Categories
ライド&トレーニング

養老渓谷の粟又の滝で山猫のかき氷

紅葉狩りで有名な養老渓谷 都心から近い田舎の千葉県だけあって、自然の観光スポットは結構あります。なかでも紅葉狩りで有名なのが千葉県市原市と大多喜町にまたがる養老渓谷。北関東では11月頃にピークを迎えるのに対して、養老渓谷では11月末~12月上旬がピークとなるので、かなりの観光客でにぎわいます。 また、渓谷と名がつくだけあって、滝や川も綺麗なのでトレッキングや水遊び、渓流釣り、バーベキューなどのアウトドアレジャーも楽しめるのは、地元の人以外にはあまり知られていない穴場です。 さらに、2015年からは里山トロッコ列車も開通したので注目が集まっています。 養老渓谷とひとくくりにしていますが、「小沢又の滝」や「金神の滝」、「万代の滝」、「粟又の滝」など滝や紅葉狩りで有名な梅ヶ瀬渓谷などがある地域の総称で、すべて回ると40㎞くらいになります。 一部はトレッキングコースだったりするので、すべてを自転車で走ることはできませんがライドするにも自然の中を走り、適度なアップダウンもあるのでロードバイクでもかなり楽しめます。

養老渓谷までのルート

養老渓谷駅はJR内房線の五井駅から出ている小湊鉄道にあります。この小湊鉄道沿いに走っていくと養老渓谷駅まで片道約33㎞なので、都内から五井駅まで輪行して、五井駅から養老渓谷まで往復するのが一般的です。

養老渓谷へはアクアラインルートがおすすめ

ですが、私のおすすめはアクアラインの高速バスを使った輪行です。品川駅、新宿駅、東京駅などから袖ヶ浦バスターミナルや木更津駅へ高速バスが出ています。

袖ヶ浦バスターミナル

木更津駅

新宿や品川から袖ヶ浦バスターミナルへは約50分で行けて、しかも必ず座れて(満席だと次のバスまで待たなければなりませんがだいたい20分間隔で出ています)、ロードバイクは高速バスの下の荷物入れに入れるのでとても快適です。 荷物が動くのが心配な人はS字フックや長めのロープを持参してバスの柱に縛り付けておくと良いでしょう。 袖ヶ浦バスターミナルや木更津駅から養老渓谷駅までは約33㎞で五井駅から行くのとほぼ同じで、木更津駅から行く場合は鉄道マニアには有名な「鉄子の旅」の第1話に出てくる久留里線沿いを走っていくので、電車好きな人にはさらにおすすめです。 秋なら大福山、夏なら粟又の滝がおすすめ 養老渓谷は全部回ると40㎞くらいあると書きましたが、すべて回るのはなかなか大変です。そこでおすすめしたいのが季節によってルートを変えるパターンです。

夏に粟又の滝でかき氷

GWと7~9月に行く方には粟又の滝がおすすめです。理由は粟又の滝ではなく、粟又の滝のすぐそばにある「山猫」のかき氷が絶品だからです。

粟又の滝

粟又の滝へは養老渓谷駅からひたすら道沿いに約7Km進んだところにあります。 養老渓谷へ向かう看板通りに進むと、「こんな坂を帰りに上るのは嫌だな」と思えるほどの激坂を下ると、旅館「喜代元」が右手に見えます。 そのまま直進すると養老渓谷の旅館があつまる中心街に出て、右手に赤い観音橋が見えてきます。 さらに進むと大多喜町に入り、養老渓谷温泉のある養老館が見えてきます。 そのまま直進すると上り坂に差し掛かり、「粟又の滝まで4.3㎞」の看板が見えてきます。 そのまま進んで下り坂を下りきると「老川十字路」に出ますが、ここも直進します。 ここから急な上り坂を上ります。ここが一番の難所です。途中で「粟又の滝まで2.8㎞」の看板が出てきますが、残りの距離よりもこの坂がどれだけ続くかの方が心配でした。 この坂を上りきると車道が狭くなりますが平坦で木陰で涼しい快適な道になります。 そして、左カーブの急な下り坂を下りると前方に、「清見苑」が見えてきたら到着です。 清見苑 道路に面したここが山猫の入り口です。

山猫のかき氷は蜜が凄い

山猫のかき氷はGW中と7月~9月の期間限定で、時期によって蜜も異なります。 山猫のかき氷 山猫のかき氷の特徴は何といっても「蜜」です。パッションフルーツや無農薬の苺など地元のものを使っている、とかそのようなこだわりももちろん大切ですが、とにかく甘い!しかも、砂糖たっぷりの甘さではなくて、果物そのものの味と甘さがダイレクトに伝わってきます。 山猫のかき氷 私は甘いもの好きでかき氷もいろいろなところで食べましたが、山猫のかき氷の蜜以上に甘くて旨い蜜には出会っていません。その中でもおすすめなのが、枝豆です。 山猫のかき氷 最初に苺を食べて山猫のかき氷の旨さを確信したので「枝豆も美味しいだろう」と思えましたが、初めて来た人が枝豆のかき氷をみて「枝豆なんてかき氷の蜜にしても美味しいの?」と思うでしょう。でも、だまされたと思って注文してみてください。ひと口たべると「枝豆の味がするけど枝豆ってこんなに甘かったっけ?」と思うほど、枝豆の味を残したまま甘さも出てきて枝豆の価値観が変わります。それくらい美味しいです。

秋は大福山展望台で紅葉狩り

山猫が季節限定なので、秋は大福山展望台で紅葉狩りがおすすめです。

大福山展望台

大福山展望台へは、養老渓谷駅から踏切をわたり裏側へ出ます。そのまま道なりに約5㎞上ると右側に「展望台入り口」の柱と細い道が見えますので、そこからは歩いて上がりましょう。 登りが嫌いな人にはおすすめできませんが、紅葉狩りをしたい人にはおすすめです。ただ、紅葉狩りのシーズンは観光客が多いので気をつけましょう。

穴場のグルメ

最後にあまり知られていないグルメを紹介します。

窯焼きパンの店 酪

ひとつめはパンやスイーツの「窯焼きパンの店 酪」です。ここは養老渓谷駅から近くて粟又の滝方面へ向かう途中にありますが、道が細いので見落としがちです。さらに、この店が開店時間も遅く閉店時間も早いのと営業日も不明なので行く前に確認した方が良いでしょう。

里山ファーム

そしてもうひとつが、「里山ファーム」のジェラートです。一番人気の自家製ブルーベリーはミルクのさっぱりとした甘さとブルーベリーの酸っぱさがあいまって、甘すぎず酸っぱすぎないちょうどよい美味しさです。ここも奥まったところにあり、迷う事確実ですので注意しましょう。 養老渓谷はいかがでしたでしょうか?有名なサイクリングコースでもなく、ヒルクライムでもありませんが、都内からちょっと離れたところで自然とおいしいものを味わって日帰りするにはおすすめのコースです。 ぜひ1度行ってみませんか?]]>

Categories
趣味

秘伝みつのかき氷で話題の阿左美冷蔵の金崎本店へ 行ってきた

阿左美冷蔵が気になってました。阿左美冷蔵は蔵元秘伝みつのかき氷がが有名ですが、どんな味なんだろう?と想像できなかったので、ある平日にふと思い立って、ロードバイクで行ってきました。 阿左美冷蔵 蔵元秘伝みつのかき氷 阿左美冷蔵の金崎本店は10時開店で2時間待ちする事もあるというので、10時には着いておきたいと想い、早朝5:30に出発しました。途中2度ほど休憩したので10:20に金崎本店に到着。 到着したのは良いのですが、駐輪場が無くて(駐車場は近所の一般家庭が500円/日程度の有料でやっています)困ったのですぐ近くの上長瀞駅の駅員さんに相談したら、「1台くらいならそこの小屋に停めて良いよ」とサービスしてくれたので、好意に甘えて停めさせてもらいました。 ※ちなみに駅の駐車場も有料です。 徒歩で阿左美冷蔵まで行くと、店の庭には100人くらいの大行列。夏休みとはいえ平日なのにこれだけの大賑わい。家族連れやカップル、女性グループなどさまざまでしたが、自転車できていたのは私だけっぽかったです。(都内から100km近くあるので当然といえば当然ですね) 阿左美冷蔵 待ち行列 ちなみに最後尾の人は「ここが最後尾です!」という竹棒を持つのが仕組みのようで、私も持ったのですが、すぐに客が来たので実質持っていたのは数分でした。それだけ大賑わいのようです。庭には和風のパラソルや扇風機があるので、道路と比べて暑くありません。他の待っている人たちは「暑い~」と汗拭きシートで汗を拭いていましたが、私はロードバイクで走って汗だくだったので暑さがそれほど気にならなかったのかもしれません(笑) 行列に並ぶとメニューも回ってきて残り20人くらいのところまで来ると店員に注文を聞かれて、注文票を渡されます。今日は5時間ちかくかけて自転車で来たのだから1杯では損!と思い、2種類注文しました。ただ、一緒に持ってこられても溶けてしまうので、別々に持ってきてもらうように頼みました。 阿左美冷蔵 週末だと2時間くらい待つと聞いていたし、この日も100人くらい並んでいたので、1時間以上は待つかなぁと覚悟していましたが、40分くらい待っていたら店内に入れました。

頭がキーンとならないかき氷

店内は店の中と庭の2箇所に席があり、希望などは無く店員に案内されます。私は庭側に案内されました。店内はいかにも和風で、庭も綺麗に手入れされてて、昔のかき氷器も飾られてました。 阿左美冷蔵 10分もしないうちに1つ目のかき氷 蔵元秘伝みつのかき氷がやってきました。秘伝のみつは甘すぎずとろとろしすぎないので、氷ととても合います。一緒についてくる練乳?のようなもので甘さを味わえます。 「口直しにどうぞ」と梅干が1つついてきます。 秘伝のみつをかけてさっそく食べると、ふわっとした氷が口の中で溶けていき、みつが口の中で広がっていきます。ガリガリ君のような固さは感はなく、まるで冷たい綿菓子を食べているような感じです。ただ、サクサク感が思ったほど無かったのが残念でした。 近くのカップルがいちゃつきながら食べている間にサクッと1杯食べてしまった私は、2つ目のかき氷を出してもらうように店員にお願いしました。 2つ目は乙女の苺みるくです。 阿左美冷蔵 乙女の苺みるく こちらは苺味のシロップとミルクのシロップがあり、苺のシロップは甘酸っぱくこれだけでも美味しく味わえます。ミルクのシロップは練乳よりとろみが無く、超濃厚な甘い牛乳という感じでこれだけでも美味しかったです。 こちらもサクッと食べてお店を出ました。会計はかき氷が来た時に支払うシステムで、私の場合は2つ目の乙女の苺みるくが来た時に支払いました。 1杯だけなら来た甲斐はあまり無かったかもしれませんが、2杯食べたので満足です。でも、個人的には宇治抹茶あずきも気になっていたので、追加注文すればよかったかなぁとちょっと後悔しました。 そういえば、かき氷を食べると頭がキーンとする事がよくあり、この前の日も横浜の中華街で台湾かき氷の雪花氷を食べた時はとてもキーンとしたのですが、阿左美冷蔵のかき氷はまったくしませんでした。この差って何故なんでしょう?

実は支店が長瀞駅近くに

阿左美冷蔵は上長瀞駅の近くに金崎本店がありますが、実は長瀞駅から宝登山神社へ向かう途中に支店があります。店内や待ち時間はわかりませんが、この日は金崎本店よりも支店の方が待っている人数は少なかったように思えます。 ただ、支店は金崎本店のように庭ではなく道に面したスペースで待つので待っている人はとても暑そうでした。金崎本店の庭は風情があって暑くないので、個人的には待ち時間が長くても金崎本店の方をおすすめします。]]>