Categories
サッカー

ルイス・エンリケの株を下げた理由【第30節】バルセロナvsセルタ

徹底図解! 誰でもよくわかる サッカー戦術徹底図解! 誰でもよくわかる サッカー戦術

バルセロナ 3-0 セルタ

6分 1-0 ネイマール 30分 2-0 メッシ 67分 3-0 ネイマール バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのセルタ戦を3-0で制し、カンプ・ノウでのリーガ通算1000勝目を挙げた。 前回のセルタホームでの対戦でも0-3でバルセロナが勝利したが、このときは点差ほどの開きは無かった。しかし、今日の試合はバルセロナが点差以上の強さを見せた、というよりもセルタが強みを自分たちで消してしまった。

ポリシーを曲げてまさかのシステム変更

セルタは中心選手のラフィーニャやクローン・デリが欠場のため中盤で満足のいく構成が組めなかった。そのためかシステムもこれまで結果が出なくても継続してきた4-3-3ではなく、CBを3人にした5-3-2に変更。FWはエースのシャルレス、ノリートらではなく、サンティ・ミナ、アウグスト・フェルナンデスらを起用し、超守備的な布陣で挑んだ。

超守備的でも失点した理由

とにかく守ってカウンター勝負の狙いだったセルタ。実際、守ってからはバルセロナの穴である両サイドの前線にロングボールを送ってチャンスを作ろうとしていた。ここまでは計画通りだったが、開始早々にネイマールにゴールを許してゲームプランが崩れてしまった。 バルセロナ対策としてはサイドを捨てて中央に絞り込んで自陣深く守るのが鉄則だが、5バックにしたことで、ネイマールとサンチェスの両サイドの突破は防げたが、3人のCBがメッシのマークをあいまいにしてしまった。 さらに、バルセロナの中盤+両SBの5人の対策も本来であれば、中盤の3人+両サイドのFWも含めた5人で守るのだが、中盤の3人だけでしなければならなくなり、イニエスタらを中央でフリーにしてしまい、スルーパスを通されてしまった。 タラレバだが、いつもの4-3-3をベースにした4-5-1にして、過去にモウリーニョがレアル・マドリード時代にとっていたような中盤潰しでバルセロナに対抗した方が中盤で好きに回されずに良かったのではないだろうか。

今日の試合が今シーズン、将来に影響する

これまで4-3-3で攻撃的に戦う信念を頑なに守り続けてきたルイス・エンリケ監督は、その継続性がチームに浸透して後に結果が出てきた。その姿勢が評価されてきたのだが、相手がバルセロナとはいえ信念を曲げたうえに完敗ということで、彼の評価が落ちただけでなく、今後の戦い方で選手たちが疑念を抱き、その結果チームが崩壊する可能性もある。 守備的に戦うか、攻撃的に戦うか、チーム内で認識が統一されていないと、システムのバランスが崩れてDFラインと中盤に間が空いたりして失点してしまう事もある。 これまでのように攻撃的な姿勢を続けたいところだが、ゲームを作れるラフィーニャは怪我でまだ復帰できない。 ルイス・エンリケ監督の今後の采配が気になる。 [amazonjs asin=”4408454680″ locale=”JP” title=”徹底図解! 誰でもよくわかる サッカー戦術、フォーメーション事典 (LEVEL UP BOOK)”]]]>

Categories
格闘技

ジョニヘンがローラーに勝利しウェルター級王者になれた理由【UFC】

ジョニー・ヘンドリックスジョニー・ヘンドリックス

GSP王座返上で空いたウェルター級決定戦

テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで開催されたUFC171のメインイベントでは、9度防衛したジョルジュ・サンピエールが王座を返上したために空位となったウェルター級の王座決定戦が行われた。 ウェルター級ってどんな階級?って思う人も多いでしょう。 ざっくり説明すると、体重が77.11kg以下で、全8階級のうち上から4番目に重いちょうど真ん中の階級なので、スピード、パワー、技術のすべてが揃わないと勝てない「神の階級」といわれています。 この階級で6年間王座に君臨していた絶対王者ジョルジュ・サンピエール(通称GSP)が昨年11月のタイトルマッチで王座防衛後に休養宣言したため、王座が空位となっていました。

王座に最も近いジョニー・ヘンドリックス

そのGSPの最後のタイトルマッチでGSPを判定まで追い詰めたのが、今回タイトルマッチに挑戦するジョニー・ヘンドリックス(通称:ジョニヘン)でした。 ジョニー・ヘンドリックスは5歳の頃からレスリングを始め、大学時代はオールアメリカンに4度選出されるまさにレスリングエリートで、2007年にプロ総合格闘技デビューすると、UFCは2009年から参戦し、UFCでは12勝2敗で2敗も判定(そのうち1敗は先日のGSPとのタイトル戦)と好成績を残しています。 しかも、GSPとのタイトル戦はジョニー・ヘンドリックスが勝っていたという声も多く、GSPがタイトル返上した後、ウェルター級最強はジョニー・ヘンドリックスとも言われていました。

復活してチャンスを獲得!ベテラン、ロビー・ローラー

今回ジョニー・ヘンドリックスとタイトルを争うロビー・ローラーは、もうそろそろ32歳になろうかというベテランで、過去にはPRIDEにも参戦経験があります。 UFCにも2002年に1度契約していますが、2004年には解除されています。その後、PRIDEやStrikeforceなどで活躍し、2013年にUFCに復帰しています。 そのロビー・ローラーがタイトルマッチまでし上がれた大きな理由は、UFC復帰後2連勝して迎えた期待の若手ローリー・マクドナルド戦で判定ながらも勝利した事でした。 ローリー・マクドナルドは24歳と若手ながらもすでに15勝1敗と実績も豊富で、昨年11月のGSP対ジョニー・ヘンドリックス戦の勝者とタイトルマッチをするとさえ言われていました。 いわばロビー・ローラーはローリー・マクドナルドのかませ犬的な役割だったとも言えるでしょう。 しかし、そこでロビー・ローラーは大番狂わせを演じてローリー・マクドナルドを判定ながらも倒してランキングを一気に上げました。

一進一退のタイトルマッチ

両者の対戦は、1、2ラウンドはジョニー・ヘンドリックスが優勢に進めますが、ロビー・ローラーが持ちこたえると3ラウンドには反撃。4ラウンドにはあわやKO寸前までジョニー・ヘンドリックスを追い詰めます。 最終5ラウンドになると、お互いスタミナ切れで攻め手を欠きます。 ロビー・ローラーは距離を置いて倒しにいかずに逃げ切労とするのに対し、ジョニー・ヘンドリックスは終盤に強引にタックルを2度決めます。とはいえジョニー・ヘンドリックスはその後の攻撃をする体力は残っておらず、KOできずに試合終了。 そして判定はレフリー3人とも48-47でジョニー・ヘンドリックスが新王者に。 各ラウンドの詳細は明らかになっていませんが、おそらく1、2ラウンドがジョニー・ヘンドリックス、3、4ラウンドはロビー・ローラーが取っていたでしょう。 となると、5ラウンドの終盤にジョニー・ヘンドリックスがタックルをしていなかったら、もしかしたらロビー・ローラーが王者となっていたかもしれません。

最後まで諦めない泥臭さが大切

きれいなパンチやキックで1ラウンドで決まることも多いUFC。しかし、今回のように最後の悪あがきが決まる事もあります。通常の試合は3ラウンドですが、タイトルマッチは5ラウンドなので、5ラウンド(25分間)も戦えば終盤になるとフラフラになるケースは多いです。 それでも、王者になれば多額の報酬だけでなく名誉も得られます。特にUFCは強豪が多いうえので1度タイトルを取りそこなうと、次の挑戦権が回ってくるまでに相当な時間がかかります。その間勝ち続けなければなりません。 しかも、UFCは観客の関心も大きく左右されるので、対戦成績も影響します。そのため、王者に敗れてその王者が防衛し続けていると「あの選手は今の王者に敗れているから」ということで対戦が見送られがちです。 今回も、ジョニー・ヘンドリックスがロビー・ローラーに敗れていたら2度連続のタイトル戦で敗れたということで次回の挑戦権はかなり先になっていたことでしょう。 といったことからも、たとえKOするスタミナが無くてもがむしゃらに仕掛けたタックルが「最後のあがき」が王座を手繰り寄せたのでしょう。

残念・・・速報といえどもきちんと報告すべき

最後に、スポーツナビの試合速報で、
「元ウェルター級暫定王者のカーロス・コンディットと大型新人タイロン・ウッドリーによる一戦は、ウッドリーのローキックでヒザを痛めたコンディットがレフェリーストップで2RTKO負け。」
とありますが、ウッドリーのローキックは逆の足ですし、このキックの前にコンディットはヒザをいためていましたので、ローキックは直接は関係ありません。 WOWOWの生放送でも解説されていたのに。。。。いい加減すぎますね。]]>

Categories
マーケティング 書評

目標を達成するのに必要なたった4つのポイント~戦略参謀~【書評】

会社の業績が以前は良かったのに上がらない理由は何でしょう? 細かいところを挙げたらきりがありませんが、

  • 競合他社の増加
  • 顧客のニーズの変化
  • 社内の変化
など大きなところはこれらではありませんか? そこでなんとか改善しようと試みても、押し付けられた高い売上&利益計画や経費の締めつけなどで目先の成果を達成するのに必死で、中長期の施策が打てない、となっていませんか? 戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書では、以前は業績が良かったもののその後長期低迷に陥った企業で、半ば干されかけた若手社員が新たに加わった中途社員と外部コンサルタントの力で、前述の問題を改善させて会社をV字回復させるという話です。

目標を達成するのに必要な4つのポイント

この本ではケーススタディのように仕事を進めていく上で専門的なことをわかりやすく書かれていますが、簡単にまとめると目標を達成するにはこの4つが必要ということでした。
  • 正しい方向を見つける
  • 間違った方向に進んだ場合に修正する
  • 継続させる
  • 行く手を阻むモノを乗り越える

売上改善のために必要なポイント

戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書では業績改善がテーマですので、それに最低限必要なポイントをあげてみました。

長期低迷の脱却

  • レッドオーシャンで勝ち抜く強みを出す
  • 今の強みを生かして新市場へ挑戦
  • 謙虚で真摯な姿勢

問題解決の思考ステップ

  • 現状把握
  • 真因の究明
  • 会の方向性
  • 具体策の比較検討
  • 実行計画の明示

PDCAをまわす

  • P目標達成のための具体的な実施プラン
  • D実施・現状進捗報告
  • C分析
  • A改善案の検討
Pの精度を上げる ※書類で社内で共有

売上・経費・利益の管理

  • 事業の成長に必要な攻めの経費は削らない
  • P/LだけでなくB/Sも定期的にチェックする

会社を上手く進めるための参謀機能としての営業企画

  • 事業方針の策定
  • 商品・営業系の精度が高く高速のPDCA体制づくりの推進

会社を上手く進めるための参謀機能としての経営企画

  • 事業の正しいPDCAサイクルの回る状態づくり
  • 業務効率化推進(BPR、経費管理)
  • 社内の課題管理

「業」に立ち向かう

  • トップによるリーダーシップの発揮
  • 社内の事業運営状況を把握
  • 成長を志向
  • 改革の文化をつくる

大事なのは計画性と実行力

結局は当たり前のことを着実にこなしていくことなんですが、方向性と分析をしっかりやらないと着実にこなしていても良い方向には進まないので、いかに正しい道を見つけられるか、そしてその道をあきらめずに進み続けられるかって事なんですね。 [amazonjs asin=”4478024464″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”戦略参謀―――経営プロフェッショナルの教科書”]]]>

Categories
サッカー

J2京都サンガのトリックFKをフットサル日本代表が実践済み【Jリーグ2014】

京都が福岡戦で珍しいトリックFK J2京都サンガが全員が固まって、蹴る瞬間に一気に走りこむ珍しいトリックFKをみせて話題になっています。 FKはゴールラインを割って失敗に終わりましたが、守備側からすればマークをつけにくいので、とても有効なセットプレーですね。 しかも、今回のように前方へのパスだけでなく、中央に向かって真横に出してミドルシュートというパターンもあるので、セットプレーに力を入れているチームはどんどんやっていくのではないでしょうか?

強烈なミドルが有効なFK

京都で話題になった前の週にスペインでそのFKがありました。 マドリードダービーでのアトレチコ・マドリードのコケがFKからパスを受けてミドルシュートを決めたゴールです。 シンプルなプレーですが、京都のパターンに間違いなく追加されるでしょう。

ジェットストリームアタックはフットサルでは前からあった

今回の京都サンガのトリックFKですが、フットサルでは「ジェットストリームアタック」として以前から存在していました。 海外サッカーでも結構ありましたが日本でも行われており、国際試合で得点も決めたのがフットサル日本代表です。 2012年のAFCフットサル選手権(サッカーで言えばワールドカップのアジア予選)の決勝戦での3点目となったセットプレーです。 このセットプレーは海外でも話題になりました。 ちなみに、フットサルのFKは審判の笛がなってから4秒以内に蹴らないといけないため、時間オーバーで相手ボールになることもよくあります(笑) ]]>

Categories
サッカー

ポストプレーをしないベンゼマ【第26節】アトレチコ・マドリードvsレアル・マドリード

post_140307post_140307 Toe Stop! / TheBusyBrain アトレティコ・マドリード 2-2 レアル・マドリード 0-1 カリム・ベンゼマ(前3分) 1-1 コケ(前28分) 2-2 ガビ(前46分) 2-2 クリスティアーノ・ロナウド(後37分)

押し込み切れず何とかドロー

開始早々に先制したレアル・マドリードはその後、アトレチコ・マドリードの中盤の激しい守備に押されると、その後前半だけで2点を奪われ逆転される。 後半に入ってもカウンターではチャンスを作るものの遅攻になると前線へパスが入らず苦しい展開が続く。 アンチェロッティ監督はこの日守備を重視してスタメンに起用していたコエントラン、アルベロアの両SBを主力のマルセロ、カルバハルに変えると、マルセロは中盤で攻撃の組み立てに参加し、カルバハルはベイルと右サイドを切り崩し、徐々にアトレチコ・マドリードゴールを脅かす。 そして、後半37分に右サイドを強引に突破したカルバハルからのクロスをゴール前で最後はクリスティアーノロナウドがボレーシュートをゴール左隅に決めて同点に追いついた。

Cロナウド、ベイルの縦への速攻

現在リーグ戦無敗記録が続いているレアル・マドリードの最大の特徴は爆発的ともいえる攻撃力でしょう。 特にカウンターでのクリスティアーノ・ロナウドやベイルのドリブルスピードは速く、レアル・マドリード陣内でカウンターが始まっても彼らがドリブルを仕掛けたら相手ゴール前までは勢いは止まりません。 しかも、カウンターともなればチーム力よりも個人対個人の力で決まるので、中盤が押し上げるのを待つよりも、FWだけで前線のスペースを自由に使って攻めた方が攻めやすいのでしょう。 このカウンターがレアル・マドリードの得意な戦術です。

遅攻が機能しない原因の一つはポストプレーが少ないベンゼマ

その一方でバルセロナのような相手を押し込んだ状態からパスワークで崩す得点パターンが少ないです。 これはFWが周囲を生かすためのプレーを連動して行わないのが原因の一つです。 もう一つがベンゼマです。前と矛盾しますが、ベンゼマはクリスティアーノ・ロナウドやベイルのポジショニングをとても意識しています。 クリスティアーノ・ロナウドはとにかくボールを欲しがるのでボールを持てないと中央に寄りがちです。一方のベイルは右サイドから中盤にずるずる下がります。 となるとベンゼマは両サイドの高い位置しか空きがありません。しかし、ロナウドとベイルはバルセロナで言うところのペドロやネイマール、セスクのように中盤での相手を崩すための攻撃の組み立てには入りません。 そのため、縦へ進めないと中盤のディマリア、モドリッチ、中盤の底のシャビ・アロンソ、左SBマルセロで組み立てるしかなく、しかもレアル・マドリードの選手は相手の裏を取ったりポジショニングを変えてマークを外す動きも少ないので、相手からすれば人とボールが前後に動いて見失う事が少ないです。 昨シーズンまではエジルがいたので、相手の嫌なところから崩せていました。クリスティアーノ・ロナウドが以下のようにコメントしていたことからも彼の良さがわかります。
「エジルの退団は最悪のニュースだ。憤りを感じているよ。彼は違いを生み出せる選手であり、僕にとっては自分のゴールに向けた動きを最も良く理解してくれているチームメイトだった」

サイドの切り崩し

レアル・マドリードの対戦相手はカウンターをさせずに遅攻に持ち込んでからは引いて中央の守備を固めて守れば失点のリスクが減るという事をわかっています。アトレチコ・マドリードも同様にある程度レアル・マドリードにボールを持たせていました。 シーズン序盤はこれでも良かったのですが、今シーズンのレアル・マドリードの好調の理由はサイドの切り崩しにあります。 シーズン序盤の右SBは守備が売りのアルベロアで、右SHはベイルが中央への切込みが好きなうえに怪我気味で、ヘセやディマリアなど固定されていませんでした。 左サイドのクリスティアーノ・ロナウドとマルセロのコンビに対して縦への突破力や崩しでは見劣りしていました。 最近は攻撃的なSBカルバハルの台頭とベイルの回復と縦への突破が増えました。この試合のクリスティアーノ・ロナウドの同点ゴールもカルバハルの突破がきっかけでした。

連携は二の次、個を最大限生かす最短ルート

アトレチコ・マドリードとレアル・マドリードを比較すると、連携という点ではアトレチコ・マドリードの方が数枚上手です。 しかし、攻撃陣を見ると得点力がある選手はアトレチコ・マドリードはジエゴ・コスタ1人に対して、レアル・マドリードはクリスティアーノ・ロナウド、ベイル、ベンゼマの3人います。 彼らの力を最大限生かすにはこの戦術が今は一番適しているのかもしれません。]]>

Categories
格闘技

UFC史上最も険しい道を進む水垣偉弥と川尻達也

5月のUFCに水垣偉弥が登場 UFCバンタム級7位の水垣偉弥が5月24日のUFC173大会で、同級5位のTJディラシャウと5分3回戦で対戦すると発表された。

水垣は12年12月のマカオ大会から現在4連勝中で、勝利すれば王座挑戦にも大きく前進する。13年12月の「UFC FIGHT NIGHT 33」大会で判定勝ちして以来の試合となる
という事で期待は高まるのですが、UFCはそんな簡単な道ではありません。 takedown_140228 Takedown / stroopsmma

水垣偉弥が目指すベルトを持つヘナン・バラオン

水垣のバンタム級は激戦区の1つでもありますが、今のところ王者のヘナン・バラオンが一歩抜きんでています。 ブラジル人のバラオンはブラジリアン柔術で有名なノヴァウニオンの所属なのですが、彼の特徴はぶれないバランス感覚とスピードで、頂上対決として注目されたUFC169での1位ユライア・フェイバーとの対戦でもフェイバーを圧倒し右フックからのパウンドで1RでTKO勝ちしています。 WOWOWの生放送でゲスト解説していた山本KIDもビックリしていたくらいの強さです。 水垣にはチャンピオンになってもらいたいですが、バラオンを倒すのはかなり難しいです。

水垣以上に厳しい川尻達也

水垣と同じくUFCに挑むのが川尻達也。 かつてDREAMで活躍した川尻ももう35歳とかなりベテランですが、今年1月のUFCデビュー戦でも若手のショーン・ソリアーノ相手に2Rに裸締めで勝利して、現在はフェザー級13位にランクインされています。 ランクインされるだけでも凄いのですが、トップ10から上がるのが大変です。 フェザー級の王者ジョゼ・アルドはパウンド・フォー・パウンドでもライトヘビー級のジョン・ジョーンズについで2位で、前述のバラオンは3位、ミドル級で全階級を通じて王座の在位期間が史上最長で16連勝したアンデウソン・シウバやシウバに勝利したクリス・ワイドマンよりも上位なのです。 フェザー級ランキング1位のチャド・メンデスも唯一の敗戦がアルドで、日沖発に勝利している3位のリカルド・ラマスも2月のUFC169で挑戦したものの、アルドがラマスを寄せつけず圧勝しています。 PRIDEやDREAMが消滅して盛り上がりに欠けている日本総合格闘技界なので、彼らにはぜひとも勝ってUFCの日本定期開催や新たな総合格闘技のブームを作ってもらいたいです。]]>