Categories
旅行

ミルフォードサウンドでScenic Cruise(シーニック・クルーズ)に乗ってきた

Real Journeys社のNature Cruiseのチケットをネットで購入していたのですが、まさかの遅刻で乗れずに、1時間後に出発するScenic Cruiseに変えてもらいました。 (Scenic CruiseとNature Cruiseの違いについては「ミルフォードサウンドのツアーの選び方」を、ミルフォードサウンドまでの行き方については「ミルフォードサウンドまでの行き方。時間は余裕をもって」を参考にしてください)

ミルフォードサウンドには様々な客船と会社が選べる

まず最初に驚いたのが船。豪華客船!というわけではありませんが、思っていたよりもきれいで大きな船。中ではゆっくり座れるし、屋外にも出て風や水しぶきも体験できるので、大人はもちろん子供も楽しめます。 Real Journeys社はこのほかにも船を数隻所有しており、クルーズによって異なるタイプの船が出るようです。 他社も特徴的な船を持っていて、Go Orange社はこんな船でした。 JUCYは高速船みたいな感じですね。

ミルフォードサウンドの滝は数と大きさが規格外

出発して早々、大きな滝が見えてきます。 この日は午前中は曇っていたので最初の頃は山頂がなかなか見えませんでしたが、1000m以上の山もあり、滝の落差も最大で500m以上のものもあります。 大きさがわかりにくいと思いますが、この写真の右下に見える写真が100人くらいが乗れる船です。 離れていても滝の音がはっきりとわかるくらいの轟音が聞こえてきます。 そのほかにも滝が連なっていていたりして、フィヨルドの凄さを感じます。日本でも滝はたくさん見れますが、これだけ多くの滝を間近で見れる場所はほとんどないのでは?

ミルフォードサウンドで避けられない天候による当たりはずれ

ミルフォードサウンドは標高も高く山間にあるため、天気は非常に変わりやすいです。ニュージーランドは私が行った夏の季節は晴天の日が多いのですが、この日は午前中は雨で午後から晴れました。そのためテ・アナウから出発してミルフォードサウンドを出発した時は曇りで、途中で激しい雨もあったのですが、ミルフォードサウンドに着いて待っている間に雨が止み、クルージング中に晴れて、帰りは全く雨は降りませんでした。 そのため、天候に関しては行ってみないとわからない、というのが実際のところです。 曇りや霧がかかると山の上の方が見えないので、フィヨルドの凄さは半減しますが、滝に関しては変わらないかむしろ雨が降った時の方が勢いがあるので、雨でも十分楽しめます。

ミルフォードサウンドのツアーの感想

Real Journeys社のScenic Cruiseは1:20程度で終わってしまいました。Nature Cruiseの料金を支払っていたので損した気分はありますが、十分楽しめました。ただ、欲を言えば「もう1時間待ってNature Cruiseにしておけば良かったかなぁ」と思いました。 Nature CruiseとScenic Cruiseで迷っていたらNature Cruiseをおすすめします。もし、時間とお金で都合がつく人はSouthern Discoveries社のEncounter Nature Cruiseが良いのでは?と思いますが、こちらはクイーンズタウンやテ・アナウからのバスが無いので、レンタカー等で行くしかないようです。 今回はミルフォードサウンド以外にも、ダウトフルサウンド、ダニーデン、テカポ、クイーンズタウンを回ってきましたので、ぜひそちらも御覧ください。]]>

Categories
旅行

ミルフォードサウンドのツアー・クルーズの選び方

前回はミルフォードサウンドまでの行き方などを紹介しました。そこで今回はクルーズの選び方について紹介します。

クルーズは6社

ミルフォードサウンドでクルージングを行っている会社は6社(2020年1月時点)あります。 どの会社もに出発時間や時期で料金が変わります。会社間で比較すると値段の違いはあり、各社1~3つ程度のクルージングを用意しています。金額が同程度であればクルージング内容は会社間で大きな違いは無く、大きく違うのは船の種類です。

クルーズの違いは時間+α

それでは各社いくつかクルージングを用意していますが、その違いについてみてみましょう。例えばReal Journeys社の場合、Nature CruiseとScenic Cuise、Overnight Cruise、Fiorland Inside & Out Day Tourの4つがありますが、ミルフォードサウンド自体を周遊するだけのクルージングはNature CruiseとScenic Cruiseの2つだけです。 また、Southern Discoveries社もNatureとScenic、さらにEncounter Nature Cruiseの3つが基本で、それに水中展望台ツアーをアップグレードでつけることができます。

Scenic Cruise

Scenic Cruiseはどの会社も料金は一番安く、時間も1時間半程度です。特徴は大きな船でミルフォードサウンドの滝や山々を眺めやすくできるように崖や滝にはあまり近づきません。

Real Journeys – Scenic Cruise

Real Journey - Scenic Cruise

Nature Cruise

Nature CruiseはScenic Cruiseに比べて時間が長くだいたい2時間程度のクルージングになります。特徴は船のサイズはScenicよりもやや小さく、その分崖や滝により近づき、ガイドがミルフォードサウンドについて詳しく説明してくれます。また、崖沿いにいるオットセイやイルカ、ペンギンなどを見つけたりします。さらに滝に近づくことで、滝の激流を体験できます。

Real Journeys – Nature Cruise

Southern Discoveries – Nature Cruise

JUCY – luxury Cruise

Encounter Nature Cruise

Southern Discoveries社が提供するEncounter Nature CruiseはNature Cruiseよりも長時間でかつ崖や滝へさらに近づきます。下の動画ではわかりづらいですが、多くの滝へ近づいてくれる模様です。

その他

贅沢の極みなNight Cruise

Night Cruiseは2020年1月時点ではReal Journeys社しか提供していません。内容は午後4時頃に乗船し、翌朝9時までの計1泊2日で、船で食事や宿泊をしながら日没や日の出を見るだけでなく、カヤックやボートなども乗ることが可能です。 ただ、個人的な印象としてミルフォードサウンドにそこまで長く滞在しても飽きてしまうのでは?という気もします。

Southern Discoveriesの水中展望台

Southern Discoveriesは水中展望台が別のところにあるので、オプションで申し込むとそこで様々な生き物を見ることができます。

まとめ

ミルフォードサウンドのクルージングはNatureとScenicの主に2つ。時間をかけてじっくり見たい人はNature。とりあえずミルフォードサウンドを体感できれば良い人はScenicをおすすめします。 さらに満喫したい人はNature Cruiseも良いですが、その時間をダウトフルサウンドに充てるのもおすすめです。

極秘情報

ミルフォードサウンドやダウトフルサウンドなどのクルージングを行っている会社はいくつかあるのですが、Real Journeys社が老舗で一番の歴史があります。さらに、ダウトフルサウンドに関しては言えばクルージングを行っているのはReal Journeys社とGo Orange社の2社だけ。 なぜこの2社だけしかないのでしょうか? 実は、Go Orange社はReal Journeys社から分かれてできた会社で、この2社は親子のようなものです。 ではなぜ、私がこれを知っているかといいますと、実はGo Orange社が私の知り合いの会社のクライアントなので教えてもらいました。 (外国人観光客含めた)一般向けがReal Journeys社、低価格もしくは玄人向けがGo Orange社とターゲットを分けているようです。そのため、船や移動のバスなどもReal Journeys社の方が新しい感じがします。 知人に相談したら「Go Orangeも悪くないけど、Real Journeysでハズレはないよ」とのことでした。 次回はReal Journeysのクルーズに乗った感想を書いてみます。 ]]>