Categories
サッカー

アトレチコが堅守&セットプレーでセビージャを圧倒【第6節】アトレチコマドリード4-0セビージャ

アトレチコ・マドリードvsセビージャアトレチコ・マドリードvsセビージャ

中盤の守備力勝負で膠着状態

勝ち点11で並び、この試合の結果次第では首位にもなれるアトレチコとセビージャ。好調の原因は両チームとも守備力で、5節終了時点の失点数はセビージャは3、アトレチコも4と非常に少ない。 また、ともに得点力もあり5試合中3試合で2点以上あげている。その攻撃力を警戒してかアトレチコはガビ、チアゴ、サウール、セビージャはムビア、カリソ、クリチョビアクとお互い3ボランチで中盤を固めて試合に臨んだ。 そのため序盤はお互い中盤での激しい守備による潰し合いで、シュートまでたどり着けない。19分にアトレチコはコケがPA左からミドルシュートを決めて先制したが、この時が両チームほぼ初めてのゴールチャンスだった。 アトレチコの厳しい守備は今年も顕在で、先制後も攻守の切り替えは速く、セビージャボールになってもすぐにチェックにかかる。3ボランチにしたセビージャはこれまで攻撃の中心として活躍してきたデニス・スアレスやバネガらが不在なうえに、アトレチコの徹底した守備で自由にボールを回せずに苦戦する。

今年も顕在、アトレチコのセットプレー

セビージャが攻めあぐねているとアトレチコは得意のセットプレーで突き放す。右サイドからのFKではガビからゴール前ではなくゴール右に送り、それをアルダが落としたところに回りこんだミランダがダイレクトでファーサイドへ送ると、フリーで走りこんだサウールが合わせて追加点を奪う。 amadrid-sevilla02

攻めるセビージャをあしらうアトレチコ

前半で0-2とされたセビージャはハーフタイムでビトロ、コロに代えてデニス・スアレス、バネガを投入し攻撃に転じようとするも、アトレチコもガビに代えてラウール・ガルシアを入れ、空中戦要員を増やす。 アトレチコはCBが強いので引き出さなければ得点は望めないのだが、CBを引き出すにはサイドを崩すか、中盤を崩すしかない。サイドを崩せてもアトレチコはラウール・ガルシアらボランチ陣がカバーに入るのでゴール前で決定機を作るのは難しい。 そうなると中盤を崩すしか方法はないのでセビージャはバネガを起点に攻撃をしかけるも、チームメイトとの連携もまだ悪く孤立してしまい3ボランチに潰されチャンスを作れない。 逆にアトレチコはセットプレーからさらに追加点を決めると、終了間際にはカウンターからPKを奪って4-0と完勝する。

セットプレーに隠れた攻撃陣の得点力不足

アトレチコはこれで開幕から6試合無敗と上位をキープしているため好調のように見える。 しかし、守備面では問題ないが、攻撃面ではカウンターなどで懸念点がある。なかでも、今シーズン加入したFWマンジュキッチやグリーズマンが昨年大活躍したジエゴ・コスタやダビド・ビジャの代わりとして期待されているが、なかなか成果をあげられていない。 マンジュキッチがカウンタータイプではないので、その場合にどれだけ得点力をあげられるかが今後の課題でしょう。 ]]>

Categories
サッカー

ファルカオ欠場でも安心できない!FWバッカの突破力に注意せよ

優れる中盤のコロンビア 日本のグループリーグ3戦目の相手のコロンビアは、FIFAランキング8位とグループ内で最高位です。エースストライカーのFWファルカオは欠場することになったので「日本が勝てるのでは?」と思っている人は多いのではないでしょうか? しかし、W杯はそんなに甘くありません。 長友のチームメイトのMFグアリン、今オフの移籍市場で注目されているフィオレンティーナのクアドラードに加え、チームのエースでファルカオと同じフランスのモナコに所属するハメス・ロドリゲスなど、中盤には攻撃面で優れる選手が揃っています。

ファルカオに変わるエース・バッカ

ファルカオの欠場で攻撃力が激減すると思われるかもしれませんが、コロンビアにはもう1人得点力のあるFWがいます。それがセビージャ所属のカルロス・バッカです。 今シーズンからセビージャに加入したバッカはベルギーリーグのクラブ・ブルッヘ時代にリーグ得点王にも輝き、多くのクラブでの争奪戦の末セビージャ入りしています。 ところが、今シーズンのセビージャはメンバーが大幅に入れ替わったために序盤はなかなかスタイルが作れず降格圏の19位(全20チーム)まで落ちました。 しかし、スタメンに固定されると持ち前のスピードと力強い突破力でゴールを量産。リーガで14ゴール、優勝したELでは6ゴールの計20ゴール、12アシストを記録しています。 なかでもリーガ第30節のホームでのレアル・マドリード戦では2得点をあげて強豪撃破の立役者となっています。 2014/6/6に行われたヨルダンとの親善試合でもスタメン出場し、先制点のPKのきっかけとなるプレーでスルーパスを出すなど攻撃に絡んでいました。 「ファルカオがいないからコロンビアの攻撃は大丈夫でしょ?」と思っているあなたは、バッカに要注意です。]]>

Categories
サッカー

興奮のセビリア・ダービー。勝敗を分けるのはリアリスティックと狡猾さ【第14節】セビージャvsべティス

世界で最も熱いと言われるセビージャ・ダービー。サンチェス・ピスファンで行われたセビージャvsベティス戦は、昨シーズンに続き、今シーズンもホームのセビージャが大勝した。 それにしても会場の雰囲気が狂ったように殺気立っているためか、前半は選手たちも激しいぶつかり合いや挑発が多かった。 セビージャはそれをうまく利用したが、ベティスその熱さにブレーキをかけられなかった。

【勝負の分かれ目】ベテランのレジェスの狡猾な活躍

セビージャダービーが開催される1週間前から、セビージャの街中はダービーの話題で持ち切りになるというだけあって、当日のスタジアムは熱気というより殺気が満ち溢れた異常な雰囲気で包まれていた。 そのような状況で選手たちはある意味飲み込まれてテンションが高くなってしまったが、その中でも相手をよく見ていたのがベテランのレジェスだった。 開始早々のバッカの先制点をアシストした際も、裏へ抜けるのが得意なバッカとコンパクトな守備でDFラインを上げるベティスの守備陣の特徴を見抜き、ほぼノールックパスでDFラインの裏へパスを通した。 先制したことでさらに前がかりになるベティスに対してセビージャはバティージョ、ベルドゥらベティスの攻撃の起点となる選手をしっかり抑え、逆にスペースを生て素早いカウンターを仕掛ける。 そして、この試合のポイントとなったのが前半41分のベティスのCBパウロンの退場だろう。中盤でレジェスがカウンターを仕掛けてパウロンをかわそうとした際に、パウロンが手を出して倒してしまい、2枚目のイエローカードをもらってしまう。 この直後のFKでエムビアが強烈なヘディングシュートを決めて2-0とすると、ベティスは意気消沈してしまう。 後半に入っても試合の主導権はセビージャが握り、59分にはビトロがダメ押しとなる3点目を決め、昨年に続いてホームのダービーを大勝した。

【セビージャの改善点】遅攻での中盤のパスワーク

大勝したとはいえ、この日は前に気持ちがはやるベティスをいなしたというのが正直なところだ。この試合も含め今シーズンはカウンターが決まっており、この要因の1つが裏へ抜けるのが得意なバッカを生かせるようになったからだろう。 その反面、遅攻になると前線で的になれる選手がいない事と、中央のラキティッチしか攻撃を組み立てられないので、ラキティッチが高い位置でフリーになれないとチャンスを作れない。 それを改善するにはボランチのエムビアやイボラが攻撃陣のフォローに入り、展開できる事が必要だ。

【べティスの改善点】攻撃時のリスクマネジメントと90分のバランス

今シーズンのベティスは全体的にコンパクトに守り、攻撃では個の力を生かして積極的な仕掛けをするが、シュートで終われずに中盤で奪われてしまいカウンターから失点するケースが目立つ。 特に攻撃の司令塔であるベルドゥが不調で、左サイドのバティージョが得意のドリブルで突破口を見出そうとするも警戒されており、前線のホルヘ・モリーナにボールが渡る回数も少ない。 ホルヘ・モリーナは得点力がある選手なので、SBを使ったサイドからの崩しやボランチのノノやシャビ・トーレスによる逆サイドへの展開などで、カウンターを避けた攻撃を増やしていくべきだ。 スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか ワールドカップで日本が勝つためのヒント (ソフトバンク新書) ]]>

Categories
サッカー

チグハグな試合を締めるジョナス【第5節】バレンシアvsセビージャ

バレンシア 3-1 セビージャ 32 1-0 ジョナス 52 1-1 ガメイロ 73 2-1 ジョナス 82 3-1 ビクトル・ルイス

【概要】連動しきれないチグハグな展開

CL、ELに参戦しているにもかかわらずリーグ戦ではバレンシアは1勝4敗で16位、セビージャも2分2敗で19位とまさかの下位に低迷するチーム同士の対戦となった。 バレンシアは守備陣に不安を抱え失点が多く、セビージャはほぼ総入れ替えとなり噛み合わない攻撃陣が低迷の原因だが、この試合も両チームともこれらの課題が露呈する。 それでもバレンシアは問題の守備を攻撃力でカバーしようと両SBが上がって厚みのある攻撃を試みる。だが、クロスをあげてもゴール前のポスティガは競り勝てず、クロスを上げられないと次の展開が無いので、ゴールチャンスを作れない。 また、カウンターで前線のポスティガにボールが渡っても、ドリブル突破ができないポスティガはシュートしかなくチャンスをフイにしてしまう。 それでもこの日のバレンシアを救ったのはトップ下のジョナスだった。SHのフェデからのパスをゴール正面で合わせて先制すると、同点に追いつかれた後半には右サイドでジョアン・ペレイラからのパスを受けて切り替えてDFをかわすと、左足でファーサイドにシュートを決めて突き放した。 一方のセビージャは、前半はCFガメイロへパスを送るも精度が悪く、またフォローも少ないため、チャンスを作れなかったが、後半に入ると徐々に巻き返し、CKからガメイロのゴールで同点に追いつく。その後も流れはセビージャペースだったが、得点したガメイロを下げて中盤の選手を入れて、トップ下のマリンを1トップに据えたかと思えば、その後今度はMFを下げてCFを投入するなど不明瞭な選手交代とポジションチェンジを行ったためその間にバレンシアに再びリードされてしまった。 公式戦5試合ぶりの勝利を収めたバレンシアは、9位に浮上。一方、リーガで未勝利セビージャは最下位に沈んだ。

【勝負の分かれ目】相手の問題点の攻略

両チームとも状態は悪かったが、セビージャはガメイロやマリンら高さが無くスピード勝負の選手に対してロングボールが多く、質の良いパスを渡せなかったため、バレンシアの問題点であるCBに対して勝負をほとんど仕掛けられなかった。 一方バレンシアは両SH、SBが積極的に上がり仕掛けたりクロスを上げた。いずれも単発で厚みのある攻撃ではなく、崩したわけでもなかったが、流れの中からジョナスの個人技で2点決められた。

【セビージャの改善策】選手の特性を生かす組み合わせ

ネグレドやヘスス・ナバス(現マンチェスターC)のエースを失ったため、従来の戦い方はできない。新戦力にあった戦い方が必要になるが、1トップ候補のガメイロとバッカではネグレドとはスタイルがまったく異なり、お互いも異なる。また、テクニシャンマリンに似る選手もナバスとは異なる。そうなると、現有戦力で新戦術を考えなければならない。 腰痛は医者の言葉を信じるな! ]]>

Categories
サッカー

Aビルバオの強さは【第35節】ビルバオvsセビージャ

bilbao-sevillabilbao-sevilla ビルバオ 3-1 セビージャ 5分 1-0 スサエタ 53分 2-0 ムニアイン 73分 3-0 アンデル・エレーラ 79分 3-1 ガメイロ 1997-1998シーズン以来17年ぶりのCL出場を狙う4位のビルバオが、ホームのサン・マメスで5位セビージャを3-1で倒して、CL出場権の4位に大きく近づいた。

得点力の秘訣は飛び込みと精度

得点数5位で4位のセビージャとは1点差。要因はCFのアドゥリスがシーズンが進むにつれてフィットして、持ち味の高さが引き出されたからだ。 両サイドにはムニアイン、デマルコス、バレンシアガらのクロスの精度も高い。 そして、アドゥリスの後方からアンドレ・エレーラやミケル・リコらがアドゥリスが相手DFを引き連れて空いたスペースへ走りこむ事で、こぼれ球やマイナスのクロスに対応する。 この日も、2点目、3点目ともに右クロスに対して走りこんだものだった。

堅守の要因はボランチ

失点数も4位と堅守が光る。前線からの守備もあるが、ダブルボランチのミケル・リコの運動量とイトゥラスペの底での守備力が要因だ。 イトゥラスペは若手として注目が集まっているが、エレーラやムニアインと比べると注目度は低く、もっと注目されても良いのではと思うくらいチームの軸になっている。 [amazonjs asin=”4331518272″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”サッカー布陣図鑑 オールカラー! 観戦力を鍛える41のフォーメーション”]]]>

Categories
サッカー

Aビルバオの強さは【第35節】ビルバオvsセビージャ

bilbao-sevillabilbao-sevilla ビルバオ 3-1 セビージャ 5分 1-0 スサエタ 53分 2-0 ムニアイン 73分 3-0 アンデル・エレーラ 79分 3-1 ガメイロ 1997-1998シーズン以来17年ぶりのCL出場を狙う4位のビルバオが、ホームのサン・マメスで5位セビージャを3-1で倒して、CL出場権の4位に大きく近づいた。

得点力の秘訣は飛び込みと精度

得点数5位で4位のセビージャとは1点差。要因はCFのアドゥリスがシーズンが進むにつれてフィットして、持ち味の高さが引き出されたからだ。 両サイドにはムニアイン、デマルコス、バレンシアガらのクロスの精度も高い。 そして、アドゥリスの後方からアンドレ・エレーラやミケル・リコらがアドゥリスが相手DFを引き連れて空いたスペースへ走りこむ事で、こぼれ球やマイナスのクロスに対応する。 この日も、2点目、3点目ともに右クロスに対して走りこんだものだった。

堅守の要因はボランチ

失点数も4位と堅守が光る。前線からの守備もあるが、ダブルボランチのミケル・リコの運動量とイトゥラスペの底での守備力が要因だ。 イトゥラスペは若手として注目が集まっているが、エレーラやムニアインと比べると注目度は低く、もっと注目されても良いのではと思うくらいチームの軸になっている。 [amazonjs asin=”4331518272″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”サッカー布陣図鑑 オールカラー! 観戦力を鍛える41のフォーメーション”]]]>