Categories
格闘技

難敵ダニエル・コーミエにも勝利した最強ジョン・ジョーンズ、しかしその後にまさかの展開【UFC182】

ヘナン・バラオンといったUFCでは長期政権を築いた王者が陥落する事が最近起こっている。 Jones_Cormier

UFC最強のジョーンズに無敗のコーミエが挑む

UFC165ではアレクサンダー・グスタフソン、UFC172ではグローバー・テイシェイラといった難敵の挑戦を退け、UFCライトヘビー級王座を7度も防衛中で、階級をまたいでの最強を意味するパウンド・フォー・パウンドで1位に君臨している。 今も長期政権を築いている王者はこのジョーンズとフェザー級のジョゼ・アルドくらいである。 「絶対王者、UFC最強と呼ばれるジョーンズを倒せるのは、グスタフソンしかいないのでは?」 UFCファンの間ではそんな話題すら上がり、実際、ジョーンズがテイシェイラを倒して7度目の防衛を果たした後にグスタフソンとの再戦が組まれるはずだった。 しかし、ジョーンズの一言ですべてが変わった。 「グスタフソンより、ダニエル・コーミエと試合がしたい」 これがきっかけで、ジョン・ジョーンズの8度目の防衛戦の相手はダニエル・コーミエとなった。

15戦無敗、遅咲きの元五輪選手コーミエ

ダニエル・コーミエは35歳でUFC初のタイトルマッチで、しかも総合格闘技の戦績はわずか15戦しかない。通常、年間3~4試合するのが一般的な総合格闘技において、これだけキャリアが浅いのは、コーミエが総合格闘技を始めたのが30歳になってからだった。(ちなみにライト級のドナルド・セラーニは2013年、2014年の2年間に8試合もこなしている) しかも、UFCでの初試合も33歳でわずか4試合しか経験していない。 とはいえ15戦無敗で、UFCではフランク・ミア、ロイ・ネルソン、ダン・ヘンダーソン、その前のStrikeforceではジョシュ・バーネットやアントニオ・シウバといった名だたる選手相手に完勝している。 その強さのベースにはわけがある。コーミエは元レスリング選手でオリンピックにはアテネ、北京と2度出場し、アテネオリンピックでは4位になっている実力者だったのだ。北京オリンピックでは腎不全により不戦敗となり、レスリングから引退した。

稀に見る舌戦、ナイキのスポンサーも打ち切り

ジョーンズとコーミエはUFC187(2014年9月27日)での対戦が決まると、インタビューやTwitterなどで互いを口撃。壮絶な舌戦を繰り広げた。 そして記者会見では取っ組み合いの喧嘩となり、会場のバックボードが壊れるなど大混乱を招いた。 結局、ジョーンズは50,000ドルの罰金に加え、スポンサーだったナイキからも契約の打ち切られてしまった。※一方のコーミエは9,000ドルの罰金

ジョーンズの負傷により延期となったタイトルマッチ

ところが、ジョーンズの負傷により試合がUFC182(2015年1月4日)に延期になってしまった。ジョーンズは8ヶ月ぶり、コーミエも7ヶ月ぶりの試合となったが、お互いブランクは感じさせない。 1Rはジョーンズがテイクダウンに成功するも、コーミエはリーチ差を解消するために積極的に前に出て首相撲からアッパーやフックを放つ。終盤にジョーンズは飛び膝蹴りを放つもコーミエは防ぎ、決定的な差は無いまま終える。 2Rもコーミエは接近戦でアッパーやフックを狙うも、ジョーンズは前に来るコーミエの首を抱えてギロチンチョークや肘打ちで対抗。ジョーンズは2011年にリョート・マチダを立ったままの状態からギロチンチョークで1本勝ちを取っている。 さらにジョーンズは得意の相手の膝への前蹴りでコーミエの突進を防ぐも、コーミエはアッパーの連打でジョーンズをふらつかせることに成功。ジョーンズは動きが鈍くなる。最後までコーミエがアッパーやフックでジョーンズを仕留めにかかるも有効打にならず終了 3Rはジョーンズが片足タックルに行くも耐えたコーミエがすぐさま逆に片足タックル。ジョーンズもこれを防ぐ。ジョーンズが肘アッパーの奇襲を放つも実らず。コーミエが接近戦を挑もうと徹底的に前に出るのに対して、ジョーンズは首相撲やクリンチでコーミエのアッパーを防ぐ。終盤にジョーンズの飛び膝が決まるも、コーミエはひるまずに接近戦でパンチを繰り出す。 終了間際にジョーンズが飛びつき三角締めを狙うも実らず、倒れたジョーンズにコーミエが上からパンチを放つもすぐに終了。 4Rに入るとコーミエのスタミナが切れたのか勢いが落ちる。それを見逃さないジョーンズは1分にフェンス際に追い詰めたコーミエの両足を抱えてテイクダウンを2度成功させる。 これでコーミエはメンタルや思考力が落ちたのか、動きが止まる。ただ、ジョーンズも攻め手を欠き、ダウンまでは奪えない。しかし、終了間際にコーミエを投げてこのラウンドにコーミエに何もさせなかった。 5Rも4R同様にジョーンズがフェンスに押し付けるもこう着状態が続き時間が過ぎる。残り3分くらいから反転してコーミエが押し込もうとするもジョーンズは耐えて引かない。押し合い合戦が続き、コーミエがフェンス際で片足タックルをしかけて、ジョーンズを投げるもジョーンズはすぐに立ち上がる。その後もコーミエが片足タックル、ジョーンズはギロチンチョークを狙うもどちらも決まらずに終了。 判定は3人とも49-46でジョーンズが8度目の防衛に成功。ジョーンズは21勝1敗となり、コーミエは総合格闘技で16戦目にして始めての敗北となった。 4Rはジョーンズが明らかに獲っていたが、実際はそこまでの開きは無かった。 ただ、コーミエが明らかにとったラウンドはほとんど無かったので、印象付けられ無かったのが原因か。。。

試合後、ジョーンズがまさかの薬物反応

ところが試合後、ジョーンズは薬物検査でコカインの代謝物であるベンゾイルエクゴニンが検出されていた事が発表され、ジョーンズはコカインの使用を認め、薬物治療のための施設に入る事となった。 これによって、ライトヘビー級の王座はどうなるのか? もし、暫定王者決定戦が行われるのであれば、2015年1月25日にストックホルムで行われるUFC182.5ではランキング1位のグスタフソンと3位のアンソニー・ジョンソンが対戦するので、この勝者とコーミエが争うのではないでしょうか? 今後のジョン・ジョーンズとライトヘビー級戦線の行方に注目です。 ]]>

Categories
格闘技

今後のUFCを占う注目選手

GSPGSP アンデウソン・シウバが敗れたりGSPが王座を返上したり、ジョン・ジョーンズがグスタフソンに辛勝するなど、これまで絶対王者と呼ばれた王者も安泰ではなくなってきています。 そこで、今後タイトルマッチを狙えるファイターを予想してみました。

王座に最も近い日本人 水垣偉弥(バンタム級)

次回UFC173でフランシスコ・リベラと対戦します。この試合に勝利しても、ランキング2位のファエル・アスンソンの方が優先されると思います。しかし、もう1試合勝てばタイトルマッチはほぼ確実でしょう。 他の日本人と比べても最もタイトルマッチに近いファイターなのは間違いありませんし、9月に日本大会があるのでその目玉としてもしかしたらアスンソンより前にタイトル挑戦が来るかもしれません。

2階級制覇のため転向 ジョゼ・アルド(フェザー級)

※現フェザー級王者ですが、ライト級に転向するという噂もあり、今のライト級であれば絶対的なファイターはいないため、2階級制覇の可能性も十分あります。

実力だけなら王者クラス チャド・メンデス(フェザー級)

2年前に喫した唯一の敗戦が王者ジョゼ・アルド戦なので通常ならば挑戦権はまだですが、その後もランカーに3連勝しておりアルドもフェザー級から階級変更する予定なので、その際には王者決定戦に登場する可能性が大いにあります。

日本人ファイターの壁 ギルバート・メレンデス(ライト級)

青木真也をはじめ多くの日本人ファイターに勝利した元Strikeforce世界ライト級王者、元WEC世界ライト級王者の実力者。実力はあるが昨年のタイトルマッチでベンソン・ヘンダーソンに敗れているので、ジョゼ・アルドの方が先に挑戦する可能性がありそうです。

激闘ファイター ドナルド・セローニ(ライト級)

これまでにノックアウト・オブ・ザ・ナイトやファイト・オブ・ザ・ナイト、サブミッション・オブ・ザ・ナイトなどを数多く獲得してファンを盛り上げる試合が多いセローニ。2013年1月に現王者アンソニー・ペティスに敗れているため王者挑戦は難しいですが、現在3連勝中であり、試合間隔も2ヶ月~3ヶ月周期と短いので廻ってくる可能性はあるでしょう。

脅威の肉体 タイロン・ウッドリー(ウェルター級)

強靭なフィジカルを武器に強烈なパンチ力が武器のウッドリー。UFC参戦1年で4戦3勝、敗れた1試合も判定が分かれた微妙な試合であり、実績を残しているウッドリー。5月のUFC174でランキング2位のローリー・マクドナルド戦で勝利すれば次回の王者挑戦権を獲得できるでしょう。

近代的総合格闘家 ローリー・マクドナルド(ウェルター級)

BJ・ペンにも勝利した若手の有望株。しかし、UFC167でベテランで崖っぷちだったロビー・ローラーに敗れてしまい、注目度が下がってしまいました。注目が集まるUFC174のウッドリー戦で勝利すれば王者挑戦の可能性があるでしょう。

最後の王座挑戦? リョート・マチダ(ミドル級)

すでにUFC175でミドル級王者クリス・ワイドマンと対戦することが決まっているマチダ。ワイドマンが王者になったばかりなので、ここで勝てずにワイドマンが長期政権となると次回の挑戦は難しいかもしれません。

絶対王者に勝てる唯一の希望 ダニエル・コーミエ(ライトヘビー級)

順調に結果を残してランキングをあげてきたコーミエ。以前はヘビー級を主戦場としてランクインもしていましたが、同門のケイン・ベラスケスが王者なので階級を下げています。 次回のUFC173でダン・ヘンダーソンに勝てばジョン・ジョーンズが持つライトヘビー級王者挑戦権をもらえるでしょう。

問題児だが実力は文句なし アンソニー・ジョンソン(ライトヘビー級)

アメリカ黒人らしい強靭なフィジカルとスピードを武器に強烈なパンチでKO勝ちが多い。その反面判定で負けた事がないわかりやすい選手なので観客の人気は集まりやすい。しかし、体重オーバーが多く、それが理由でUFCをリリースされた事もあるのでそれが懸念点。

強力型戦闘隊 スティーペ・ミオシッチ(ヘビー級)

31歳ながら12戦(11勝1敗)と試合が少ないが、ヘビー級ランキング上位陣で現王者ベラスケスとの対戦で盛り上がる選手がいないため、現在ランキング3位のトラヴィス・ブラウンに勝利した1位のファブリシオ・ヴェウドゥムの次にミオシッチが挑戦すると予想されます。 (※5/1 追記) このブログを書いた後に、ヘビー級タイトルマッチのベラスケスvsヴェウドゥム戦が11/15のUFC180で行われる事が決まりました。参考URL:UFC社長発表 メキシコ防衛戦(日刊スポーツ)]]>

Categories
格闘技

ジョン・ジョーンズはなぜUFC最強なのか?

ジョン・ジョーンズジョン・ジョーンズ 2014/4/26に行われたUFC172の最大の見どころはメインイベントのライトヘビー級のタイトルマッチ、ジョン・ジョーンズ対グローバー・テイシェイラ戦でした。

UFC最強の称号を持つジョン・ジョーンズの強さの理由

UFCのランキングでパウンド・フォー・パウンドで1位にランクされているライトヘビー級王者のジョン・ジョーンズ。これまでの戦績は19戦1敗ですが、唯一の1敗もヒジ打ちによる反則負けなため、実質無敗なのです。 彼の強さはまず体型でしょう。190cmの長身はライトヘビー級ではアレクサンダー・グスタフソンに次ぐサイズで、215cmの長いリーチはUFCで最長です。当然脚も長いのですが、レスリング経験者なので重心は高くなく、前回のグスタフソン戦の前までの19試合で1回もテイクダウンをされたことがありませんでした。 そして、この体型を生かしたキック、特にローキックと関節蹴りが武器で、相手の動きを止めるだけでなく負傷もさせるので、5分5ラウンドと長丁場のタイトルマッチでは後半に影響してきます。 この関節蹴り以上に脅威なのが、両方のヒジ打ちです。リーチが長いのでパンチも優れていますが、パンチと見せかけてのヒジ打ちや、相手を金網に押し付けて接近戦での両ヒジのラッシュはパンチよりも距離が短いので対応しにくく、顔面をガードしてしまうとヒザでボディを狙われるので防御しづらいです。 特に重量級ではヒジ打ちを使う選手が少ないので、普通はパンチを避けるために距離が近づいたら引き寄せるのですが、引き寄せてしまうとヒジがやってくるので相手からすればとても厄介です。

絶対王者に黄色信号?

敵無しといわれたジョン・ジョーンズですが、前回のグスタフソン戦では中盤まではグスタフソンのパンチを食らってこのまま行けば判定で負けるほどでした。 しかし、グスタフソンがスタミナ切れを起こして終盤に逆転して判定勝ちを収めました。 さらに、ジョーンズ以外の絶対王者と呼ばれてきた王者のうちGSPは辛勝したものの王座返上、アンデウソン・シウバはクリス・ワイドマンに敗れて陥落し、再戦も敗れて長期休養と厳しい状況が続いています。 王者は強いのですが、研究される側なので弱点をつかれやすいというデメリットはあります。 しかも、UFCでは観客が盛り上がるように対戦が組まれるため挑戦者は強豪なので、どんなに強くても勝ち続けるのはとても難しいです。

グローバー・テイシェイラの強さは柔術+打撃!

今回のタイトルマッチは1位のグスタフソン、2位のラシャード・エバンスはともにジョーンズに敗れており、3位のブラジル出身のグローバー・テイシェイラが挑戦することになりました。 テイシェイラはランキングこそ3位ですが、20連勝と8年間無敗を続けています。この20連勝の対戦相手にはPRIDEでも活躍したクイントン・”ランペイジ”・ジャクソンや過去に高田道場に所属してアブダビコンバットでも優勝したリコ・ロドリゲスなどの強豪もいます。 ここまで強い理由は2つあります。1つはブラジリアン柔術の黒帯を持つほどの技術力です。アブダビコンバットでも体重別で4位入賞した事もあり、さらに、総合格闘技の試合ではこれまでテイクダウンされたことが1度もありません。 もう1つの理由は、打撃力。柔術だけでも凄いのにUFCで活躍したハード・パンチャーのチャック・リデルの下で打撃を学んでおり、これまでの22勝のうち13試合をTKO勝ちしています。

ジョーンズ完勝もテイシェイラの強さも光る

試合は序盤からジョーンズが一方的に攻め、ジョーンズのパンチやヒジ打ちがテイシェイラのアゴに当たってマウスピースが飛び出すほど圧倒していたが、テイシェイラも打たれ強く5Rを戦い抜きました。

今後の挑戦者の大本命はダニエル・コーミエ

今回の勝利でジョーンズが7度目の防衛を達成したライトヘビー級の次の挑戦者が誰になるのか?ちょっと予想してみました。 順当に行けば2位のラシャド・エヴァンスですが、2年前のUFC145でジョーンズが3-0の判定勝ちしています。UFC代表のダナ・ホワイトは観客の注目を意識するので、他の候補者が優先されるかと思われます。 観客の関心度の高さでは、この日に4位だったフィル・デイビスに完勝して、ランキングを14位から一気に5位まで上り詰めたアンソニー・ジョンソンでしょう。ジョンソンはUFC復帰後2連勝を含めて現在8連勝中で、上位ランカーとの対戦もこれまでないので魅力的です。 ところが体重オーバーが多く、それが理由でUFCをリリースされた事もあるので、きちんと試合をこなせるかが不安なところです。 そうなると時期挑戦者として最有力なのが現在4位のダニエル・コーミエです。コーミエは35歳とベテランですが戦績は浅く14戦全勝で、UFCではまだ3試合しかしていません。しかも、これまではヘビー級で戦っていましたが、ヘビー級王者のケビン・ヴェラスケスと同門なため、ヘビー級からライトヘビー級に階級を1つ下げてきました。そのため、5/24のUFC173で6位のダン・ヘンダーソンに勝てば実績十分となり次回挑戦者となると思われます。 ]]>