Categories
インプレ パーツ

GIANT TCR0のインプレ「初心者向きじゃない!!」

GIANT TCR0を試乗させてもらいました。TCR0は「上級グレードのアルミフレームを使いSHIMANOの11速化された105をメインに使っていて走行性を高める設計が魅力で入門的なレースからヒルクライムまで楽しめるコストパフォーマンスが高い」と評判なので、どんなもんだろう?と期待して乗ってみました。 GIANT TCR0 2015

初心者向けじゃない!!

CAAD10と比べて乗って最初に感じたのが硬さです。恐らく全体的にだと思いますが、フレームもハンドルも硬い感じがして、振動がもろに腕などにきます。これだけ硬いと女性には相当きついだろうなぁと思いました。男性でも乗る頻度が少ない人やロングライド目的な人は慣れるまで辛いでしょう。 また、ホイールが重い!! CAAD10の完成品についているRS11も1900g強で「鉄下駄」と呼ばれていますが、TCR0についているP-R2は前後で1950g程度とさらに重いです。そのため、走り始めに力が要ります。女性に2kgのホイールはきついですね。 さらに、右折・左折しにくい。乗っていて曲る時にハンドルをCAAD10よりもしっかり曲げないと曲りにくいです。CAAD10はロードバイクを傾ければ結構曲るのですが、TCR0は傾けてもハンドルを曲げないと曲らないと感じました。

TCR0の良い点

デメリットばかりを書きましたが、良い点もあります。まずは何といってもコンポーネントです。105を使っています。105であればコンポーネントとしては特に問題ないでしょう。 次に加速力です。ホイールが重いので走り始めは辛いですが、スピードに乗ればその重さが逆に加速に利用できます。回転性もRS11と大差はないので、これだけ回ればコストパフォーマンスとしては良いのでは?と思います。 これで13.5万円ですからコストパフォーマンスはかなり良いかと思います。

TCR0は男性の通勤向き

以上のことからTCR0は女性やロングライド、不定期利用には向いていないと思います。また値段が安いとはいえ初心者にも使いづらいかなと感じました。逆に力ある男性が通勤用として適していると思います。 ロングライドであればDEFY1を勧められると思うので、TCR0を購入する人は少ないと思いますが、TCR0でヒルクライムはきついかなぁと思いました。 GIANT TCR0 2015]]>