化
    • 適正サイズのバイク上に、ポジションを再現する際の注意点やステム長などパーツについてアドバイス
    と盛りだくさんな内容だったので、早速予約して実施しました。
    バイオレーサーの結果サンプル
    当日は10分ほどアンケートを記入し、持参したレーパンを履いて15分ほどの身体測定を行いました。その後30分くらいでデータベースから数値を算出したり、実車のポジションや角度、長さなどを測り、適正サイズとの比較を表にまとめてくれます。 最後に、結果を元にアドバイスを行ってくれましたが、私の場合はサドルとペダルあたりはそれほど変更する必要がなかったため、バイクを固定ローラーに乗せて実際に軽くペダリングしてフォームとポジションをチェックしてくれました。

    バイオレーサーの感想

    結果として出てきた数値は自分の予想どおりで、ハンドルが近くてサドルとハンドルの高低差も必要と出ました。ただ、高低差を結果どおりにするにはヘッドスペーサーを取るだけでなく、トップキャップも変更する必要があるほどでした。 ハンドル~サドルの距離を変えるにはステムを変えなければならないのですが、結果どおりの長さにするとロードバイクのバランスが悪くなると店員からアドバイスをもらいました。 数値を鵜呑みにするとこういった問題があるため、店員がアドバイスしてくれるのも参考になります。 また、簡単ですがフォームとポジションもチェックしてくれて、サイズ変更する際の目安をアドバイスしてくれたので、実際に変更する際に適正なのかの判断できるようになりました。 バイオレーサーは1,000円コースと実際に筋力や柔軟性を見て行うプレミアムコースがあります。5,000円コースを行ってから1年以内にプレミアムコースを行う場合はキャッシュバックがあるとのことでした。 ただ、プレミアムコースは次のロードバイクを買う時かなぁ、と。その時はスペシャライズドのBODY GEOMETRY FITと悩みますね。]]>