Categories
サッカー

中央を固められたマラガを崩せずバルセロナの連勝がストップ【第5節】マラガ0-0バルセロナ

マラガ 0-0 バルセロナマラガ 0-0 バルセロナ

左から攻め続けるも崩せなかったバルセロナ

リーガエスパニョーラ第5節、マラガ対バルセロナの一戦は、スコアレスドローに終わった。 試合はバルセロナがポゼッションして試合の主導権を握るも、マラガは守備時にはドゥダを前線に1人残して残り9人が自陣まで引いて中央を固めた4-5-1でしっかり守り抜くという展開が続いた。 バルセロナは右SBに今シーズン加入したドウグラスが初先発と言うこともあって、左からの展開が非常に多く、ネイマールが中に絞り、外のスペースをジョルディ・アルバがオーバーラップしてクロスをあげるシーンが何度も見られた。

バルセロナ対策の「外を捨てる」は昨シーズンから変わらず

貝のように中央を固めて守ったマラガだったが、中でも顕著だったのが、中盤の3人の動きだった。 マラガ0-0バルセロナ バルセロナの攻撃ではメッシの中央突破から崩すことが多いので、イグナシオ・カマーチョを中心にダルデル、ファンピの3人がかりでメッシにフリーでボールを持たせなかった。このため、中央から崩される事がなく、バルセロナはスペースのあるサイドから崩しにかかった。 特に左サイドのジョルディ・アルバが攻め上がる場面が多く見られたが、マラガは右SBが外に開き、ネイマールにはCBがマークをつける。この時に右FWのペドロが中央に絞ってくるのでマラガはもう1人のCBが対応する。 ペドロに遅れてメッシが上がり、このときにメッシへのマークが甘くなることが通常は多いが、マラガはカマーチョらMFがしっかりマークにつくことでメッシを自由にさせなかった。 前半43分にメッシの中央突破からネイマール、ジョルディ・アルバとつなぎ、左からのクロスにネイマール、ペドロ、メッシがつめる決定的な場面があったが、メッシがわずかにボールに届かなかった。 この試合の決定的な場面はこれくらいだった。 マラガ0-0バルセロナ 一方の、マラガはカウンターから何度かチャンスを作ったものの、決定機は前半にGKのキックからアムラバトが抜け出して強引に放ったシュートと、後半にPA左からのFKでルイス・アルベルトが直接ニアを狙ったシュートの2本だった。

メッシが悪いのではなく中盤の崩しがないバルセロナ

今シーズンの開幕からの連勝が4でストップしたバルセロナ。引いて中央を固めた相手を崩せないのは昨シーズンから変わっていない。 メッシの運動量が少なかったり、彼にボールが集まらないといった事を理由にあげる人もいる。それ自体は間違っていない。 しかし、今日のマラガをはじめ多くのチームがメッシを警戒しているので、そう簡単にはメッシも自由にはできない。 グアルディオラ時代はアンリやエトー、ペドロらFWをサイドいっぱいに広げてパスをつなぎ続けることで時間をかけて相手の陣形を崩してきた。 その後、相手のプレッシングや前線にFWを残してカウンターで逆襲といったバルセロナ対策を講じてきたことで、バルセロナもビラノバやマルティーノ時代には時間をかけない縦へ急ぐ攻撃が増えてきた。 これによって相手のカウンターにやられる回数は減ったものの、突破力のあるFW任せになってしまった事で、遅攻での攻撃パターンがメッシに依存することが増えた。 FWにボールをつなげることも大事だが、イニエスタやラキティッチらの中盤の選手が仕掛けてメッシやネイマールらのマークをひきつけなければ敵の守備を崩せない。 特にイニエスタは得意なラ・クロケッタ(ダブルダッチ)で崩すシーンが今シーズンは非常に少ない。 イニエスタやラキティッチ、今シーズンセルタから復帰したラフィーニャなどが崩さないとこの日のマラガのように中央を固められると苦戦する試合がでてくるでしょう。 ]]>

Categories
格闘技

水垣偉弥のUFC王座に立ちはだかるドミニク・クルーズとは?

ドミニク・クルーズドミニク・クルーズ

UFC178に水垣偉弥が登場!!

先週、さいたまアリーナで開催されたUFC JAPANは大盛況で、マーク・ハントのアッパーや秋山成勲の復活、五味隆典の1R負けなど、終わってもまだ熱が冷めてない状態ですが、今週末のUFC178では、日本人で最もUFCタイトルに近い水垣偉弥が登場し、ドミニク・クルーズと対戦します。 現在、バンタム級5位の水垣偉弥がこの試合で勝利すれば、次は王座挑戦が濃厚でしょう。

水垣がUFC JAPANに出なかった理由

本来であれば水垣はUFC JAPANに登場していれば注目選手となっていたでしょう。今回のUFC JAPANのマッチメイクからすれば、本来であればメインイベントクラスですが、UFCをあまり知らない人たちの注目度を集めるためにはマーク・ハントというキャラクターは必要でしたので、五味隆典や中井りんクラスにはなっていたでしょう。 しかし、水垣自身が以前のインタビューで「UFC JAPANの出場とタイトルマッチのどちらかを選ぶならタイトルマッチを選ぶ」といった事をコメントしていました。 この事からも、UFC JAPANの誘いはあったと思いますがそれを蹴り、UFC側も将来のバンタム級のタイトルマッチを想定して強豪のドミニク・クルーズ戦をマッチメイクしたのだと予想できます。 バンタム級はヘナン・バラオンが宿敵ユライア・フェイバーを返り討ちにしたので、長期政権を築くかと思いきや、ユライアの後輩のTJディラショーにまさかの敗戦。 ヘナン・バラオンがディラショーに再戦する予定も、バラオンの欠場により、ディラショーはジョー・ソトと対戦し、防衛しています。 以前にこのブログで「水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?」で書いた時と状況は変わっていますが、水垣のポジションは変わっていませんので、王座挑戦は十分に可能性はあります。

元UFC&WEC王者ドミニク・クルーズ

水垣が勝利すれば王座挑戦の可能性が高まりますが、今回対戦するドミニク・クルーズは只者ではありません。 初代UFC世界バンタム級王者で元WEC世界バンタム級王者であるドミニク・クルーズは、これまで総合格闘技の戦績は19勝1敗と圧倒的な強さを誇っており、唯一の1敗も7年前のWEC時代のユライア・フェイバー戦であり、そのユライア・フェイバーにも2011年のUFC132のバンタム級タイトルマッチで勝利しています。 その他にも、現UFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンや同級2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコールにも勝利しています。 ドミニク・クルーズは負けていないので本来ならば王者ですが、2014年2月のUFC169でバンタム級暫定王者ヘナン・バラオンと王座統一戦を、鼠蹊部の負傷で欠場したためバンタム級王座を剥奪されています。 最後の試合が2011年12月で今回は約3年ぶりの試合となるので、勝負勘がどこまで戻っているかは定かではありませんが強敵なのは間違いなく、水垣に勝利すればドミニク・クルーズが次期タイトル挑戦者となる可能性も高いでしょう。

長期戦になれば水垣有利?

ドミニク・クルーズは打撃もタックルもできるオールラウンダーですが、19勝のうち判定が12、TKOが6、一本が1と判定が非常に多いです。 一方の水垣も20勝のうち判定が14と判定が多く、UFCでの9試合も8試合が判定です。今度の対戦も順当に進めば判定までもつれるでしょう。 復帰戦となるドミニク・クルーズが3ラウンドを戦えるスタミナがあるかが疑問です。もし、スタミナに不安があれば水垣が有利になるのでは? 先週のUFC JAPANでのマーク・ハントのアッパーKOがまだ頭に焼きついていますが、今週末のUFC178が楽しみです。]]>

Categories
格闘技

堀口恭司がUFC 3連勝で2015年にタイトル戦も?!

堀口恭司堀口恭司9/20(土)にさいたまスーパーアリーナでUFJ Japanが開催されました。今年で3年連続の日本でのUFC。この試合の目玉はメインイベントのマークハントvsロイ・ネルソンの超ヘビー級対決やUFCの将来の王者候補と呼び声の高いマイルズ・ジュリーvs五味隆典、靭帯損傷の手術から約2年ぶりの試合となった秋山成勲の復帰戦などでしょう。

日本人でUFCタイトル戦に2番目に近い堀口恭司が完勝

私としては中井りんや五味の試合も楽しみではありましたが、一番は何といっても堀口恭司でした。 現在UFCで2連勝中で総合格闘技でも13勝1敗と抜群の戦績を残しています。UFCのフライ級ランキングも14位でこの試合で勝利すれば、来年にはタイトルマッチも期待できる状況でした。 堀口の対戦相手はUFCは1戦1敗でランキング外のジョン・デロス・レジェス。試合展開は格上の堀口の一方的な展開で、1ラウンド開始早々にミドルキックでレジェスは悶絶させると、その後も主導権を握り、左フックをきっかけにダウンさせると、最後はパウンドからパンチの連打でレフリーストップで勝利しました。 この日の日本人選手が勝利した試合では一番スッキリした試合でした。

挑戦者がいないUFCフライ級

現在、UFCフライ級は停滞気味です。 王者のデメトリアス・ジョンソンは2年以上前から6連勝中で、その中には1位のジョン・ドッドソンをはじめ、2位のジョセフ・ベナビデス、3位のイアン・マッコール、5位のジョン・モラガ、7位のアリ・バガウティノフが含まれています。 4位のジュシー・フォルミーガは2位のベナビデスに、6位のジョン・リネカーもアリ・バガウティノフにそれぞれ敗れています。 9/27のUFC178で8位のクリス・カリアソが王座挑戦します。しかし、カリアソは3連勝中ですが、対戦相手はランカーではない上に、前戦のルイス・スモルカ戦は2-1の判定勝ちと辛勝です。さらに3連勝前にはランカー相手に連敗している事から、今回のタイトルマッチも王者のデメトリアス・ジョンソンが有利でしょう。

あと1勝でUFCフライ級タイトルマッチか?

ランカーで王者と対戦がない選手では、12位のダスティン・オルティスが2位のジョセフ・ベナビデスと今年11月に対戦します。 オルティスがベナビデスに勝利すればオルティスが次期挑戦者となる可能性が高いでしょう。 一方の堀口はランキングが13位なのでいきなりタイトルマッチとなる事はまず無いでしょう。しかし、次戦は上位ランカーが濃厚です。そこで世間に強烈な印象を与える勝利をすれば、ランキングも10位以内に入るのは確実で、次の王座挑戦者となる可能性もあります。 もしかしたら来年にUFC王者となる可能性も出てきたので楽しみです。 ]]>

Categories
サッカー

ルイス・エンリケ=(グアルディオラ+マルティーノ)÷2【第3節】バルセロナ2-0ビルバオ

barcelona_bilbao_14091500barcelona_bilbao_14091500 リーガ第3節、バルセロナがホームに宿敵Aビルバオを迎えた試合は、バルセロナが一方的に攻めながらもビルバオも守備陣が耐えて無得点のままこう着状態が続いたが、後半、サンドロの激しいプレスからボールを奪い、ネイマールのゴールでバルセロナが先制すると、ネイマールがさらに1点追加してバルセロナが2-0で勝利した。

グアルディオラ<Lエンリケ<マルティーノ

今シーズンからLエンリケ監督が就任したバルセロナは、システムこそ昨シーズンと同じメッシが偽9番の4-3-3だが、昨シーズンのマルティーノのように縦へロングパスは少ない。 ボールポゼッションは高いが、グアルディオラ時代のこれでもかというほど細かいパスをつなぐわけでもない。 多くの選手がボールに絡みながら、FWだけでなくMFやSBが開いているスペースに走りこんで相手を崩していくようにシンプルだが積極的なプレーが目立つ。

中盤のラキティッチがチームを変える

ビルバオもCLに出場するほどの強豪だが、この日のバルセロナのボールポゼッションは59%とたいしたことはないが、ゴールチャンスはバルセロナの9回に対してビルバオはわずか2回と完全に圧倒した。 この理由は新加入のラキティッチにあった。 4-5-1のビルバオは左SHのムニアインがバルセロナの右SBのモントーヤに、左SBのバレンシアガやCBのラポルトがFWのペドロをマークする。 barcelona_bilbao_14091501 ラキティッチのマークは中盤のミケルリコやイトゥラスペがつくが、ラキティッチはあえてサイドに目一杯広がると、ミケルリコらがそのままついていくと偽9番のメッシがフリーになってしまうため、つくことができない。 ラキティッチがフリーになれば左SBのバレンシアガが慌てて対応することになる。その結果、前線にスペースができるので、ペドロやモントーヤが上がって右サイドを簡単に崩してしまった。

切り替えの速さの復活とラキティッチによる守備範囲の広がり

バルセロナは93-94シーズン以来となる3試合無失点と好調だが、この要因は、グアルディオラ時代のボールを奪われたら相手陣内でもすぐにプレスをかける積極的な守備が復活したからだろう。 これはペドロ、ムニル、ネイマールらのFWがよりゴールに近い場所でプレーするようになった結果、ボールを奪われてもすぐに守備に入れるようになったので、メッシの負担を軽減させている。 barcelona_bilbao_14091502 先制点の場面でも相手のCBに途中出場のFWサンドロがプレスをかけた結果、相手のパスミスを誘い、ゴールを奪っている。 もう1つは中盤のラキティッチの守備範囲だ。 昨シーズンまではシャビ、イニエスタ、セスクも運動量は豊富でも守備的ではなかったため、後方に抜けたボールはブスケッツがすべて担当しなければならなかった。それが今シーズンはラキティッチがボランチまで下がって守備に入るため、ボールの取る範囲が広くなった。これによってブスケッツも従来は中盤中央のみを守っていたのが、ラキティッチとダブルボランチのように守備範囲が広がった。 豊富な運動量が必要なため、怪我なく続けられる事が重要なポイントとなるが、今シーズンは代表の大きな大会がない事や、各ポジションに控えがいることなどから、優勝が十分期待できる。

ビルバオはベニャの復活がカギ

一方、この日のビルバオはまったくさえなかった。攻撃はサイドからクロスをあげてアドゥリスの1トップ頼みで、ムニアインのドリブルは警戒され、昨シーズンに攻撃の核として期待されて加入したベニャが今シーズンはトップ下を任されるも、周囲との連携が悪く、ムニアインやミケルリコのスペースを潰してしまい、逆効果だった。 デ・マルコスやイバイが活躍し、昨シーズンの2部得点王のビゲラがフィットすれば、昨シーズンにベニャを見切ってミケルリコを起用したように、新システムにする可能性もあるでしょう。 名将エルネスト・バルベルデ監督がベニャと心中するのか?それとも新たなシステムを採用するのか?今後のビルバオはそういう意味では楽しみです。 ]]>

Categories
書評

自閉症の僕が跳びはねる理由

自閉症を知っているようで知らなかった ちょっとマジメな話。 「自閉症」の人がよく飛び跳ねたりしますが、なぜそうしているかご存知ですか? 僕は今まで「自閉症」について知らなかったので、「物事を考えることができない人」とか思ったりしてましたが実は全然違ってて、「きちんと理解できるが、何かしらの理由できちんとコミュニケーションが取れない人」がほとんどということをTVで偶然知りました。 著者である東田さんは重度の自閉症で以前は言葉を話すこともできなかったのですが、しかし、幼い頃から漢字は覚えて自分で書いたりしていました。 そのため、東田さんの両親がパソコンのキーボードと同じ配列のパネルを紙で作成して、それを打ちながら発音することでコミュニケーションを取れるようになったそうです。

家族が自分のことで犠牲になってるとそれが凄く辛い

東田さんが本書では以下のように書いています。
「親に泣かれるのが一番辛い、家族が苦しそうにしてたりするのが辛い。家族が自分のことで犠牲になってるとそれが凄く辛い」
私だけでなく自閉症の子を持つ親ですら、自閉症の人がそこまで考えているとは思っていませんでした。 ある自閉症の子を持つ親は、この本を読んでから子供に対して「義務感」ではなく、「楽しみ」ながら接することができるように変わったそうです。 この本を英訳したアイルランド在住の作家デイヴィッド・ミッチェル氏も自閉症の子を持つ父親ですが、来日して東田さんとホテルで会ったときも東田さんが外の景色に気が行ってしまい、席に座るまで15分かかってしまいました。 それでも、「この時間を待つのが大事」と決してイラつくこともなく、むしろその時間を楽しんでいるようでした。 普通の大人でさえ初めての場所で外国人と会うとなれば、緊張して慣れるのに時間がかかるものです。慣れるまでの時間をどう動くかの違いであって、話し慣れるまでの時間を比べれば大差はないのかもしれません。

翻訳をきっかけに世界中の自閉症を持つ親に広がる

ミッチェル氏による英訳本「The Reason I Jump」が世界中で発売されると、大反響で、この本がきっかけで東田さんはアメリカで講演に招待されたのをはじめ、東田さんの表現が世界中に変化を与えています。 [amazonjs asin=”1444776770″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”The Reason I Jump: One Boy’s Voice from the Silence of Autism”] 自閉症に対する考え方が大きく変わったのはもちろんですが、自閉症の子どもを持つ親からすれば、今までは自分の気持ちや考えが伝わらなかったのが、実は子どもには伝わっていて、そのコミュニケーションがとりづらいだけであること。そして、子どもたちは親の気持ちも理解できている、ということが分かったのがとても嬉しい事でしょう。 たった1冊の本ですが、世界中の自閉症に関わる人たちを救う本かもしれません。]]>