Categories
格闘技

UFC王者が続けて王座陥落する理由

ロンダ・ラウジーロンダ・ラウジー

UFCの防衛失敗が続く

先日のUFC195でクリス・ワイドマンとジョゼ・アルドが2人そろってタイトル防衛に失敗したが、最近王者が防衛に失敗する試合が多い。
  • アンソニー・ペティス(UFC 185 vs ハファエル・ドス・アンジョス)
  • ケイン・ベラスケス(UFC 188 vs ファブリシオ・ヴェウドゥム)
  • ロンダ・ラウジー(女子バンタム級 UFC 193 2015/11/14 vs ホーリー・ホルム)
  • クリス・ワイドマン(ミドル級 UFC 194 vs ルーク・ロックホールド)
  • ジョゼ・アルド(UFC194 vs コナー・マクレガー)
アンソニー・ペティスは防衛は1回していないが、ロンダ・ラウジーは5回、ジョゼ・アルドは6回防衛してきた。2人ともUFCのパウンド・フォー・パウンドでも上位にいる選手なので、まさか負けるはずは多くのファンが思っていなかったでしょう。 一方、最近王者が防衛に成功した主な試合は以下になる。
  • UFC193 ヨアナ・イェンジェイチック vs ヴァレリー・ルトーノー
  • UFC192 ダニエル・コーミエ vs グスタフソン
  • UFC191 デメトリアス・ジョンソン vs ジョン・ドッドソン
  • UFC190 ロンダ・ラウジー vs ベチ・コヘイア
  • UFCファイトナイト TJディラショー vs ヘナン・バラオン
  • UFC189 ロビー・ローラー vs ローリー・マクドナルド
  • UFC189 コナー・マクレガー vs チャド・メンデス
  • UFCファイトナイト ヨアナ・イェンジェイチック vs ジェシカ・ペネー
  • UFC187 ダニエル・コーミエ vs アンソニー・ジョンソン
  • UFC187 クリス・ワイドマン vs ビクトー・ベウフォート

なぜ王者は防衛できなかったのか?

防衛に失敗した試合を分類すると、
  1. 油断
  2. 本来の実力
  3. 流れ・対策
の3つに分けられる。 1油断は、ジョゼ・アルドが当てはまる。2本来の実力ではアンソニー・ペティスのように、強いながらも経験や実力が足りず、ラファエル・ドス・アンジョスの方が元々強いというケースだ。 3流れ・対策がここ最近の特徴だろう。 過去6回も防衛してきたロンダ・ラウジーはサブミッション、投げなどを得意としており、ほとんどの試合が1Rで組み、投げからのサブミッションかパウンドで勝利している。誰もがこの流れに付き合ってはいけないと思うが、ロンダ・ラウジーの突進力に負けて首相撲から秒殺されていた。 ロンダ・ラウジーに勝利したホリー・ホルムはボクシング時代は18度世界王者に輝いた世界3階級制覇王者でボクシング界ではスーパースターだ。総合の戦績もこの試合前まで9戦全勝だが、一本勝ちは無い。これだけ得手不得手がはっきりしているからこそ、ロンダ・ラウジーと組み合わない事を徹底できた。 さらに、ロンダ・ラウジーは過去2R以上戦ったのがミーシャ・テイトとの防衛戦の1度しかなく、この時も2R以降は動きが鈍っていたのが明らかだった。それに対して、ホリー・ホルムは逆に1R勝利が無く、判定も3試合あることからも長期戦にもつれれば勝機があると計算していたのだろう。この試合では左ストレートやミドルキックを放って距離を保つロリー・ホルムの戦い方に、ロンダはなかなか入り込めず逆に被弾してダメージを受ける場面が多かった。 ケイン・ベラスケスやクリス・ワイドマンもレスリングスタイルからのパンチを得意とするが、2人とも敗れた試合では得意の形に持ち込めずに痺れを切らして相手の得意コースにはまってしまった。 ベラスケスに勝利したファブリシオ・ヴェウドゥムはブラジリアン柔術や柔道の有段者でアブダビコンバット99kg以上級とブラジリアン柔術世界選手権を優勝し、エメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラから一本勝ちを収めた唯一の選手である。19勝のうち半分の10勝が一本勝ちである事からもわかるように寝技のスペシャリストだ。ベラスケスはテイクダウンからのマウントが得意でも下手に寝技に持ち込むと下からでも三角締めで逆にヴェウドゥムの餌食になってしまうため、なかなか仕留められない。逆にヴェウドゥムのパンチでスタミナを奪われ、最後は苦し紛れにタックルに行った際にギロチンチョークで敗れてしまった。 クリス・ワイドマンも同様に痺れを切らして不用意な攻撃から逆にルーク・ロックホールドに詰められてしまった。

今後のタイトルマッチ

今後のタイトルマッチはすでに以下が発表されており、いずれも見応えのある試合が予想される。
  • ハファエル・ドス・アンジョス vs ドナルド・セローニ(ランキング2位)
  • ロビー・ローラー vs カルロス・コンディット(ランキング4位)
  • TJディラショー vs ドミニク・クルーズ(ランキング1位)
  • ファブリシオ・ヴェウドゥム vs ケイン・ベラスケス(ランキング1位)

注目はディラショーvsドミニク・クルーズ

なかでも注目はTJディラショーvsドミニク・クルーズのバンタム級タイトルマッチだろう。ディラショーは半年ぶり、ドミニクは1年4か月ぶりの試合で、両者の試合勘が懸念されるが、レスリングを主体としてテイクダウンからの打撃を得意とするディラショーが、無尽蔵なスタミナとオーソドックスとサウスポーの両構えから相手の打撃を的確にかわしながら独特のリズムで変幻自在のパンチを繰り出すドミニクをどう抑えるかがポイントだ。 TJディラショーとチームメイトのユライア・フェイバーがドミニクと過去に対戦しており研究は十分、なはずだったが、2015年10月にTJディラショーはチームを移籍。しかも元のチームを非難してしまったために、ユライアとの関係も決裂。これがどう影響するかも注目だろう。]]>

Categories
格闘技

ジョゼ・アルドとクリス・ワイドマンの実力者がそろって陥落【UFC194】

コナー・マクレガーコナー・マクレガー2015年12月13日にラスベガスで行われたUFC194ではミドル級とフェザー級の2試合のタイトルマッチが組まれていたが、ともに新チャンピオンが誕生するというサプライズが起こった。 しかも敗れた元王者とは、あの最強と言われたアンデウソン・シウバからタイトルを奪いリマッチでも返り討ちにしたミドル級のクリス・ワイドマンと、パウンド・フォー・パウンドでもう相手がいないとまで言われたフェザー級のジョゼ・アルドである。

ワイドマンに挑戦するルーク・ロックホールド

2013年7月にUFCで17連勝中だった王者アンデウソン・シウバを倒したクリス・ワイドマンは、シウバとのリマッチでもシウバの骨折があったものの自身のペースでフロックではない事を証明した。その後も、リョート・マチダ、ビクトー・ベウフォードといった実力者の挑戦を退け、防衛街道を走り続けるかと思われた。 そこへやってきたのがランキング1位のルーク・ロックホールドだった。元ストライクフォース世界ミドル級王者のルーク・ロックホールドは元UFCヘビー級王者のケイン・ベラスケスや現UFCライトヘビー級王者のダニエル・コーミエらと同じアメリカン・キックボクシング・アカデミーに所属しており、ブラジリアン柔術も黒帯で実力は折り紙つき。ストライクフォースでは9戦無敗でその中には現UFCライト級のホナウド・ジャカレイにも勝利している。UFCでは初戦でビクトー・ベウフォードに敗れたものの、その後は4連勝で最近ではリョート・マチダにも2R一本勝ちして、ランキング1位まで上り詰めた。 ロックホールドはレスリングやブラジリアン柔術をバックボーンにサブミッションを得意とし、総合格闘技14勝のうち、1本勝ちが9戦もある。しかも身長が191㎝とミドル級にしては大型で、同じく長身のワイドマンよりも3㎝も高い(ちなみにミドル級ランキング上位のホナウド・ジャカレイは185㎝、ヨエル・ロメロは182㎝である)。

手詰まりでやけになったワイドマン

そのため、レスリングをベースとしながらも長身とリーチの長さからのパンチ得意とするワイドマンとしては自分よりも高い相手と戦うのは苦労した。 1Rこそ優勢に進めてテイクダウンも2度奪うが、2R以降はペースもつかめず逆にロックホールドの打撃が多くなる。 3Rになるとロックホールドが完全に主導権を握りワイドマンは突破口を見いだせない。一方のロックホールドもスタミナが切れてワイドマンを攻めきれない。すると、ワイドマンが不用意な後ろ回し蹴りを放つとロックホールドが足をキャッチしてそのまま倒してパウンドを浴びせる。ワイドマンは両手で頭を抱えて何とか頭を防御するも、ロックホールドは肘やパンチでワイドマンをつぶしにかかる。レフリーもストップをかけようか悩んでいる中で3Rが終了する。 4R、ワイドマンは序盤こそ戦うものの当然回復せず、ロックホールドが再びマウントからパンチを連打してレフリーストップとなり、総合格闘技で初黒星を喫した。 ワイドマンはアンデウソン・シウバとの2試合こそ2Rまで続いたが(といってもこの試合も2R開始1分で終わっている)、それ以外は完全決着した試合はすべて1Rと短期決戦では強い。しかし、判定までもつれた試合は劣勢に回る場面が多く、2015年5月のUFC187でのリョート・マチダ戦では3-0の判定勝ちだったものの3R以降はリョートに押され気味であわやTKO負けというシーンも見られ、2012年のデミアン・マイア戦では序盤は優勢だったもののその後失速し、スプリットの判定勝ちだった。 この事からも序盤で自分のペースに持ち込めないとスタミナ切れで仕留められないという欠点がワイドマンにはあったのだが、この試合でも2R以降にロックホールドに反撃されてしまうという目にあってしまった。

悪役コナー・マクレガー

この日のメイン・イベントとなったコナー・マクレガー対ジョゼ・アルドの試合は、本来2015年7月に開催されたUFC189で行われる予定だったが、アルドが肋骨を負傷して欠場となったため、フェザー級1位(当時)チャド・メンデスと3位(当時)コナー・マクレガーでフェザー級暫定王者決定戦が行われ、マクレガーが2Rに一瞬のチャンスを逃さずにTKO勝利を収めた。 マクレガーはこれまで総合格闘技は14連勝中で、そのうち判定勝利は1試合、一本勝ちも1試合しかない典型的な打撃系の選手だ。そのためタックルの防御は決して上手ではなくテイクダウンを奪われる事もしばしばあるが、チャンスとなればその機会を逃さずに仕留める勝負強さはUFC随一で、ここ4試合連続でパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞している。

すべてで上回っていたはずのアルドの敗因

パウンド・フォー・パウンドでトップのアルドが実績、スピード、パワー、テクニックでマクレガーを上回っていたはずだったが、開始早々、ジョゼが勢いよくパンチを放つとマクレガーの胸に当たる。しかし、マクレガーはこれを待っていたとばかりに左のカウンターでアルドの顎をとらえると、アルドはそのまま前に倒れこむ。この時点で決まっていたが、マクレガーがチャンスを逃さずすかさずマウントからのパンチ連打ですぐにレフリーストップとなった。 試合後、アルドは「リマッチの必要が有る。」とコメントした。マクレガーのカウンターがまぐれ当たりでもあるが、ふだんなら強烈な蹴りで相手の動きを止めてから仕留めるアルドが突っ込んでいったのだから、マクレガーに対して油断があっただろう。]]>

Categories
格闘技

フェザー級王者ジョゼ・アルドがチャド・メンデスを返り討ち!!次の相手は?【UFC179】

ジョゼ・アルドvsチャド・メンデス UFC179ジョゼ・アルドvsチャド・メンデス UFC179 日本時間で10/26(日)午前中にブラジルで行われたUFC179では現在唯一のブラジル人チャンピオンのジョゼ・アルドがランキング1位のチャド・メンデスと対戦した。 両者の対戦は2012年1月のUFC142で対戦しており、この時はジョゼ・アルドが膝蹴りで1RでKO勝利を収めている。チャド・メンデスはこの試合で総合格闘技初黒星を喫したが、その後は4KOを含む5連勝でジョゼ・アルドへの再戦権を勝ち取った。

気が抜けない壮絶な打撃戦

積極的に打撃を仕掛けるファイター同士の対戦なので、開始早々から激しい打ち合いが続く。最初にチャンスを作ったのは挑戦者のチャド・メンデスで、開始1分に左フックがジョゼ・アルドの頭にヒットしてぐらつかせる。しかし、その後ジョゼ・アルドが連打を許さず、1R終盤には逆にジョゼ・アルドがチャド・メンデスを一方的にパンチで攻め立てて、終了間際にはTKO寸前まで追い詰めるも終了のゴングでチャンスを逃す。 このまま2Rにジョゼ・アルドが勝利を収めるかと思われたが、チャド・メンデスは2Rでは距離を置いて回復に充てると3Rに反撃に出る。積極的に前へ出て接近戦から放った強烈なアッパーがジョゼ・アルドの顔面を捉えるとチャド・メンデスは一気に猛攻を仕掛けるが、ジョゼ・アルドもパンチでチャド・メンデスにダメージを与えて追撃を許さない。 4R、5Rもチャド・メンデスはパンチで積極的に仕掛けてきっかけは作るものの、ジョゼ・アルドがことごとく反撃してチャド・メンデスは2手目3手目を出せずに試合は終了。 判定にもつれ込んだタイトルマッチはジャッジが3人とも49-46とジョゼ・アルドの王座防衛となった。

ジョゼ・アルドの強さの秘訣は打たれても反撃できるバランス力

ジョゼ・アルドは今回の勝利でUFCフェザー級を7度防衛になるが、判定勝利が5度もある。とはいえその全てが3-0で判定が割れた事は1度もない。ここにジョゼ・アルドの強さが隠されている。 各ラウンドで優劣をつける方式なため、たとえ各ラウンドでわずかに劣っていても判定結果となれば今回のように大きな開きになってしまう。 この試合でも開始1分にチャド・メンデスはポイント差ほどやられていたわけではなく、決定打を打ち込み、チャド・メンデスペースで進むかと思われた。しかし、終わってみれば49-46と判定ながらもジョゼ・アルドが勝利している。 ジョゼ・アルド相手にここまで攻め込んだファイターはそもそも少ないが、ジョゼ・アルドはとにかく体幹が強くバランス感覚が非常に優れている。そのため、非常に強いキックも打てるし、相手に打たれて多少のダメージを追っても相手の動きを止めるだけの反撃力がある。キックに関しては前回のリカルド・ラマス戦でのローキックの連打で、ラマスの動きを完全に止めてしまい、危なげなく勝利を収めたのが記憶に新しい。 反撃力も、この試合ではチャド・メンデスが積極的に前へ出て接近戦からアッパーやテイクダウンでジョゼ・アルドを仕留めようとしたものの、ジョゼ・アルドはそれを食い止めてチャド・メンデスのペースに持ち込ませなかった。 この体幹の強さとバランス力がジョゼ・アルドの強さの秘訣と言えるだろう。

今後のフェザー級はコナー・マクレガー次第?

ランキング1位のチャド・メンデスを退けた事でジョゼ・アルドは1位~4位をすべて倒したことになる。今後の可能性として最も高いのが、11月のUFC Fight Nightで3位のフランク・エドガーと対戦する2位カブ・スワンソンだろう。この試合でスワンソンが勝利すれば、2009年の1R開始8秒で敗れて以来の再戦となる可能性が高い。

ジョゼ・アルドがカブ・スワンソンを開始8秒でTKO(WEC41)

もし、フランク・エドガーが勝利すれば挑戦する可能性もあるが、フランク・エドガーは2013年2月のUFC156でジョゼ・アルドに敗れているため可能性は低いだろう。そういえるもう1つの理由は、現在ランキング5位のコナー・マクレガーにある。アイルランド人のマクレガーは2013年からUFCに参戦して4連勝しており、直近では今年9月のUFC178で当時5位のダスティン・ポイエーをパウンドでTKO勝ちし、2戦連続でパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞するなど注目度も高い。 コナー・マクレガーはこの日、ジョゼ・アルドvsチャド・メンデス戦も生観戦しており、試合後にはチャド・メンデスが「判定が俺に来なかった事はコナー・マクレガーとってはラッキーだったと言わざるを得ないね。」と語り、ジョゼ・アルドも「(UFCが)私の前に立たせる誰とでも闘います。私は王者としてここに居ます。舞台は整いました。私がキング、チャドはプリンス、そして今やジョーカーも来た様です。」とコナー・マクレガーを意識している事からもマクレガーがタイトル戦線に加わる事は間違いない。 ]]>