Categories
サッカー

私もリーガの「我が心のフェイバリット・イレブン」をやってみた

WOWOW解説者によるリーガの「我が心のフェイバリット・イレブン」がとても面白かったので、私もやってみました。 torophy

リーガを盛り上げた11人

最後に私のフェイバリット・イレブンを。バルセロナ好きなのでイニエスタやシャビを選んでしまいそうになりましたが、今シーズン、リーガを盛り上げた選手を選んでみました。

GK クルトワ(アトレチコマドリード)

リーガ最小失点ですし、1シーズン通して活躍したのでこれは文句なしだと思います。

CB ラポルテ(ビルバオ)、ゴディン(アトレチコマドリード)

ゴディンはクルトワ同様リーガ最小失点の立役者です。しかも、優勝決定戦となった最終節のバルセロナ戦でもゴールを決めるなど、攻守において活躍しました。 また、ビルバオのラポルテはまだ10代なのにベテランのような安定感でチームの守備をまとめただけでなく、キックの精度も高く、攻撃でも最後尾から起点となることもしばしば。 オフシーズンにはバルセロナなど多くのビッグクラブから誘いがありましたが、ビルバオと契約を延長しています。

左SB フィリペ・ルイス(アトレチコマドリード)

アトレチコといえば堅守なので、守備ができないと起用されません。顕著なのが今シーズンのアトレチコマドリードの主力DF陣はリーガ38試合中、32試合以上出場しています。 フィリペ・ルイスはリーガ、CL、国王杯、スーパーカップなど公式戦に49試合出場しました。 フアンフラン 35試合 ゴディン 34試合 フィリペ・ルイス 32試合 ミランダ 32試合 ちなみに、ライバルのレアルマドリードではセルヒオ・ラモスが32試合で同ポジションのマルセロは28試合です。 セルヒオ・ラモス 32試合 ダニエル・カルバハル 31試合 ペペ 30試合 マルセロ 28試合 2位のバルセロナは最高でもマスチェラーノの28試合で、左SBではアドリアーノが26試合でした。 ハビエル・マスチェラーノ 28試合 ダニエウ・アウベス 27試合 ジェラール・ピケ 26試合 アドリアーノ 26試合 これだけメンバーを固定されているのは、シメオネ監督からの信頼が厚いのですが、シメオネ監督は守備ができない選手は起用しません。 同ポジションのマルセロ(レアルマドリード)やジョルディ・アルバ(バルセロナ)は攻撃は優れていますが、フィリペ・ルイスは高い位置まで上がってサイドからクロスを上げてチャンスを演出していました。 これだけできるとなると監督も他の選手を使いづらくなるのは無理もないでしょう。 チェルシーへの移籍の噂がありますが、チェルシーのモウリーニョ監督はシメオネ監督同様に守備に重点を置きますし、また現在のチェルシーは左SBが本職ではないので、十分可能性はあるでしょう。

右SB フアンフラン(アトレチコマドリード)

これまで右SBといえばダニエル・アウベス(バルセロナ)の独壇場でしたが、今シーズンは攻守ともにフアンフランが上回っていたでしょう。 フアンフランはもともとMFだったので、攻撃には定評がありましたが、今シーズンは守備でも安定したプレーで崩されることはほとんどありませんでした。スペイン代表ではアスピリクエタ(チェルシー)にスタメンの座を奪われていますが、実力は双璧かと。 さらに、今回は外しましたがカルバハル(レアルマドリード)の躍進も今後見逃せません。

DH ミケル・リコ(ビルバオ)、ガビ(アトレチコマドリード)

中盤の底は奥寺さんも推したように、ガビは外せません。彼のキャプテンシーがなければアトレチコマドリードの優勝はなかったでしょう。 また、レアルマドリード戦で見せたロングシュートも印象的です。あれが無かったらあの試合は負けていたかもしれません。 もう1人のミケル・リコはビルバオのCL出場権の立役者です。 ミケル・リコはグラナダから今シーズン移籍しましたが、開幕はスタメンどころかベンチ入りすらできず、チームは同じく今シーズン、ベティスから移籍してきた元スペイン代表のベニャトを中心に進めていく予定でした。 しかし、ベニャトがまったくフィットせず開幕後8試合で4勝3敗1分と波に乗れませんでした。7節のグラナダ戦(0-2)、8節のバレンシア戦(1-1)ではベニャトはいずれも途中交代し、9節のビジャレアル戦ではスタメン落ちしました。 ここで活躍したのがミケル・リコでした。 ミケル・リコはベニャトのようにドリブルや攻撃の組み立ては得意ではありませんが、コンビを組むイトゥラスペよりも前で相手からボールを奪う役割を担う事でチーム全体で攻守の役割分担が明確になり、前線の選手が攻撃がしやすくなり、ベニャトからスタメンの座を奪いました。 また、チャンスとあればゴールに絡みボランチながらリーガで5得点をあげています。

左SH アントワーヌ・グリーズマン(ソシエダ)

シーズン終盤で失速して2年連続のCL出場は逃しましたが、EL出場権を獲得したソシエダの攻撃の中心はグリーズマンでしょう。ドリブルが得意なMFですが得点力があり、今シーズンはリーガでチームトップタイでチーム総得点の1/4にあたる16得点をあげています。 もし彼がここまで活躍していなかったらソシエダのEL出場は無かったでしょう。

右SH アレクシス・サンチェス(バルセロナ)

昨シーズンと今シーズンのバルセロナを比較して、最も輝いたのはサンチェスではないでしょうか? 2012-13シーズンは8得点(リーガ30位)でしたが、今シーズンはリーガ4位の19得点をあげており、メッシが足元でボールをもらうために縦への攻撃が少ないバルセロナでしたが、サンチェスの前線への飛び出しが機能したことでゴールを量産できました。 もし、ホームでのクラシコでのループシュートが無ければ優勝争いもできなかったことでしょう。それだけに彼の活躍は大きいでしょう。

FW カルロス・ベラ(ソシエダ)、ジエゴ・コスタ(アトレチコマドリード)

ジエゴ・コスタは誰がなんと言おうと外せません。 ファルカオ(現ASモナコ)が抜けたことで得点力が懸念されましたが、1トップとして力強さに加えて突破力、決定力のすべての要素を持ち合わせています。 3拍子揃った選手はリーガではなかなかいないでしょう。 もう1人のカルロス・ベラが所属するソシエダは今シーズン、コーチから監督に昇格したハコバ・アラサテ監督の1年目でCLとリーガの連戦で苦労した1年でした。 その中でリーガでは全38試合中35試合出場しグリーズマンと同じく16得点をあげ、CLは8試合すべて出場しチームの大黒柱として活躍しました。 彼がいなければソシエダの7位は無かったでしょう。

控え

ケイロス・ナバス(レバンテ) ミランダ(アトレチコマドリード) マルセロ(レアルマドリード) カニ(ビジャレアル) コケ(アトレチコマドリード) バッカ(セビージャ)

監督

エルネスト・バルベルデ(ビルバオ) ]]>

Categories
サッカー

リーガ解説者の「我が心のフェイバリット・イレブン」が面白い

eleveneleven

3強以外でリーガを盛り上げたチーム中心編成

まず、元リーガラシン・フェロル(当時2部)に所属した安永総太郎のフェイバリット・イレブン。 特徴は優勝したアトレチコマドリード、2位バルセロナ、3位レアルマドリードの3強以外から選んでいる点です。そして、監督にラージョのパコ・ヘメスを選んでいることからもわかるように、CBとボランチ1枚以外は攻撃的な選手を選出しています。 特に、攻撃的といえば左SBはアルベルト・モレノ(セビージャ)、右SBはデ・マルコスやイラオラ(ビルバオ)、マリオ・ガスパール(ビジャレアル)などがいますが、安定感のあるバレンシアガ(ビルバオ)やバラガン(バレンシア)を、そしてOHには今シーズン復活したセルヒオ・ガルシア(エスパニョール)を選んでいるのが興味深いです。
GK ケイラー・ナバス(レバンテ) CB ラポルト(ビルバオ)、ファシオ(セビージャ) 左SB バレンシアガ(ビルバオ) 右SB バラガン(バレンシア) DH イトゥラスペ(ビルバオ)、ラキティッチ(セビージャ) 左SH グリーズマン(ソシエダ) 右SH ガメイロ(セビージャ) OH セルヒオ・ガルシア(エスパニョール) FW アドゥリス(ビルバオ) 控え ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)、ミケル・リコ(ビルバオ)、パコ・アルカセル(バレンシア) 監督 パコ・ヘメス(ラージョ)
[amazonjs asin=”4862552552″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”伸ばす力 レヴィー・クルピ 世界で輝く「日本人選手」育成レシピ”]

フェイバリットというよりベスト11

次は奥寺康彦の選んだ11人ですが、フェイバリットというよりも本当のベスト11という感じでしょうか。誰もが納得する選手たちですね。 手堅すぎます。
GK クルトワ(アトレチコマドリード) CB ゴディン(アトレチコマドリード)、セルヒオ・ラモス(レアルマドリード) 左SB ジョルディ・アルバ(バルセロナ) 右SB フアンフラン(アトレチコマドリード) DH ガビ(アトレチコマドリード)、モドリッチ(レアルマドリード) 左SH クリスティアーノロナウド(レアルマドリード) 右SH ベラ(ソシエダ) OH メッシ(バルセロナ) FW ジエゴ・コスタ(アトレチコマドリード) 控え ミランダ(アトレチコマドリード)、ディマリア(レアルマドリード)、ペドロ(バルセロナ) 監督 シメオネ(アトレチコマドリード)

勢い!?基準がわからない??

続いて宮澤ミシェルのフェイバリット・イレブン。GKのクルトワやMFコケ、FWジエゴ・コスタのアトレチコマドリード勢やヴァラン(レアルマドリード)、ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)、グリーズマンとベラ(ソシエダ)はわかりますが、マシュー(バレンシア)やベルグディシュ(バジャドリード)あたりは全くの謎です。 しかも、監督にバルベルデ(ビルバオ)を選んでいるのにビルバオの選手はアドゥリスのみ。フェイバリットなので好みといってしまえばそれまでですが、活躍したわけでもありませんし。。。
GK クルトワ(アトレチコマドリード) CB ヴァラン(レアルマドリード)、マシュー(バレンシア) 左SB ベルグディシュ(バジャドリード) 右SB カルバハル(レアルマドリード) DH ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)、コケ(アトレチコマドリード) 左SH グリーズマン(ソシエダ) 右SH ベラ(ソシエダ) FW アドゥリス(ビルバオ)、ジエゴ・コスタ(アトレチコマドリード) 控え ディ・マリア(レアルマドリード)、クリスティアーノロナウド(レアルマドリード)、メッシ(バルセロナ) 監督 エルネスト・バルベルデ(ビルバオ)
いずれにしても、各解説者の色が出ていて面白い企画でした。]]>

Categories
格闘技

ヘナン・バラオンまさかの陥落、TJディラショーが先輩の雪辱を晴らす

バンタム級王者バラオンの軌跡 絶対王者とも呼ばれパウンド・フォー・パウンドでも上位にランクされている王者ヘナン・バラオンは、プロデビュー戦で負けるものの、その後は連戦連勝。2011年5月に初めてUFCに登場してからも3連勝で、バンタム級暫定王座決定戦ではユライア・フェイバーに判定勝ちして暫定王者に輝く。その後2度防衛した後に、正規王者であったドミニク・クルーズが負傷欠場したことで正規王者となり、ユアイア・フェイバーとの再戦では1ラウンドでTKO勝利したことで正規王者として初防衛を果たした。 ここまで連勝を32まで伸ばしてきた。

フェイバーのチームメイトのTJディラショー

一方の挑戦者のTJディラショーはレスリング出身で、ユライア・フェイバーと同じチーム・アルファメールに所属し、チームメイトです。それもあってか、ユライア・フェイバーがバラオンに敗れた後、次は「TJディラショーが挑戦する!」とアピールしたそうです。 観客が興味を引くストーリーが大好きなディナ・ホワイトCEOですから、これに乗らないわけがありません。ということでタイトルマッチが決まりました。

UFC TUFで勝ち上がったTJディラショー

TJディラショーはTUFシーズン14で勝ち上がってきた選手ですが、決勝戦ではジョン・ダドソンに敗れています。 ちなみにジョン・ダドソンはUFCで2連勝してフライ級タイトルマッチでデメトリアス・ジョンソンに挑戦していますが、5ラウンド判定で0-3で敗れています。しかし、その後は2連勝し、フライ級ランキングも1位をキープしているので、もうそろそろタイトルマッチが組まれてもおかしくないでしょう。 ディラショーはTUFで優勝できなかったからというわけではありませんが、強烈な人間性があるわけでもなく、これといって他を圧倒する武器も無かった事もあって、世間の評価は決して高くありませんでした。

ディラショーの勝因は1ラウンドのパンチ

今最も勢いに乗っているバラオンに対して、なんだか分からないディラショーの対戦ということで、試合前の予想は「バラオンが何ラウンドでディラショーを倒せるか?」という点に関心が集まっていたと思います。 ところが試合が始まるとその予想が一転します。 開始早々はバラオンが攻め立てますが、ディラショーが反撃した右オーバーハンド気味のパンチがバラオンにヒットすると、バラオンはふらつき攻勢は逆転。 2ラウンド以降もバラオンは反撃するもいつもの余裕さや力は無く、逆にディラショーがテンポの良いパンチやキックでバラオンのスタミナを奪っていきます。 そして5ラウンド、判定でも確実に優勢なディラショーは攻め続けてパンチ、ハイキックでバラオンを倒すと、最後はパウンドで仕留めてレフリーストップで勝利しました。

勝因の裏には元K-1ファイター

ディラショーが優勢に試合を運べたのは1ラウンドの右パンチだったでしょう。 しかし、ディラショーはこれまでパウンドでの勝利はあったものの、パンチでKOしたことは無かったことからもわかるように、パンチが強いという印象はありませんでした。 ところが、この試合では面白いようにパンチがあたりバラオンをふらつかせました。ここまで成長したのには、元K-1ファイターで武田幸三にも勝利したドゥエイン・ラドウィックの存在があります。 打撃に定評のあるラドウィックがチーム・アルファメールのコーチをしてきたことでディラショーの打撃力は大きく成長しました。 しかし、そのラドウィックもこのチーム・アルファメールを去る事が決定しています。ディラショーやユライア・フェイバーらの打撃力の今後変化に注目です。

今後のバンタム級戦線、水垣偉弥にチャンスはあるのか?

この結果で、ランキングはこのように変わりました。 今後のタイトルマッチの可能性については、以前水垣偉弥がUFC5連勝!日本開催でタイトルマッチの可能性はあるのか?で書いたとおり、3位のラファエル・アスンソンが一番可能性が高いと思われます。 王者 TJディラショー 1位 ヘナン・バラオン・・・対戦済 2位 ユライア・フェイバー・・・チームメイト 3位 ラファエル・アスンソン 4位 マイケル・マクドナルド・・・ユライアに敗戦 5位 エディ・ワインランド・・・5月にジョニー・エドゥアルドに敗戦 6位 水垣偉弥 しかし、水垣選手ももう1試合勝利すれば、次はタイトルマッチになるのでは?と思われます。 ここ最近、他の階級も王者が交代していることもあり混沌としつつあります。その流れに乗って水垣選手にはぜひ王者になってもらいたいところです。 ]]>

Categories
サッカー

ファルカオ欠場でも安心できない!FWバッカの突破力に注意せよ

優れる中盤のコロンビア 日本のグループリーグ3戦目の相手のコロンビアは、FIFAランキング8位とグループ内で最高位です。エースストライカーのFWファルカオは欠場することになったので「日本が勝てるのでは?」と思っている人は多いのではないでしょうか? しかし、W杯はそんなに甘くありません。 長友のチームメイトのMFグアリン、今オフの移籍市場で注目されているフィオレンティーナのクアドラードに加え、チームのエースでファルカオと同じフランスのモナコに所属するハメス・ロドリゲスなど、中盤には攻撃面で優れる選手が揃っています。

ファルカオに変わるエース・バッカ

ファルカオの欠場で攻撃力が激減すると思われるかもしれませんが、コロンビアにはもう1人得点力のあるFWがいます。それがセビージャ所属のカルロス・バッカです。 今シーズンからセビージャに加入したバッカはベルギーリーグのクラブ・ブルッヘ時代にリーグ得点王にも輝き、多くのクラブでの争奪戦の末セビージャ入りしています。 ところが、今シーズンのセビージャはメンバーが大幅に入れ替わったために序盤はなかなかスタイルが作れず降格圏の19位(全20チーム)まで落ちました。 しかし、スタメンに固定されると持ち前のスピードと力強い突破力でゴールを量産。リーガで14ゴール、優勝したELでは6ゴールの計20ゴール、12アシストを記録しています。 なかでもリーガ第30節のホームでのレアル・マドリード戦では2得点をあげて強豪撃破の立役者となっています。 2014/6/6に行われたヨルダンとの親善試合でもスタメン出場し、先制点のPKのきっかけとなるプレーでスルーパスを出すなど攻撃に絡んでいました。 「ファルカオがいないからコロンビアの攻撃は大丈夫でしょ?」と思っているあなたは、バッカに要注意です。]]>

Categories
サッカー

ギリシャ戦はバルサも無失点に抑えたGKカルネジスに注目

堅固ギリシャの守護神オレスティス・カルネジス ギリシャといえば堅い守備が持ち味で、最近の親善試合でもポルトガルとナイジェリア相手に無失点と守備力は顕在です。その中心はグラナダに所属するGKオレスティス・カルネジスです。カルネジスは190cmの長身で安定したポジショニングとキャッチング技術には定評があり、W杯欧州予選では12試合でわずか6失点に押さえています。 カルネジスは名門パナシナイコスで活躍し、2012年にはギリシャ最優秀GKに選ばれて代表デビューも果たしています。ただ、その後は実力を発揮できず、ウディネーゼへ移籍したもののすぐにグラナダへレンタル移籍。しかも、移籍先のグラナダでも正GKフェルナンデスの控えに甘んじています。 結局、カルネジスは今シーズン6試合しか出場しておらず、クラブで出番がない事からギリシャ代表でも2014/3/5の親善試合の韓国戦には招集されませんでした。

注目を浴びたバルセロナ戦

グラナダでは控えなカルネジスですが、注目を集めたのは33節のバルセロナ戦でした。バルセロナはリーグ優勝争いで負けられない状況でしたので、積極的に責め続けていました。ボール支配率は86%、29本ものシュートを放ったがカルネジスが守るグラナダゴールを割る事はできませんでした。 このようにカルネジスは劣勢になればなるほど燃えるタイプですので、早いうちに先制点を奪って調子に乗らせないことが必要でしょう。 ]]>