Categories
ロードバイク

わずか4つ!初心者のためのクロスバイクのメンテナンス

クロスバイクの故障の原因は放置! 街乗りに最適なクロスバイクですが、ママチャリのように雑に扱っているとすぐに汚れたり、スピードが出にくくなったり、故障したりなどなど。結局使わなくなってしまうというマイナスのスパイラフに陥ってしまいます。そうならないように簡単メンテナンス方法を紹介します!

これだけやっておけばOK!

フレームとホイール

まずは一番簡単なフレーム(本体)の手入れ方法です。

フレームは下側を中心に毎回拭く

フレームは汚れないように見えても実は結構汚れます。砂埃があったり砂利道を走ったりすると砂がオイルにこびりつきます。 「フレームにオイル?」と思うかもしれませんが、ネジやフレームとフロントフォーク(前輪とフレームをつなげる上下の棒)の接着個所などにはさび止めや摩擦防止目的にグリスというオイルがついています。 メンテナンスと言っても乗った後に布(使い古したTシャツ)やキッチンペーパーでフレームやホイール全体を乾拭きして汚れを落とすだけでOK。 1つポイントがあるとすれば、フレームは見えない部分がよく汚れるので、フレームの下側はきちんと拭きましょう。

雨や泥で濡れたら洗車

雨の中走ったり、泥や水たまりなどを通った時は洗車をしましょう。水をかけるか自転車用の洗剤で洗います。この時も専用のブラシがあると便利ですが、なければ雑巾でも問題ありません。洗車したら水気はしっかりふき取りましょう。なお、チェーンも濡れるのでチェーンも一緒に洗い、洗車後はチェーンに注油をしましょう。 ちなみにワコーズのフォーミングマルチクリーナーは泡のクリーナーでこれをかけて布でふき取れば汚れが落ちるので、水がいりません。しかも、チェーンの汚れもこれで取れるのでこれ1つでクリーナーが事足りるのでとても便利で、私もこれを愛用しています。

チェーン

次に一番酷使するチェーンのメンテナンス方法です。

毎日乗り終わったらキッチンペーパーや布切れで拭く

チェーンの1か所をキッチンペーパーや布切れで覆い、ペダルを回しましょう。するとチェーンが動いて、キッチンペーパーでチェーンについた汚れをふき取ります。 また、後輪のギアの下にあるプーリーの部分を同じように覆って拭きましょう。

注油は月1回でOK

チェーンにオイル(油)を注さないと、チェーンの動きが鈍くなるので定期的に注さないといけません。でも、注しすぎるとチェーンに汚れが付きやすくなるので注しすぎは逆効果。では、どのくらいがいいのでしょう? 走る頻度や距離、注すオイルの種類によって違いますが、だいたい月1回くらいで良いでしょう。オイルも数多くありますが、ワコーズやフィニッシュラインが好評です。

チェーンの洗い方

洗車する際、チェーンは濡れますので必ずチェーンも洗いましょう。チェーンの洗い方は、
  1. 専用のクリーナーで油を落とす。
  2. ブラシ(歯ブラシでもOK)でチェーンとギアをくまなくこすって汚れを落とす。
  3. 水で流して布などで水気をしっかりふき取る
と簡単です。必要な用具はクリーナーとブラシです。クリーナーは自転車ショップに行けば必ず売ってますが、ワコーズが有名ですね。 こんな便利なブラシもあるのでおすすめです。

タイヤ

一番直す機会が多いのがタイヤでしょう。タイヤはとにかく乗る前に空気圧をチェックすることが大事です。空気圧メーターがついた空気入れは絶対に持っておきましょう。 空気圧は体重によって違ってきますが、6気圧~7気圧くらいが一般的です。女性や小柄な男性なら6気圧程度、身体が大きい人は7気圧くらいを目安にすれば大丈夫です。タイヤやチューブ、ホイールなどによって違いますが、前日に7気圧に入れても翌日になったら6気圧くらいまで下がるものもありますので、乗る前には必ずチェックしましょう。 また、タイヤと中に入っているチューブは劣化するので、パンクをしなくても定期的に交換しましょう。目安は4000km程度ですが、走行距離がわからなければ半年に1回程度です。

ホイールの外し方

クロスバイクからホイールを外す方法はとても簡単なので説明は省略します。動画を参考にしてください。
前輪(フロントホイール)
後輪(リアホイール)

パンクの修理方法

もしもパンクをしたときは最寄りの自転車ショップに行きましょう。1回あたり1500円程度で対応してくれます。ただし、タイヤも切れてしまった場合は+タイヤ代が2~3000円くらいかかります。 とはいってもクロスバイクのパンク修理はとても簡単です。予備のチューブ、空気入れ、工具キット、タイヤレバー、パッチキットがあれば外出先でも自分で修理できます。

ブレーキ

ブレーキは最初に調整しておけば変化することはないのであまりチェックすることはありませんが、タイヤ(ホイール)の回転を止めるブレーキシューがどんどんすり減っていきますので、ブレーキシューがすり減って無くなっていないかだけチェックしましょう。 ブレーキシューはメーカーやタイプによって異なるので、初回だけメーカーやショップに確認して、次回以降自分で購入するのがおすすめです。

重要なのは日々のチェック

最初は、「面倒くさい!」とか「大変だなあぁ」と思うかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。せっかく買ったお気に入りのクロスバイクを長く乗るためにも、毎回乗る前、乗った後にはメンテナンスとチェックを行って事故や劣化を防ぎましょう。]]>

Categories
ロードバイク

ハンドルの高さでクロスバイクの乗り方が変わります

bianchi CAMALEONTE4クロスバイクの選び方については「将来を見据えた初心者のためのクロスバイクの選び方」でも紹介しましたが、「どうしても決められない」という相談を受けたので、さらに一歩深く踏み込んだクロスバイクの選び方を紹介したいと思います。

ハンドルが重要な理由

クロスバイクを買う時に候補がいくつかあって悩んだら、ハンドルの「高さ」に絞って比較することをお勧めします。「なぜハンドルの高さなの?」と思うかもしれません。私もハンドルの高さなんてそんなに気にしませんでしたし、いざとなればスペーサーを取り付け・取り外しして変える事も可能です。 ですが、ハンドルの一番下の位置は変えられないし、車体によって高さは異なります。下の画像は左からBianchi、TREK、Cannondaleのクロスバイクですが、ハンドルの一番下の高さ(赤いラインの部分)がBianchiとCannondaleではCannondaleの方が数cm高い事がわかります。 クロスバイク ハンドル高さ たかが数㎝と思うかもしれませんが、5㎜でも違えば背中や肩、腰、おなかにかかる力具合や、スピードの出しやすさも変わってきます!! この場合は、上半身が起き上がるBianchiの方が楽に走れますが、Cannondaleの方がスピードが出しやすくなります。また、体の硬い人がCannondaleの方に乗ると慣れるまで結構疲れたり、筋肉痛になったりする可能性もあります。

ハンドル高さの調べ方

では、ハンドルの高さは具体的にどのように調べたらよいのでしょうか? 各メーカーのサイトにはクロスバイクのサイズ表(ジオメトリー)があります。その中で「スタック(STACK)」という項目がペダルの軸の部分~ハンドルの一番下までの高さを表しています。 例:Cannondale QUICK 4のジオメトリー 最少サイズのSMでは56.2㎝、最大サイズの2Xでは65.3㎝とその差は9.1㎝もあります。 ですが、TREKのサイトにはジオメトリーはありますがスタックは記載されていません。こういう場合はサイトから問い合わせるかショップで実際に測ってもらいましょう。 リンク:TREK 7.4FXジオメトリー

ハンドル以外は見なくてよいのか?

ハンドルの高さ(スタック)だけを注目していますが、そのほかは比較しなくて良いのか?と思う方もいるでしょう。ロードバイクではハンドル~サドルの長さのベースとなる「トップチューブ」の方が重視されますが、クロスバイクではトップチューブ長は大きな差がなく、またサドルを前後に動かせるので、それほど気にする必要はありません。 また、サドルの高さの基準となる「シートチューブ長」もサドルの高さは調整できるので、極端に高すぎないものを選べば問題ありません。ただ、シートチューブが高すぎると、シートポスト(サドルの下のにある縦長の細い棒)が短くなり見た目がかっこ悪くなってしまうので注意しましょう。 クロスバイク サドル 緑のラインがTREKのシートチューブのトップの位置ですが、Cannondaleと比べるとかなり高い位置にあるのがわかります。

乗り方に合わせたサイズ選び

クロスバイクもハンドルの高さが違うという事は理解していただいたと思います。では、あなたに適した高さはどの程度なのでしょうか? それは、あなたの走り方によって決まります。
  • ゆっくり、長距離・・・ハンドル高め
  • 速く・・・ハンドル低め
ハンドルが高くなると上半身が起きた状態になるので速く走るのは難しいですが、腕や背筋、腹筋などに負担がかからないのでゆっくり走る人向きです。一方、速く走りたい方は上半身を前に傾けることで、風の抵抗を減らすだけでなく、頭の重力を使って踏み足に加重できるようになるので、速く走れます。ですが、上半身に負担がかかるので慣れるまで無理をしないようにしましょう。 クロスバイク サドル Bianchi、TREK、Cannondaleで比べると、ハンドル位置もシートチューブも高いBianchiがロングライド向きで、ハンドルやシートチューブが低いCannondaleが速く走る人向きと言えます。

迷ったら小さい方を選べ

クロスバイクは種類がたくさんありますが、必ずしもあなたにピッタリな1台を見つけるのは至難の業です。サイズで悩んだら適正サイズに近い方を選ぶのがベターですが、サイズが小さい方が小回りが利き、サイズが大きいと安定性が増すので、目的に応じて選ぶと良いでしょう。
]]>

Categories
ロードバイク

クロスバイクを買ったら一緒に買っておくべき7個のアイテム

クロスバイクの選び方を紹介しましたが、買って最初に悩むのが、次に買うものではありませんか? 先日、知人がクロスバイクを買ったのですが、それ以降、連絡がよくきてます(笑)でも、自転車好きが増えるのは嬉しいのでウェルカムですよ。私も悩んだくちなので、買ってよかったものを紹介しようと思います。

最初に買っておくべきもの7つ
  1. グローブ・手袋
  2. パンク修理キット&チューブ
  3. チェーンクリーナー&オイル
  4. ボトルケージ
  5. ヘルメット
  6. スマホアプリ

クロスバイクの窃盗・盗難がここ数年多発しています。外出する際に鍵は必須ですが、鍵をつけていても盗まれる事もあるので、とりあえずつけておけばOKというわけではありません。 重くて頑丈なのが良いのは言うまでもありませんが、重いと持ち運びに不便で、それが引き金になってクロスバイクに乗らなくなってしまっては本末転倒です。そこでおすすめの鍵と鍵のかけ方を紹介します。

鍵は複数使う

窃盗にかける時間は数分と言われています。窃盗団や泥棒は盗める自転車を探しているので、盗みやすい自転車を盗んでいきます。つまり人気のあるクロスバイクでも盗むのに時間がかかりそうなクロスバイクは無視するわけです。

鍵は地面と固定させる

ママチャリの鍵は前輪もしくは後輪を回させないための簡易的なものがほとんどなので、その延長でホイールだけを鍵かける人もよくいます。さらに、ワイヤー系の鍵でホイールとフレームを括り付ける人もいますが、それだとそのまま持って行かれてしまうので、全く意味がありません。 クロスバイク 持つ こんな感じで女性でも簡単に持ち運べちゃうほどクロスバイクは軽いんです。だから、ポールなど地面と固定しているものに鍵をかけましょう!

鍵は目立つようにかける

「目立たない方が見つからないからいいんじゃない??」と思う人もいるかもしれませんが、泥棒の自転車の選定基準は、
  1. 鍵がかかっていない
  2. 持ち運べる
  3. 簡単に鍵を外せる
の順だそうです。しかも、愛知県警察署の自転車盗難の実態によれば、盗難される自転車の半数以上が施錠していないとのこと。つまり、鍵がかかっている事がわかればその時点で窃盗の対象から外れやすくなるわけです。

ホイールを外す

これは最終手段ですが、盗難に時間をかけたくないのであれば、盗難するのに時間をかければいいわけです。という事で、前輪のホイールを外して後輪やフレームと一緒に鍵をかける方法があります。これはホイール外しが慣れていない人には面倒かもしれませんが、乗りなれた人なら前輪を外すことなんて10秒でできるので、お勧めです。

盗まれにくい鍵

[amazonjs asin=”B004C94T84″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”KRYPTONITE EVOLUTION MINI”7″ クリプトナイト New! エボリューションミニ7(178mm)ロック 1200mmワイヤー付”] しっかりしたワイヤーとU字ロックが特徴のKryptonite(クリプトナイト)社の鍵はプロの泥棒がすすめる最高の一品。 もちろんプロの窃盗団が特殊な道具を使った場合は破壊されてしまうでしょうが、時間かせぎになる事は間違いありません。ワイヤーを車輪に通してU字ロックにつなぎ、U字ロックを柱につなげばOK。しかも、結構目立つので泥棒も盗もうとする気になりません。ただ、重いのが難点。 [amazonjs asin=”B003VLIWGE” locale=”JP” title=”PALMY(パルミー) アルミシャックルロック P-ES-101AL/Φ15mm ブラック”] [amazonjs asin=”B00N9U4ZCM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Panasonic(パナソニック) U型ロック SAJ080 ブラック”] Kryptonite(クリプトナイト)の重さを解消するのがこの2つ。これら1つだけだと物足りないので、軽量のcrops(クロップス) スパイダーあたりとセットで使えば持ち運びも保守性も十分でしょう。

グローブ・手袋

ママチャリ時代には手袋なんて使わなかったでしょう。クロスバイクでも無くても走れますが、クロスバイクで何㎞か走っていると汗で手が滑ったりします。それが原因で転倒したり、ブレーキを掛け損ねて事故ったりする危険もあります。さらに転倒した時に手袋があると手をすりむいたりしないので、手袋は何気に重要ですよ!!

手袋の種類

「手袋」と一言で言っても種類がいろいろあります。

フルフィンガータイプ

指先まである普通の形の手袋です。ただ、手のひらにはパッドが入っていたり、冬用に風を通さない分厚いものなど種類は豊富です。[amazonjs asin=”B015GT37RC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”SHIMANO(シマノ) ウインドストッパー® サーマル リフレクティブ グローブ”]

オープンフィンガー(指切り)タイプ

指先が出るタイプの手袋は春~秋にオススメです。指先が出ているのでスマホも使えるので便利ですが、指先だけ日に焼けたり、転倒時も指先だけ怪我してしまいます。 [amazonjs asin=”B00HYE30NO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”サイクリンググローブ サイクルグローブ 正規品 3D立体 自転車 ハーフ GEL入り HANDCREW(ハンドクルー) 男女14色 各サイズ オープンタイプ 12SS-8-2&SS-26&SS-27&SS-28″] 春~秋用に薄手のオープンフィンガータイプと冬用に分厚いフルフィンガータイプを持っておくべきでしょう。

パンク修理キット&チューブ

ママチャリ時代はパンクなんてほとんどしなかったと思いますが、クロスバイクは空気が緩いと段差を上ったり、細かいガラスを踏んだだけでパンクしてします。 自転車ショップに持って行ってパンク修理を依頼すると1,500円くらいになりますし、サイクリングで遠出してパンクしたら近くに自転車ショップが無いなんてこともあります。なのでパンク修理キットは用意しておきましょう。 パンク修理キットと空気入れがあればパンクしても自転車ショップまで行くくらいは耐えられるくらいに復活が可能です。 [amazonjs asin=”B00BHYLUMK” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”BLUELOTUS 携帯 自転車 パンク 修理 工具セット タイヤレバー パッチキット”] [amazonjs asin=”B000L428J6″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Panaracer(パナレーサー) ミニフロアポンプ フットステップ装備 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-AMAS1″] Youtubeにもパンク修理方法の動画がたくさんあるので1度見て、実践することをおすすめします。

チェーンクリーナー&オイル

「注油なんてKURE5-56で十分でしょ!!」って思っているアナタ!それは大きな間違いです。チェーンやギアはもっとも故障や消耗が激しく、錆びついたら交換代だけで数万円ってなってしまうので日々のメンテナンスが重要です。そのためにも、クリーナーとオイルは用意しておきましょう。 チェーンクリーナーは灯油でも可能ですが、個人的にはワコーズのフォーミングマルチクリーナー 380mlがおすすめです。水性なのもあってチェーンだけでなくフレームなどにも使えるので、一気にクリーニングしたいときに気にせずに使えます。 [amazonjs asin=”B00TX6SU0E” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ワコーズ(WAKOS) フォーミングマルチクリーナー 380ml”] また、チェーンの注油にはワコーズ CHL チェーンルブ が使いやすいので人気です。 [amazonjs asin=”B003QEYRY2″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”WAKO’S 【新製品チェーンオイル】 ワコーズ CHL チェーンルブ 180ml HTRC 2.1″]

ボトルケージ

サイクリングで遠くまでいくとのどが渇きます。リュックから毎回取り出してというわけにもいかず、そのまま走っていると脱水症状を起こしたりします。そうならないためにもボトルケージ(水筒入れ)は必須です。ボトルケージはいくつかタイプがありますが、専用のボトルだけでなくペットボトルも入れられる可変タイプが推すすめです。 クロスバイクメーカーのロゴが入ったボトルケージもありますが、TOPEAK(トピーク) のボトルケージが可変で使いやすいのでお勧めです。 [amazonjs asin=”B004Y69QX8″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”TOPEAK(トピーク) モジュラー ケージ 2″]

ヘルメット

「ヘルメットなんてカッコ悪い!!」と思う方もいるかもしれません。ですが、自転車事故で死亡した人の大半が頭部の損傷によるものです。 accident_bicycle (引用:交通事故総合分析センター) なので、ヘルメットをかぶっていれば死ななくて済むという事もあるので、ヘルメットは絶対被った方が良いです。 最近ではかっこいいヘルメットも発売されているので1度選んでみてはいかがでしょう? [amazonjs asin=”B00U11M8BW” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”カスク(KASK) INFINITY エアロロードヘルメット L ブラック”] [amazonjs asin=”B00U11LWMS” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”カスク(KASK) INFINITY エアロロードヘルメット”] [amazonjs asin=”B00JU6X3EA” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”GIRO(ジロ) ASPECT”] [amazonjs asin=”B00JIM2VCQ” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Bern(バーン) ALLSTON MT BLACK XXL-XXXLサイズ オールストン ブラック 自転車用ヘルメット ZIPMOLD ジップモールド バイザー付き”]

スマホアプリ

最後にクロスバイクを楽しむためのスマホアプリを紹介します。

最短距離や坂道を避けるルートを探せる自転車用ナビ

目的地に行くのにナビは欠かせませんが、あなたはGoogle Mapで済ませようとしていませんか?徒歩や車ならGoogle Mapでも十分ですが、自転車となるとかなり不便です。そこで紹介するのが、自転車NAVITIMEサイクリングに自転車NAVITIMEをおすすめする4つの理由でも紹介していますが、自転車NAVITIMEを使うようになってから、道を間違えたり、細い道で人とぶつからないかとひやひやしたりといった危険性も少なくなったので、本当におすすめです。

走る目的とモチベーションが作れるサイクル・コンピューター

ただクロスバイクで走っているだけではなかなか続きません。今ではスマホアプリで自分の走った場所や距離、消費カロリーなども管理できるのです。STRAVAruntastic road bikeといったアプリが有名です。無料だったり一部機能は有料とさまざまですが、無料版でも十分楽しめるアプリです。私はこれを入れてから毎日20㎞走るようになり、頭痛や肩こりが解消されました。 ]]>

Categories
ロードバイク

将来を見据えた初心者のためのクロスバイクの選び方

目的を明確に 今回、クロスバイクの使い方はどんな予定でしょうか?恐らく

  1. 通勤
  2. 運動・ダイエット
  3. 街乗り
のいずれかかに当てはまるのではないでしょうか?

通勤目的なら走行性重視

通勤目的でしたら道にもよりますが、片道10kmだとクロスバイクで30分くらいかかります。10km以上でも通勤は可能ですが、クロスバイクよりもロードバイクの方が快適なので、ロードバイクが欲しくなってくると思います。 とはいえロードバイクの方が高価ですので悩みどころですが、ロードバイクを買ってもいいかなという気持ちがある方はロードバイクをお勧めします。 ただ、私もそうでしたが「いきなりロードバイクはちょっと。。。」という方は、走行性に定評があるロードバイクメーカーのクロスバイクが良いでしょう。中でも、おすすめなのがCannondale(キャノンデール)、TREK(トレック)、ANCHOR(アンカー)あたりです。他のメーカーよりも高いですが、走りが断然違うのでコストパフォーマンスは悪くありません。また、乗っている人も少ないので優越感も味わえます(笑) cannondale quick4 Cannondale quick4 TREK 7.2 FX TREK 7.2 FX なお、近所のホームセンターや商店街・ショッピングセンターにある1~3万円程度のクロスバイクは走りがまったく違うので絶対にやめましょう。

運動・ダイエット目的ならコストパフォーマンス

ダイエットなど運動目的も通勤と同様に走行性が大事なので、キャノンデールやトレックなどがおすすめですが、趣味にそこまでお金をかけられないということであれば、少し安いGIANT(ジャイアント)も良いでしょう。 ジャイアントは多くのメーカーのOEM生産をしているのでブランドイメージは劣りますが、性能は決して悪くなく価格も安いのでコストパフォーマンスが良いのが特徴です。 GIANT R 3 GIANT R3 安いし多くのショップで販売されてるのでユーザーが非常に多く、街中でもよく見ます。そのため、ジャイアント=安い=素人という偏見もあるのも事実。 さらに、GIANTはシンプルで無骨なデザインなので女性好みではありません。そのあたりを気にする方はBIANCHI(ビアンキ)が良いかもしれません。ただ、ビアンキはジャイアントと比べると価格が高いですがデザインが人気あるので、街中でもそれなりに見かけ、その多くが同じ「チェレステ」カラーなので、丸被りする可能性が高いです。 Bianchi ROMA 4 Bianchi ROMA 4

街乗りならデザイン重視

街乗りの場合は距離もそれほど走らないので直感で気に入ったものを選んでも良いでしょう。そうなると気分でクロスバイクを変えたくなると思うので、まずは予算をそれほどかけない方が良いかもしれません。 デザイン重視ならLOUIS GARNEAU(ルイガノ)が人気です。シンプルながらも独特なデザインは他のメーカーには無いのでとても街中でもよく目にします。性能面では?な部分もありますが、街乗り目的ならビアンキ同様、目を引くこと間違いありません。 LOUIS GARNEAU LGS-TRX 3 LOUIS GARNEAU LGS-TRX 3

将来を考えてのクロスバイク選び

長くもしくは速く走るのが目的であれば、半年~1年くらい乗り続けているとクロスバイクをカスタマイズしたくなってきます。 ハンドルやサドルの位置を変えたりするのはコストはかかりませんが、ハンドルを短くしたり、タイヤやホイールを買い換えるとなるとそれなりにコストがかかってきます。タイヤは1本数千円くらいですが、ホイールともなれば1万円以上かかるケースもあります。 しかし、そこまでカスタマイズしてもロードバイク以上に速く快適には走れません。なので、クロスバイクのカスタマイズがしたくなったらお金をかけずにおこない、その分の予算をロードバイクに充てる事をお勧めします。 ちなみに私はCannondaleのQuick4とQuick5で悩みました。Quick4とQuick5の価格差は2万円で、大きな違いはフロントのフォークブレード(前輪のタイヤと本体をつなぐフレーム部分)の素材でした。価格が高いQuick4の方が衝撃を吸収しやすいのですが、通勤程度で衝撃を吸収する必要性は無いかなと思ったので(店員にもアドバイスもらいました)Quick5にして、その分をタイヤや次のロードバイクの費用に充てました。 ジャイアントであれば8万円くらいからロードバイクがあります。人気のTCR2でも12万円なので、型落ちなどであれば10万円を切るケースもよくあります。 GIANT TCR2 GIANT TCR2
ロードバイクは本体も高いですが性能は価格にある程度比例します。さらに、ホイールも10万円くらいするのがざらにありますので、ロードバイク選びは慎重に、そしてそれを考えてお金を貯めておくと良いでしょう。 [amazonjs asin=”B009FUAN76″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”SHIMANO(シマノ) WH-9000-C35-CL-FR 前後セット”]

クロスバイクを専門店で買うのをおすすめする理由

近所のホームセンターやショッピングセンターなどで安いクロスバイクが販売されていますが、そういった安いクロスバイクはおすすめしませんし、そういったクロスバイクを扱っているお店で買うのもおすすめしません。 クロスバイクはママチャリとはまったくの別物でロードバイクと同じように適正サイズや乗り方、メンテナンスなどが必要です。そして、メーカーによっても特性が異なります。安いクロスバイクを扱っているお店ではそういった違いを知らないし、サイズの合わせ方やメンテナンス方法も詳しくありません。 専門店は入るのに敷居が高く、値引きもしないので価格も高いかもしれませんが、メンテナンスを無料でしてくれたり、商品選びの際も適正なアドバイスをしてくれます(私の場合も価格の高いQuick4ではなく安いQuick5をすすめてくれました)。 安い店で買ったものの自分に合わなくて乗らなくなったり、メンテナンスをしなかったために故障したりして、結局無駄にしてしまった人も私の周りに結構います。 専門店で買った人の方が長く乗りつづけたり、ロードバイクに鞍替えしたりして満足しています。 という事で、価格やデザインだけに惑わされずにきちんと選ぶ事をおすすめします。

(追記)

新しいクロスバイクの購入ポイント「ハンドルの高さでクロスバイクの乗り方が変わります」を作成しました。]]>