Categories
お酒

First of whiskey novice to recommend "Yamazaki" & "Famous Grouse"

yamazaki whiskyyamazaki whisky

I say before the conclusion! For the first time of whiskey Yamazaki and Famous Grouse!

I think that it is “whiskey novice” or whether’ve been searching “whiskey recommend” and the like. (Because had you come to choose from among the many when it comes to have been asked to come from the search engine site is happy) I by no means whiskey master.Rather, it is a whiskey novice. The following is a recently of my experiences.
sake adult man drink probably whiskey! With that said, I was looking for a whiskey in the “Yamaya” in the neighborhood to try to drink whiskey at home. But, since all Wakarai thing of whiskey, I was intently examined the whiskey that recommended for beginners on the iPhone that had the time being. … After all, we were kept standing for one hour near the whiskey corner.
Back story, what is good from a certain number whiskey? We will introduce a choice of whiskey and whiskey can recommend beginner to because I’m.

The whiskey I recommend for beginners

Straight, Yamazaki if lock

[amazonjs asin=”B00384EZHE” locale=”JP” title=”サントリー シングルモルト・ウイスキー 山崎 12年 NEW 700ml”]

Whiskey and water, soda if Famous Grouse

[amazonjs asin=”B00C3EZM54″ locale=”JP” title=”フェイマスグラウス 40度 700ml並行輸入品”] Why, this 2 whiskeys ?! Some other also good whiskey! And I think that the person who I think. Of course, there are a lot of good whiskey. However, the reason why I promote the two,
  • Because it tastes as a reference
  • Relatively certain because in any store
  • Since the goods wish is infinite, to choose it from found their preferences
So, there is no problem other than this. However, it does not come off Once you have this 2 Tsunishi If you worry! I feel that. ※ Because such from my experience of the whiskey novice This is the last one of the cases.

Categories
ロードバイク

軽さが正義!CANYON UltimateはS-WORKS Tarmac以上に軽い

canyon_listcanyon_list幕張メッセで行われたサイクルモードでCanyonも試乗会を行っていたので、新モデルのUltimateに乗ってみました。ネット販売しかしていないCanyonとあってか、それとも試乗台数が各モデル1台しかないからか、試乗待ちは長蛇の列。結局1時間半以上かかってようやく乗れました。

想像以上の軽さ!!

canyon_ultimate01まず最初に感じたのが「軽さ」です。おもちゃ!?と思うくらいにとにかく軽いです。S-WORKSのTarmacやPinarelloのDogma F8以上に軽くてどのパーツも重くないので、「ヒルクライムは軽さが正義!」と言われるけど、これだけ軽ければそりゃぁ速く走れるでしょ!!と思いましたね。

軽さを生かした走りだし

TarmacやDogma F8と同様にゼロ発進は軽さに影響するなぁとこのUltimateでも感じました。踏み込むというよりも軽く速く回せばそれだけ反応してくれるという感じです。ただ、S-WORKS Vengeで感じたような加速力や自分の力以上の推進力はTarmacやDogma F8と同様にこのUltimateでも感じられませんでした。とはいっても回すのをやめたらすぐに止まってしまうというわけではなく、加速力よりも軽さ(登坂力)を取ったという感じでしょうか?

反発力に欠ける

最初に「おもちゃみたい」と表現したのにはわけがあります。とても軽いのですが、TarmacやDogma F8と比べてフレームのしなりや反発があまり感じられませんでした。極端な表現をすれば軽い棒に乗っている感じです。ただし硬いわけではないので振動が腕に伝わってきたりというのはそれほどありませんでした。canyon_ultimate02

ヒルクライムでコスパ抜群なUltimate

ハイクラスモデルのPinarello Dogma F8やS-WORKS Tarmacと比べるとそこまでの良さは感じられませんでしたが、価格は約半額なのでコストパフォーマンスで考えると驚くべきパフォーマンスなのは間違いないです。同価格帯のPinarelloのGAN RSなどと比較したらヒルクライム目的ならこちらのUltimateの方が断然良いかなと感じました。

千葉県南部のロードバイク仲間を募集しています!!

]]>

Categories
ライド&トレーニング

BORA ONE 50で都民の森へリベンジ!

前回、CAAD10にZONDAを履いた嬉しさの勢いに任せて都民の森へ行ってしまい、悪戦苦闘の末なんとか上った私ですが、BORA ONE 50を手に入れてしまったので、 「打倒!都民の森!!」 という事で、またまた都民の森へチャレンジしてしまいました。 (本当に打ち勝ちたいならリムハイト50㎜のホイールじゃなくて、もっと軽いのにすべきなんですが、見た目重視なもので。。。) 都民の森 料金所

緩斜面で時間を短縮、上りは我慢

今回も自宅から自走していき、武蔵五日市駅付近のコンビニで休憩してからスタート。今回の狙いは檜原村役場までの約10㎞はとにかく高速で30㎞/h以上で走り、上川乗までも緩斜面なので、ここまではできるだけスピードを落とさずにBORA ONE50の力を借りて、時間短縮していきます。 そして、上川乗以降は斜度が10%近くあるので、ここは何とかして頑張るしかありません。前回同様、数馬の湯までで涙流して心折れそうになりました。(涙) っが何とか頑張って、都民の森へ到着。前回は1時間半くらいでしたが、今回は1時間15分程度と15分ほど短縮しました!!

都民の森攻略法は平地での時間短縮

都民の森は武蔵五日市駅~檜原村役場までの約10㎞はほぼ平坦なので、ここで時間を短縮できるかがポイントでしょう。 さらにこの先の「上川乗」交差点までも緩斜面だったり急でも距離が短いので上川乗までもペースを上げていくのが良いです。 上川乗から都民の森までの約11㎞はあがくしかないので、時間差は出にくいかなと個人的な感想です。 さて、次回はいつになることやら。。。。]]>

Categories
インプレ ロードバイク

Pinarello GAN RSはコストパフォーマンスならおすすめ

ピナレロ GAN RSピナレロ GAN RSサイクルモード international 2015Pinarelloの最高級グレードのDogma F8に試乗してきたついでにもう1つ狙っていたGAN RSも試乗できたので簡単なインプレしたいと思います。

Dogmaとそん色ない乗り心地GAN RS

ネット上の宣伝によると、
GANシリーズはDOGMA F8の直系となるレーシングモデルで、フレーム素材が異なる「GAN RS」「GAN S」「GAN」の3つのグレードがある。その中でも「GAN RS」は、軽量で優れた空力特性を持ち、剛性や強度もひとクラス上の実力を持つリアルレーシングモデルです。マテリアルは高強度系のハイストレングスT900カーボンを採用し強度と剛性を確保、ジャガーとの共同開発で得られた「DOGMA F8」の最新テクノロジーを色濃く受け継ぎ、最高の整流効果が得られる「FLATBACK(フラットバック)」チューブデザインや、ピナレロハンドリングを受け継ぎさらに磨きが掛かった「ONDA F8フロントフォーク」など、ハイエンドモデルに引けを取らないスタイリングと性能を持っています。
という事らしい。 途中から小難しくなってきたので、さらっと読み流してさっそく試乗してみることに。それにしてもサイクルモードの試乗待ちは半端ないですね。Canyonは1時間半も待ちましたし、Dogmaも50人以上並んでましたからね。それと比べるとGANシリーズは比較的早く15分くらいで乗れました。 持った印象はやっぱり「軽い」ですね。Dogmaよりは若干重く感じますが、アルミでも最軽量と言われるCAAD10と比べたら違いは明らか。よっぽど真剣にやる人でなければ十分な軽さですよ。

ゼロ発進と加速も申し分なし

ピナレロ GAN RSいざ、出発!という事で走り始めると、やっぱり軽いからでしょうか?DogmaやS-WORKS Tarmacと遜色無い走り出しの良さがあります。そのまま加速もスムーズに上がっていきます。このあたりは素人の私にはDogmaと違いが判らないほどです。

上りは重さを感じるGAN RS

上りはちょっとだけしか試せませんでしたが、DogmaやTarmacでは感じなかったBBあたりが後ろに引っ張られるような重さを感じました。これはS-WORKS VengeやVenge ViASで感じたのと似たようなものです。ただ、CAAD10ではバイク全体で重さを感じたのに対して、GAN RSなどはBBあたり1点だけなので、長い上り坂でも十分上れそうな感じです。 もちろん、緩斜面ではDogmaと違いを感じないと思います。

レーサーじゃなければコスパ最高!

今回はDogma目的だったのですが、GAN RSはアルテグラ完成車で価格560,000円とDogmaの約半額で、それでいて性能は超山岳以外であればほとんど性能差がわからないので、超お買い得なロードバイクだと思います。

千葉県南部のロードバイク仲間を募集しています!!

]]>

Categories
インプレ ロードバイク

S-WORKS Venge ViASに乗って2015Vengeと比較してみた(インプレ)

S-WORKS Venge ViASS-WORKS Venge ViAS前回のS-WORKS Tarmacのインプレに続いてVenge ViAS(ヴァイアスと発音するらしい)のインプレです。私は2015モデルのVengeを乗っているので、今回は旧Vengeや新Tarmacと比較してみたいと思います。

見た目とは裏腹にエアロにしては軽い

見た目からしてずっしりと重そうなVenge ViASですが、実際持ってみるとスカッと心構えしていたこちらが肩透かしにあうくらい軽いです。さすがにTarmacと比べると明らかに重く、2015年モデルのVengeよりも重かったですが、カーボンフレームだけあってアルミフレームのCAAD10(約8kg)よりは軽かったです。ヒルクライム目的ではないバイクなので、このくらいなら全く問題ない重さでしょう。

圧倒的な速さと加速力がずば抜けてるVenge ViAS

エアロバイクのVenge ViASなのでやはり最大の魅力は速さです。ゼロ発進ではTarmacの方が反応が良いですが、Venge ViASも2~3回クランクを回せばすでにトップスピードに乗り、回すたびに勢いがドンドン追加されるような感じでグイグイ加速していきます。それも重いギアを踏むわけでもなく、軽めのギアでも十分加速してくれます。 加速力は前Vengeよりもかなりすぐれていて、ギア2枚分くらいは楽に回して加速してくれる感じです。 加速の勢いが止まらないので、30㎞/hまで一気に達してくれてそのスピードが継続してくれます。これはホイールの性能も大きく影響しているからですが、スピードに乗った勢いが高速域でも留まることなく40㎞/hまでも加速が簡単にできます。 それ以上は試していませんが、前Vengeでも50㎞/hにも達する事ができたので、Venge ViASも平地での加速はさらにその上を行くはずです。この加速力とトップスピードはTarmacには無い唯一無比の魅力です。 S-WORKS Venge ViAS

かなり高い振動吸収性

エアロなので、振動吸収はあまり期待をしていなかったのですが、良い意味で予想を裏切ってくれます。Tarmacは以前ほど硬くなくなかったとはいえ、SL3やSL4を知らない私からすれば十分硬い、でも振動をそれなりに吸収してくれるという印象でした。 ところがVenge ViASはそういった振動をハンドルとフレームで吸収してくれて、腕やお尻への過度な振動が全然来ないのです。もちろん全くないわけではありませんが、それで手がつかれるというような大きな振動は全然ないのです。これならRoubiaxはいらないのでは?と思うほどでした。

上りはやっぱり苦戦

妥協しなければならない上りですが、やはり苦手でした。坂を上るとBBあたりが後ろに引っ張られるような感じがしてペダリングが辛くなってきます。これは前Vengeでも同様ですが、3~5%程度の緩斜面であれば勢いで上れてしまうので、前Vengeよりも上りやすいかと思います。

速さを求めるならVenge ViASが最高

ヒルクライムやアップダウンの激しいコースを目指す人はTarmacを選ぶと思いますが、ピーター・サガンもほとんどのレースでVenge ViASを使っていたように、斜度10%程度で距離も数㎞程度というのであればVenge ViASは選択肢としてありかと思います。 とはいえ、Venge ViASは130万円もするのでヒルクライム用と平地用とでバイクを分けてもおつりがくるかもしれませんね。。。]]>

Categories
インプレ ロードバイク

ピナレロ・ドグマF8のインプレ

ピナレロ ドグマF8ピナレロ ドグマF8 サイクルモードインターナショナル2015に行ってきました。目的は何といってもフレームだけで648,000円もするPINARELLOのDOGMA F8の試乗です。 最上級のロードバイクだからでしょうか?試乗には長蛇の列。50人以上並んでましたね。 でも、大人気を予想してか?PINARELLOはロードバイクをかなり多く用意してました。他のメーカーは各サイズ1台しか用意してなかったので、2時間近く待ったところも。。。

驚くべき軽さ

dogma_f8_02 本題のDOGMA F8ですが、オールラウンドという事なので、SpecializedのS-WORKS Tarmacと比較したいと思います。まずは軽さ。一か所に重さが偏っておらず、全体的に軽いです!重量は計っていませんが、Tarmacと同じくらいですね。

軽快な走りだし

軽いからゼロ発進もとても良いです。この辺もTarmacと甲乙つけがたいです。トップスピードに乗るまでもあっという間でこの辺もTarmacとほとんど変わりません。ただ、Tarmacと同様にS-WORKSのVengeと比べると加速力や高速維持は劣るので、加速や速度を求めるならちょっと違うかなと。

ヒルクライムも抜群

軽いのでいう事ないです。後ろに引っ張られるような重さもなく、クイクイ上がっていく感じです。

しなりがないので回すタイプ

Tarmacと大きな違いを感じたのはしなりです。Tarmacよりもしなりがなく踏んでも反動があまり感じられませんでした。そのため、とにかくペダリングを速く回す人に向いていると思います。 ちょっとしか乗っていませんし、上りもほとんどなかったので、まともなことは書けませんが、ちょっと乗った感想です。 Tarmacと比べて甲乙つけがたいというのが感想です。価格差はありますが、ここまでくるとデザインやブランドで選んでも良いんじゃないでしょうか?と思います。 pinarello SKY]]>