Categories
インプレ ロードバイク

Rapha Pro Team Long Sleeve Aero Jersey インプレ

夏でも着れるPro Team Long Sleeve Aero Jersey 2016年シーズンまでTeam SKYのウェアとして人気のRaphaですが、クラシックジャージやトレーニングジャージが多いですね。私もクラシックジャージを持っていますが、今回は夏でも着れる長袖をターゲットに探した結果、Pro Team Long Sleeve Aero JerseyのSサイズを購入しました。

エアロだけあって細い

今回は黒と悩んだのですが、黒だと全身真っ黒になってしまうので、グレーを購入しました。 さて早速開けてみます。 くたくたですみません。。。 かなりタイトに絞り込んであるのがわかります。 そして背中側も。 背中は3つポケットがあります。iPhoneはすっぽり入る大きさですが、バナナは飛び出てしまうくらいの大きさです。また、一番右側のポケットの右側には縦にチャックがついていますが、こちらもキャッシュカードは入りましたがiPhone5がなんとか無理やり押し込めたくらいの大きさです。 次は左腕。Raphaの文字が入っているのがわかります。それ以上にポイントが腕が胸の部分と違ってメッシュっぽくなっています。メッシュではないので腕は透けません。 胸の部分の裏側です。Pro Team Jerseyよりもわずかですが生地が厚めです。

きついようできつくない

では早速着てみます。 腕を通そうとしましたがピチピチです。ただストレッチがきくので腕が多少太くても大丈夫でしょう。 っが、手首が細すぎて手の甲を出せません。手首はストレッチ素材ではないので、ここは勢いで抜くしかありません。腕時計をしていたら絶対に通らないので外してから着ましょう。 何とか無事両腕を通して着れたのでチャックを上げます。「きついかな?」と思いましたが、やっぱりきつめです。それでもチャックを上まで上げます。 Sサイズの首回りは36㎝、バストは91㎝となっていますが、首回り40㎝、バスト90㎝の私でも問題なくチャックを最上部まで上げることができました。 前から見るとかなりタイトなのがわかりますね。 横から見てもタイトなのが一目瞭然です。 腕は超細めにできているので胸以上にタイトです。 ですが、ストレッチが効いているので締め付けるような苦しさは全くなく、上半身にフィットして逆にとても快適です。 もう1つ気になる透け具合ですが、前面は透けていませんが、腕のあたりは若干透けているかな?という程度なので特に気になりません。

思ったほどきつくないけど風は通す

実際にライドしてみました。同じRaphaのクラシックジャージの方が生地が厚いのでクラシックジャージよりは風を通しますが、プロチームジャージよりは風を通さない感じがします。初夏や初秋の涼しい日の走り始めはちょっと寒いと感じるかもしれません。 逆に暑い日は長袖だからと言って暑さは全然感じず、逆に肌を露出していないので暑さもほとんどありませんでした。※紫外線防止機能は無いと思いますので、日焼け止めは塗っておいた方が良いでしょう。 試着した時はフィットするもののきつすぎない感じでしたが、走り始めると見事にフィットして着苦しさはほとんどありません。何も着てないかのようにぴったりフィットして、肩や腕も特に問題なく動かせます。 1点気になったのが長時間ライドです。何回か着たときは、2時間程度しかライドしてなかったので全く気づかなかったのですが、ある日、休憩込みで8時間近くライドした時は終盤になると少しきつさを感じました。 私が単に疲れただけかもしれませんが、長時間フィットしつづけると少々きついかもしれません。 それでも数時間のライドでしたら全く気にならないので、「半袖だとちょっと寒いかな?」と思ったときのトレーニングなどで使うにはとても良いジャージだと思います。 ]]>

Categories
パーツ

PBKでカステリやBora Ultra 35 Clincherなど10%OFFクーポン登場

PBKでさらに10%OFFクーポン登場 ProBikeKitにて一部の商品限定ですが、さらに10%OFFとなるクーポンが登場しています。 また、割引額の上限が3600円と少ないので、送料がかからないギリギリの金額で複数回に分けて購入すると良いでしょう。

クーポンコード

購入時に以下のコードを入力すると10%OFFになります。 BUY10JP ただし、今回は対象商品だけなのでご注意ください。対象商品は商品ページの下の方に、「Extra 10% OFF」とクーポンコードが記載されています。

セール対象商品

今回の主な対象商品です。

カステリが多い

今回はなかでもカステリが多いので、カステリから一部紹介します。

カステリセール対象商品一覧

Castelliセール一覧(PBK)]]>

Categories
パーツ

全額ロードバイクにつぎ込んだら乗れなかった…一緒に買うもの身に着ける編

ロードバイクを買ったら一緒に買っておくべきパーツを紹介しました。今回は、身に着けるものを紹介します。

ださくないヘルメット

まずは何と言ってもヘルメットです。 「ヘルメットなんてださいから…」と思っていませんか? 自転車事故で死亡した人の大半が頭部の損傷によるものです。特にロードバイクは時速30㎞も出ますし、車道を走るので危険がいっぱいです。 だから、ヘルメットは絶対にかぶりましょう!! 今はださくないヘルメットもたくさんあるのでInternetで吟味するのもおすすめです。 girohelmet

汗のスリップや転倒時に役立つグローブ

グローブもふだんはしないアイテムの1つです。ですが、グローブはヘルメットと同じくらい重要なんです。まずはロードバイクで長時間走ると汗をかきます。グローブをしていないと手のひらに汗をかいて、グリップが滑ってハンドルを滑らせて転倒してしまう可能性があります。 さらに、万が一転倒した時に手からついてしまうと、手をすりむいてしまいます。骨折をしていなくても手をすりむいただけでハンドルを握りづらくなり、その後のライドも困難になります。たかがすりむいただけかもしれませんが、100㎞走った帰り道にすりむいてしまったら、その後の帰り道はまともにハンドルを握れないから走るのは大変です。 春~秋は指先が出ているハーフタイプがおすすめです。

眩しさ対策だけじゃないサングラス

サングラスもママチャリに乗るときはかけませんよね?しかし、ロードバイクでは必須です。朝は東に走っていると、夕方は西に向かって走ると太陽の光がもろに眩しく入ってきて、先が見えません。こういう時に車や人とぶつかる事が多いです。だからサングラスは必須です。 しかし、サングラスが必要な理由はこれだけではありません。実は、走っていると小虫が結構飛んでいるのがわかります。それが目に入る事もしばしば。さらには、ほこりや砂も道路の端には多いので、それらが入ってくることもあります。それを防ぐためにもサングラスは必要なのです。 どんなものでも良いので1本は持っておきましょう!

パッド入りパンツ

ロードバイクに乗ってよく聞くのが 「お尻が痛い」 です。そうならないためにもパッド入りタイツを多くの人が履いています。 ですが、こんなにピッチリしたタイツは抵抗ありますよね? 慣れればこれが当たり前と思えて、むしろこれじゃないとおかしいと思うようになるのですが… 抵抗がある人は、カジュアルウェアの下にパッド入りパンツを履くのがおすすめです。 これならこの上にカジュアルなパンツを履けばお尻の痛みも防げます! ちなみにレディース用にミニスカートやショートパンツもあるので、タイツの上に履くのがおすすめです。

シューズ

上から下ってきましたが、最後は一番下の「シューズ」です。「全額ロードバイクにつぎ込んだら乗れなかった…一緒に買うものパーツ編」でペダルの紹介をしましたが、ペダルによって買うシューズが変わってきます。 ママチャリと同じフラットペダルであれば、シューズは何でもOKです。しかし、靴と固定するビンディングペダルにした場合は、ビンディングと合ったシューズを買わなければなりません。 一般的なシマノで説明すると、SPDSPD-SLの2タイプがあります。 SPD-SLはシューズの裏に「クリート」と呼ばれる器具をつけることでペダルとシューズを固定します。一方のSPDはシューズの裏に固定する器具がついているので器具を購入する必要はありません。しかも、SPDのソールは普通の靴と同じような形状になっていますが、SPD-SLはクリートがついているので出っ張っていて、歩きづらいです。 「そのためSPDの方がいいじゃん!!」 と思われるかもしれません。ですが、SPDよりもSPD-SLペダルの方がペダルを引き上げやすい事などから、長距離を走るにはSPD-SLの方が良いでしょう。 SPDシューズ SPD-SLシューズ ビンディングはシマノ以外にもSpeedplayやLookなどがありますが、シマノのSPD-SLと同じ仕組みと思っていただければ大丈夫です。

身を守るだけでなく相手への補償のために必要な保険

自転車保険が最近話題になっていますが、保険には絶対加入しておきましょう!! 「保険なんて自動車じゃないし、自分は事故を起こさないから必要ないでしょ!」 と思うかもしれませんが、もしも人にぶつかった場合はほぼ100%自転車側の責任になります。もしも相手の人が亡くなったり後遺症が残ったりしたら莫大な支払いが待っています。過去の裁判の判例では1億円以上の損害賠償もあります。 自転車保険は毎月500円程度で加入できるので、それで安心が買えるのであれば安いと思いませんか? 中には200円程度のものもありますが、保険金の上限が数千万円しかないのもあるので、せめて相手への支払いの上限は1億円以上の保険を選びましょう。

保険会社選びのポイント

自転車保険を選ぶ際に「なるべく安く抑えたい」と思うかもしれません。ですが、どの会社もせいぜい300~500円/月くらいしか差がないので、内容で選びましょう。外してはいけない4つのポイント
  • 示談交渉、弁護士費用
  • 自転車ロードサービス
  • 賠償上限
  • 通院
いずれも重要ですが、一番重要なのが示談交渉と弁護士です。加害者となった場合、相手との交渉は精神的にも時間面でも想像以上に苦労します。また、被害者になった際に弁護士に法律相談したり賠償請求を委任するケースもあります。弁護士に依頼すると数十万円は軽く吹っ飛ぶため、そういったサービスがあるか確認しましょう。 自動車保険の特約などでは無いケースもあり、自転車専用保険でもグレードによって弁護士サービスが含まれていないケースもあるので、よく確認しましょう。 また自転車ロードサービスも見落としがちですが、あるととてもありがたいです。特に輪行袋を持たずにロングライドで遠くへ行った際に事故に遭うと帰れなくなってしまいます。そういったときにロードサービスがあると便利です。自宅や自転車ショップまで運んでもらうのがベストですが、ロードサービスの上限距離がありますので、最悪の場合は最寄駅まで運んでもらい、そこから輪行という手もあります。 賠償上限も重要です。 2013年7月の神戸地裁の自転車事故では賠償金額が1億円を超えました。他にも約9000万円の事例もあるため、最近は賠償上限が1億円が当たり前になってきています。なので、賠償上限は1億円必要と思った方が良いです。掛け金が年間4000円未満の安い保険だと上限が1,000万円というケースもあるので、それらは止めておきましょう。 最後は通院です。自動車保険と同様に1回通院あたり○円というもので、こちらはどの保険も含まれているので気にしなくてもよいと思います。注意すべき点は後遺症が出たときや手術、入院した時など大きな出費が伴うケースです。こちらは金額もそうですが、支払われるタイミングも重要です。保険会社によっては退院後、手術後から1か月後というケースもあります。しかし、それでは病院への支払いに間に合いません。そういった時のために先にある程度の金額を払ってくれる保険もあります。

おすすめの自転車保険

au損保 NTTDoCoMo(ドコモサイクル保険) 総合保険センター(DeNAトラベル) セブンイレブン&三井住友海上 三井住友海上(ネットde保険@さいくる) あなたに最適な保険会社とは限りませんので、よくお調べになることをおすすめします。

防犯登録

自転車が盗まれないように鍵をかけておくのはもちろんですが、盗まれない可能性は0ではありません。盗まれるときは盗まれてしまいます。そうなったときに戻ってくる可能性は低いですが、防犯登録をしておけば盗難車が見つかる可能性もあります。 実際、私の知人は盗まれた後に無事帰ってきました。 また、防犯登録をしていないと盗難車と思われて警察から職務質問される可能性もあります。 そういった点からも防犯登録はきちんとしておきましょう。 ]]>

Categories
ロードバイク

ロードバイクで街乗りできるカジュアルファッションおすすめ3ブランド

ピッチリ、もっこりでおしゃれカフェには入れない!! ロードバイクでポタリングや街乗りするとき、困るのがウェアです。ライド先のショップやカフェに入るときにピッチリウェアもっこりパンツ、いかにも自転車乗りってスタイルだととても入りづらくて抵抗がありますよね? そんなロードバイクで街乗りする時におすすめなファッションブランドを3つ紹介します。

カジュアルで街乗りに最適なnarifuri

narifuri05 narifuri06 まずはnarifuriです。洋服と自転車を楽しむ人のために立ち上げられたサイクルカジュアルアパレルの草分け的ブランドです。ウェアはもちろんですが、アウター、Yシャツ、パンツ、アクセサリーとバラエティが豊富なので、自転車に乗りやすく、時代に外れず、しかも自転車を連想させないので、普段着にも普通に使えるところが魅力的です。 narifuri narifuri もちろん、普通のサイクルウェアも販売していますが、こちらもちょっと独創的でファッションセンスが感じられますね。 [amazonjs asin=”B013LIRXAM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”(ナリフリ)narifuri NF714 wind breaker ウインドブレーカー (S, EIRE)”] [amazonjs asin=”B00RA131SK” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”narifuri(ナリフリ) NF176 Bio cargo pants slim fit (M, NAVY)”]

街乗りとツーリングのどちらも似合うカペルミュール

kapelmuur カペルミュール ナリフリのような街乗りではなくライドしたいけど、定番のサイクルウェアはちょっと...という人におすすめなのが、カペルミュールです。 千鳥格子やライオンなどのかっこいいデザインが特徴で、全体的に細身なのでスタイリッシュに見えます。 kapelmuur03 kapelmuur04 カジュアルなウェアも最近増えており、街中でも問題なく着られるのでおすすめです。 kapelmuur05 kapelmuur06 レディースもかわいいセンス抜群な服があるので、女性率も結構高いです。 [amazonjs asin=”B00IDV7ZXS” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”KAPELMUUR(カペルミュール)長袖ジャージ モノトーンストレッチ 千鳥格子 【kpls002】 M”] [amazonjs asin=”B00VF948KS” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”KAPELMUUR(カペルミュール)長袖ジャージ ライオンプリント ベルギー 【kpls008】 L”] [amazonjs asin=”B015GYFGPI” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”KAPELMUUR(カペルミュール) レーシングサーモジャケット クロスプリント ブルーグレー 【kpjk030】 XL”] [amazonjs asin=”B00IDV9DWO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”KAPELMUUR(カペルミュール)クロップドパンツストレッチデニムブラック 【kpcp004】 M”]

スタイリッシュなデザインが魅力なRapha

rapha01 rapha02 最後はRaphaです。ナリフリやカペルミュールよりはサイクルウェアっぽいですが、その中でもカッコ良さが光るスタイリッシュなウェアが多く、人気があります。 rapha06 rapha07 rapha08 サイクルウェアもシンプルなデザインながらもカッコ良さがあり、Raphaを着ているだけでライダーたちの間でファッションセンス的に一目置かれます。 [amazonjs asin=”B00VT5LYX2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”自転車ウェア 2015 Team Sky スカイ レプリカ 半袖ジャージ  ピナレロ 黒  XLサイズ”] [amazonjs asin=”B00S10KCYA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”自転車ウェア 2015 Team Sky スカイ レプリカ ビブショーツ  ピナレロ  Lサイズ”] ]]>

Categories
ロードバイク

1度かぶったもうやめられない!おすすめサイクルキャップ

ロードバイクでキャップをかぶるメリット サイクルキャップのメリットは3つあります。 1.汗止め 2.熱中症対策 3.乱れた髪型を隠す 4.ヘルメットの汗吸着防止

汗止め

ロードバイクで走ると頭部や額から汗が出て目に入ったり、顔に落ちてきて日焼け止めを落としたりしてしまいます。キャップをかぶることで汗が落ちるのを防ぐので、こういった問題点を解消できます。

熱中症対策

ヘルメットをかぶっているので日射病をある程度防止できますが、キャップをかぶる事で効果があがります。

乱れた髪型を隠す

ヘルメットをかぶると髪型が崩れてしまいますよね。走っている時は気になりませんが、ショップに入った時や食事する時などヘルメットを外したい時がどうしても出てきます。しかし、キャップが無いとヘルメットを外したくても外せないので、ヘルメットをかぶったままだと他の客から嫌な視線が集まってしまいます。

ヘルメットの汗吸着防止

汗止めにも共通していますが、ヘルメットを直接かぶると汗がヘルメットについて臭くなる事もあります。ヘルメット自体を洗う事はなかなかありませんから、キャップをかぶっておくと汗がヘルメットに移るのを防ぎます。

さまざまなタイプ

サイクルキャップは野球帽のようないわゆるキャップタイプと、バンダナタイプが主流です。あとはバンドタイプや耳あてつきなどがあります。 この辺は好みですが女性はほぼ全員がキャップで、男性はキャップとバンダナが8:2くらいでしょうか。

キャップタイプ

バンダナタイプ

バンドタイプ

カッコイイサイクリングキャップ

カペルミュールはとてもカッコ良く、街中でも着れそうなデザイン性のあるウェアを展開しています。 シマノも何気に出しています。 APISはレトロなものが多いのが特徴です。 カステリ(CASTELLI) ペース(PACE) ・CINELLI(チネリ) ウェアやヘルメット、フレームによって変えるといいので、複数持ってると便利です。 ここで紹介した以外にもいろいろなメーカーが出しているので、店頭やイベントで探すのもおすすめです。 ]]>